児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

山口 宇部鵜の島校

防災訓練を行いました。【宇部鵜の島校】

みなさん、こんにちは!!

こどもサポート教室「きらり」宇部鵜の島校です。

 

昨年中は大変お世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

きらりでは毎月1回防災訓練を行っております。

今月は消防署の方に来ていただき消火訓練を行いました。

まずはいつものようにグループタイムにて避難する時のお約束を確認しました。

 

IMG_0369

 

火災が起きました!! 避難開始です!!

教室から3名ずつ順番にきらりの駐車場に避難しました。

そして避難後には消防士さんからこども達に避難をする際に大切なことをクイズ形式にてお話していただきました。

 

IMG_0370

 

おさない

 

はしらない

 

しゃべらいない

 

もどらない

 

避難する時の合言葉は 「お は し も」だそうです。

 

学校でも習っているようで元気よく答えてくれました。

子ども達が 「さずに しらないで ゃべらず どらず」避難できたことを褒めていただきました。

消防士さんに褒められて子ども達も嬉しそうでした。

 

そしていよいよ消火訓練ですが………

まずは、問題です!!

消火器が使える時間はどのくらいでしょう?

子ども達が手を挙げてそれぞれ答えてくれました。

「3時間?」「1時間?」………など

そこで消防士さんからヒントです。

答えは○○秒です。

「60秒?」「30分秒」と答えは色々でましたが

正解は10~15秒でした。

意外に短く一同びっくり!!しました。

この時間内でいかに的確に火元に水をかけるかが勝負です!!

初期消火の大切さを実感いたしました。

そしてもう一つ教えていただきました。

消火器を使う時の合言葉は

 

「ぴん ぽん ぱん」

 

だそうです。

ぴんで消火器のぴん」を外し、ぽんで消火器のホースを「ぽん」と外す、そして「ぱん」の掛け声で消火体制をとる。

語呂合わせですが、実際に消火器を扱ってみると、この言葉があれば始めてでも「ぴんぽんぱん」と声に出しながら消火活動が出来ました。

いざという時、慌てないためにも覚えておきたい魔法の言葉です。

 

IMG_0355             IMG_0359

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★宇部鵜の島校からのお知らせ★

宇部鵜の島校では、私たちと一緒に子どもたちの支援をして下さるスタッフを募集しております。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、保育士資格をお持ちの方、お気軽にお電話下さい。

お待ちしております。

0836-39-5438

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

私たちは、小学生から高校生までの、発達について支援の必要である(特に発達障害を持った)

子どもを対象として、ひとりひとりの発達状況に合わせた療育を行っています。

支援・療育に関するご相談や、校舎見学無料体験も随時受け付けておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 こどもサポート教室「きらり」宇部鵜の島校 

 放課後等デイサービス

 対象:小学校1年生から18歳までの就学児

 所在地:〒755-0062

     山口県 宇部市 鵜の島町 7番地33

 アクセス:JR西日本 宇部線「宇部新川駅」から徒歩9分

         (↑クリックでGoogleマップに飛びます)

 TEL FAX:0836-39-5438

 E-mail:kirari.ubeunosima@kurazemi.co.jp

 受付時間:火~土曜日 10:00~19:00

       (※GW、お盆、年末年始除く)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top