児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

近畿エリアからのお知らせ

兵庫 姫路校

みんな大好きスヌーズレン!【姫路校】

   こんにちは! 「きらり」姫路校です。

 

 

 

暑くなってきましたね~💦

 

 

季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいね。

 

 

 

 

さて、以前LINE@でも簡単にご紹介しました!100均で簡単手作りスヌーズレンですが、非常にご好評いただいています。

 

 

 

 

 

スヌーズレンとは・・・

 

 

 

 

スヌーズレン(Snoezelen)とは、2つのオランダ語”snuffelen”(鼻でクンクン臭いを嗅ぐ)と”doezelen”(ウトウトと居眠りをする)の合成語で、周りの環境を探索する能動的な側面とリラックスした静態的側面を併せ持っています。

 

 

 

スヌーズレンは、1970年代の半ば重度知的障害者を対象とするレクリエーションとしてはじまりました。

 

 

 

今日、対象は幼児から高齢者まで年代を問わず、障害の有無を超えて拡がり、治療や教育としても発展をしています。

 

 

 

 スヌーズレンは、一般には視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を適度に刺激する多重感覚環境(Multisensory Environment)の中で利用者と指導者(介護士・治療士・教員等)と環境の3者間の相互作用による活動で、利用者と指導者の共感を重視し、利用者の主体性を尊重して行われます。

 

 

 

 1980年代以降、スヌーズレンは世界中の研究者や実践者によって、レクリエーション以外のさまざまな分野に応用されています。

 

 

 

 

認知症の高齢者の介護、自閉症や発達障害のある子どもの教育、知的障害や身体障害のある人の福祉、心理的ケアの必要な人の治療、障害のない幼児の保育などに適用され、効果が実証されてきています。

 

 

 日本では、スヌーズレンはまだリラクゼーションを主たる目的としたレクリエーション活動という認識があります。

 

 

 

 

引用:http://isna-mse.jp/gaiyou.html「国際スヌーズレン協会日本支部・全日本スヌーズレン協会」

 

 

 

 

なので姫路校でも、蛍光灯の光など外からの刺激を極力取り除き、リラックスして過ごせる空間を作り出すことで、セラピー的な効果を期待しています。

 

 

 

 

パニックを起こしたお子さんでも、スヌーズレン部屋に入ることで比較的落ち着いて過ごし、満たされて出て来てくれます。

 

 

 

 

スヌーズレン1

 

 

 

 

スヌーズレン2

 

 

 

 

 

スヌーズレン児発1

 

 

 

 

 

スヌーズレン児発2

 

 

 

 

 

ヒーリング音楽をBGMに無言で静かに過ごしてもらっています。

 

 

 

 

 

機会があれば保護者様も是非一緒に、癒しのひと時を「きらり」でお過ごしくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~本日の癒しPhoto~~~

IMG_5168 

 

 

 

姫路校では皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」では、

無料体験・個別相談を随時受け付けております。

お気軽にお問合せください。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

こどもサポート教室「きらり」姫路校

住所:〒670-0946

兵庫県姫路市北条永良22-2 MOKUビル2-2     地図

受付時間:火~土 10時~19時

TEL/FAX:079-240-6533
メール:kirari.himeji@kurazemi.co.jp

http://友だち追加

 

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top