児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

愛知 名古屋小幡校

親子イベントの様子 no.2【名古屋小幡校】

こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」名古屋小幡校です!(^^)!

 

8月26日(月)ペアトレ講座in親子企画 行いました(^^)/

子どもたちが屋台体験をしている傍らで・・・

ママたちと講師の方とアットホームな感じで子育てのお話やお悩みについても語り合いました。

 

屋台5

 

まずは「どんな大人になってほしい?」という質問から始まりました。

「自分で働くことができるようなってほしい!!」 「うんうん

「自分のことは自分でできるように!」 「そうそう

「でも心と体が追い付かないような気がしている。どうしたらいいか毎日イライラ」 ほんとそう

なんて会話をしながら。

 

「自立とは」もちろん自分でできることは自分でするけれど、何でもひとりでできることではなく、できないことは支援を求めることも自立と言えるのではないでしょうか。

 

学校を卒業するまでに学んでほしいことを教えて頂きました。紹介します!(一部)

①身辺自立(上着からシャツが・・周りが教えてあげましょう。鏡でチェックする習慣をつけよう)

②健康管理(周りが気にかけてあげたり、自分から発信できるようになろう)

③コミュニケーション 要求・拒否・選択・交渉 (道を聞くときに聞きやすい人に聞く練習からしてみよう)

④他の人を信頼すること

⑤自分を信じること

⑥自分を知っていること

⑦好きなこと/楽しみを持っていること

学ぶ力

 

幼児期・学齢期に大事なことは

子ども自身も親も「安心」であること。特性を含めて理解し支援することが「安心」につながるんですね。

 

 

子育てのヒントにと、講師の方が紹介していただいた本です。ご参考に。

ペアトレ2

 

「たかがあやとり、されどあやとり」編

ママたちみんなで一緒に、手順書を見ながら3だんばしごを作りました(^^;)

これが思いのほか悪戦苦闘しまして、できるまで時間がかかったのでした。あれ?子供のころにはできたよな・・・

ペアトレ

この取り組みの意図は「理解のしかた」なんです。日本語の手順を見ても、実際の紐と手をどう動かせばいいのか分からないのです。

それが・・・これが動画だったり実際にそばで教えてもらえば何となくできるのです。

相手が分かる伝え方を工夫することで、クリアできるんだなあと個人的に思いました。子どもに「こんなこともできないの!」って叱れない自分を思ってみたり・・・みなさんはどう感じたでしょうか?

 

参加者様からの感想です

・おやつやお茶もあり、お茶会しながらのペアトレで和やかな雰囲気で楽しかったです。

・他の参加者の話を聞いて、子どもに寄り添うことが大事だなと改めて思いました。

・保護者の方と交流がもてたら、いろいろな話が聞けるのかなと思いました。

・個別に相談できる時間が、短時間でもとれると良かったかなと思いました。

・進路について、具体的にどのようにしたらよいのか、他の保護者さんの考えや講師の方のお話をきけて勉強になりました。

 

お忙しい中ご参加くださいましてありがとうございました(^^)/

またこのような機会が作れるようにしたいと思いますので、ぜひまた参加してみてくださいね。

 

 

**********

お子様の発達のことで悩んでいませんか?

小幡校では、相談・・体験等随時受け付けております。

下記までお気軽にお問い合わせください。

 

児童発達支援・放課後等デイサービス

こどもサポート教室「きらり」小幡校

所在地:名古屋市守山区小幡太田16-22 ライム・ヴィラ202号

TEL:052-799-9750

開所日時:火~土曜日 10:00~19:00

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top