児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

関東開校記念 講演会レポート1【関東】

皆さまこんにちは!

 

いつも「きらり」のブログを

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日は関東地区で開催した講演会の模様を

お伝えさせていただきます。

 

この講演会は「発達障がいの子供の可能性を伸ばすためにできること」

 

題しまして、こどもサポート教室「きらり」の関東教室開校記念として

開催させていただきました。

 

講演会当日の1月30日(土)は、朝から冷たい雨が降り続き、

雪に変わるかもしれない 😯 という予報でしたが、

 

悪天候にも関わらず40名近い方々にお越しいただきました。

それでは、講演会当日の模様を写真でご紹介させていただきますネ!!

 

会場準備2

↑↑会場準備中のスタッフです。

テーブルや椅子を並べたりと大忙しです。

 

受付1

↑↑受付も準備万端。

お客様をお迎えしたのは【武蔵新城校】の支援員の二人でした。

 

理事長挨拶

↑↑開会の挨拶は、倉橋徒夢(くらはしとむ)理事長でした。

 

講師2講師1

講師は中京大学心理学部で教鞭を執られている明翫光宣(みょうがんみつのり)先生です。

沢山のわかりやすいスライドを交えながらお話をして頂きました。

 

講師5

先生は質疑応答でも身振り手振りを交えながら、

質問された方の立場になって親身に答えてくださいました。

 

 

青島さん6 青島さん3

休憩を挟んで第2部は、弊社青島から、実際の支援(治療教育)の様子が紹介されました。

子育てをしている母親の視点からのメッセージに、会場のあちこちで「うん、うん」と

頷いている姿を見ることが出来ました。

 

資料コーナー託児室2託児室

↑↑会場には各校舎の児童発達支援管理責任者が集めた、

通信制サポート校やフリースクールの資料が並べられました。

 

休憩時間には、資料を手に取って眺めている方が何名もいらっしゃいました。

もちろん!私たち「きらり」のパンフレットも並べました 😀 

 

そして会場の2階には、手作り教材を持ち込んで託児室も設けました。

 

託児室のスタッフは、子育て経験豊富な【星が丘校】と【稲田堤校】の

女性スタッフが担当しましたが、写真には写ってくれませんでした・・・。

 

次回は講師の明翫先生のレジュメを基に、

講演会の内容を簡単にご紹介させていただきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top