児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

近畿エリアからのお知らせ

兵庫 姫路校

理解を進めるサポートブック【姫路校】

こんにちは!「きらり」姫路校です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」に来られる時にサポートブックを持って来られる方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見せていただくと、保護者様の思いが痛いほど、伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支援をする上でも、大変参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者様のご希望を聞きながらではありますが、

サポートブックの内容の「このところ」に何か「踏み台」をおけば、

「できるようになる」に変わることがないかな…と考えて支援をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サポートブックは、とりようによれば、「この子は、こんな子」「できないから、仕方ないよね」と

決めつけの材料になりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あくまでも、サポートブックは、その子の理解をしていただくためのものであり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんなところがあります」でも「こう対処すれば○○できます」という、いわゆる、「サポート集」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、〝音″の苦手なお子様がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園では、音楽発表会の練習をしている他のお子様の中に入れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「音が苦手です」とサポートブックに書くことになるかもしれませんし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大きな音が苦手で、音楽会に参加できません」と書かれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つでは、大きくとらえ方が違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け取る側もどうしたらよいかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」では、最近、音楽療法を始めました(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントでさせていただいたり、週1回、曜日をずらして実施したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中に、音が苦手なお子様が参加されることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、積極的に取り組む様子が見られることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〝音″が苦手」をどうとらえればよいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな音が苦手?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度にいろんな音がするのが苦手?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不協和音が苦手?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打楽器が苦手?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな音が苦手???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一口に「〝音″が苦手」と言ってもいろいろありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなお子様もおられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな声を出す子がいると嫌」「大きな音が嫌」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、大型スーパーのゲームコーナーは、楽しいから周りがにぎやかでも大丈夫と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きなこととなると、我慢できてしまうということなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上のようなことも、サポートブックに書く時に参考になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これから、新しい環境になると、心配だと思われている保護者様も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、全てを説明するのは大変ですので、サポートブックが活躍します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコン入力しておけば、毎年、この時期に見直して、成長を感じながら更新することができますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ぜひ、いろんな場面で新発見された「○○すれば、○○できる」をつけ足していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」での様子がその参考になれば、嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィードバックの折りに話題にしていただけると、有り難いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、サポートブックが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お渡しした方とともに次の「○○すれば、○○できる」を一緒に見つけていく宝物になればいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姫路校では皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~本日の癒しPhoto~~~

b5ebb68935cedc4bfeadcf4164349c8a

  ~澄んだ音が聴こえてきそう!~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」では、

無料体験・個別相談を随時受け付けております。

お気軽にお問合せください。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

こどもサポート教室「きらり」姫路校

住所:〒670-0946

兵庫県姫路市北条永良22-2 MOKUビル2-2     地図

受付時間:火~土 10時~19時

TEL/FAX:079-240-6533
メール:kirari.himeji@kurazemi.co.jp

http://友だち追加

カテゴリー

アーカイブ

page_top