児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

大阪 忍ケ丘校

節分

みなさんこんにちは。ついこの間年が明けたと思っていたらもうすぐ2月!早いものですね。

さて2月と言えば節分に豆まきが行われますね。

始まりは所説あるそうですが、今日はその一つをみなさんにご紹介したいと思います。

 

むかしむかし京都の洛北に深泥池(みどろがいけ)と言う池がありました。そこには「豆塚」という塚があったそうです。

平安京の北に、鬼たちが毎晩出没し悪さをして人々を困らせていました。この鬼たちは貴船(きふね)の谷に住み、地下道を通って 深泥池の畔の穴から地上に出て騒いでいたのです。そこで人々は、鬼を退治するために鬼が嫌っている豆を投げ込んだところ、鬼は静かになり出てこなくなりま した。それ以来、鬼の出入りする穴に節分の豆を捨てるようになったそうです。

これが節分に豆をまき、鬼を追い払うことの始まりとも言われています。

 

ちなみに追われた鬼の行方は?

 

豆を投げられ追い払われた鬼達は、奈良の吉野の金峯山寺(きんぷせんじ)に暖かく迎えられていました。
そして鬼火の祭典で今までの悪行を改心し、すっかり「良い鬼」になっていました。
ですからこの金峯山寺では「福は内、鬼も内」と、他とは違ったかけ声で豆まきが行われるそうです。

 

「鬼は外、福は内」の掛け声もいいですが、たまには違った掛け声もされてみてはいかがでしょうか?

 

 ↓当スタッフが作った鬼の面です。

DSC_0888

カテゴリー

アーカイブ

page_top