児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

山口 宇部鵜の島校

支援紹介 -終わりの概念ー【宇部鵜の島校】

こんにちは!

こどもサポート教室「きらり」宇部鵜の島校です。

長い冬がやってきました。まだ雪は降っていませんが、風がとても冷たくなりましたね。

風邪インフルエンザも流行っていますが、皆様元気でお過ごしでしょうか。

 

 

皆様は、お子様の「遊びが終われない」「片付けができない」などのお悩みはないでしょうか。

活動の切り替えがスムーズにできるようになるために必要なことはたくさんありますが、

「終わりの概念」を身に付けることもとても大切です。

終わりの概念を身に付けるための一つとして、終了箱(フィニッシュボックス)を使って

「終わりを明確にする」という方法があります。

・課題が終わったら終了箱にいれる。

・遊びの時間が終わったらおもちゃを終了箱にいれる

・おやつを食べ終わったらお皿を終了箱にいれる

などです。

以前は道具を使う作業課題などが完成した時に「はい、おわりです。」と先生が伝えても、

もう一度バラバラにして何度も繰り返し、先生が課題を目の前から移動しないと終われなかったお子さまも、

「課題が完成したら終了箱に入れて終わる」ということを繰り返し行うことで、終わりの概念を身に付けることができ

今では自ら終了箱に入れ、次の課題や次の活動へすすむことができるようになりました。

FB1.1FB2

終了箱に入れる、テーブルに置く、棚に入れる、元あった場所に戻す、終わった活動にチェックする、など終了の合図は様々です。

私たちはこれからもお子様一人一人に合った「終わりの概念」を身に付ける支援を見つけていきたいと思っています。

 

私たちは、小学生から高校生までの、発達について支援の必要である(特に発達障害を持った)

子どもを対象として、ひとりひとりの発達状況に合わせた療育を行っています。

支援・療育に関するご相談や、校舎見学無料体験も随時受け付けておりますので、

お気軽にお問い合わせください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 こどもサポート教室「きらり」宇部鵜の島校 

 放課後等デイサービス

 対象:小学校1年生から18歳までの就学児

 所在地:〒755-0062

     山口県 宇部市 鵜の島町 7番地33

 アクセス:JR西日本 宇部線「宇部新川駅」から徒歩9分

         (↑クリックでGoogleマップに飛びます)

 TEL FAX:0836-39-5438

 E-mail:kirari.ubeunosima@kurazemi.co.jp

 受付時間:火~土曜日 10:00~19:00

       (※GW、お盆、年末年始除く)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

カテゴリー

アーカイブ

page_top