児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

香川 高松伏石校

ひな祭り【高松伏石校】

こんにちは
きらり高松伏石校です。
今回はひな祭り由来についてお話ししたいと思います(*´ω`*)

 

ひな祭りの始まりは、2つの行事が結びついているとされています。
             IMG_2657
1つは、貴族階級の子女が、天皇の御所にイメージした御殿や飾り付けをして遊ぶことで、健康と厄徐を願った「雛あそび

2つめは、和紙で作った人形に災いを託してを川や海へ流して災厄をはらう民俗行事の「流し雛

 

「雛あそび」と「流し雛」の2つが宮中から庶民の間に広まる間に、結びつき発展して今の「ひな祭り」の形になったとされています。

流し雛では、紙で作った人の形をした人形(ひとがた)というものを作り、川に流していました

この人形と雛あそびの人形が結びついて、現在の雛人形の原型ができました。

 

そして、人形作りの技術が発展して、立派な人形が作れるようになると「流す」ものから「飾る」ものに変わって行きました。

上流階級では、嫁入り道具として豪華な雛人形を持たせるようになり婚礼の様子を模したものが好まれるようになりました。
自然と雛人形が豪華になっていく流れの中で、「内裏雛(だいりびな)」だけだったものが、二段、三段・・・七段と雛段を飾るようになっていきます

 

そして最初は、若い女性が中心の行事だったひな祭りに、赤ちゃんが加わるようになります。

 

初節句として、女の子が生まれると雛人形を用意して、その女の子に災いがふりかかりませんように、美しく成長して幸せになれますように!という願いを込めてお祝いをする風習が広まっていきます。

 

こうしてひな祭りは、祓いの儀式であったものが徐々に形を変え、女の子の成長と幸せを願うお祭りとなったそうです(*´ω`*)

 

 

3月11日(土)に無料のイベント、きらり広場を開催します。
希望の方はお手数をおかけしますが電話またはメールにてお問い合わせください。

 

無料見学や体験利用を随時、行っております。
お気軽にご相談下さい^ – ^

 

「一人ひとりにしっかりとで向き合う」をモットーに全力で頑張ります。

 

受付時間  10:00〜19:00
開校日   火曜日〜土曜日
TEL・FAX  087-814-4911(こどもサポート教室「きらり」高松伏石校)
Mail kirari.takamatsufuseishi@kurazemi.co.jp

地図

カテゴリー

アーカイブ

page_top