児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

愛知 名古屋小幡校

親子イベントの様子 no.1【名古屋小幡校】

こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」名古屋小幡校です\(^o^)/

 

8月26日(月)に実施した親子イベントの様子をご紹介します。

 

お母様方が講師のお話しを聞いている間、子ども達は、「夏祭り屋台体験」をしました。

 

今回は、子ども達に準備からお店屋さんまで一通りの役割を任せてみました。担当する屋台は、くじを引きで決めましたが、一人一人割り当てられた担当に責任を持ち、積極的にお店屋さんになりきっていました。そんな姿を、お店屋さんごとに紹介していきます。(・∀・)

 

~かき氷屋さん~

まずは、氷をコンビニまで買いに行ってきました!! 4人で行きましたが、かごを持つ子・お金を出して買う子・袋を持つ子、自然と役割分担をして買うことができました。

帰ってきて、いよいよ、開店! 

「氷このくらいでいい?」「どの味がいい?」とお客さん(他の子ども)に聞き、「みんな喜んでいるから“作る”」と言いながら、「自分も早く食べたいけどお客さん優先!」と役割の自覚もしっかりと持ち、頑張って作ってくれました。

屋台6 屋台4

 

 

~射的屋さん~

なかなか当てられない子には親切に並び替えたりして当てやすくしてあげる優しさも見られました。景品(お菓子)を渡す時には、景品を入れる袋の名前と照らし合わせ、お友達に名前と倒れた缶の個数を確認し、また、「缶が倒れた数だけお菓子がもらえる。大きいお菓子は2個分。」というルールがあり、景品を何個渡したら良いのか難しいようでしたが、分からなくなった時には自ら指導員に確認できました。

屋台7 屋台3

 

 

~スーパーボールすくい屋さん~

一人の子が「いらっしゃいませ」と、大きな声でお客さんに呼びかけると、他の担当の子もその声に引っ張られるように、大きな声で呼びかけ、屋台を盛り上げてくれました。

ルールをお客さんに説明してくれた子も、分かりやすく伝わる声で、お客さんの方を向き話せていました。

ポイを変えるなど、難しい作業も多めでしたが、やる中でコツをつかみ、段々と回転よくスムーズにできるようになっていました。

屋台2 屋台8

 

お客さん役の子ども達も、列が乱れていると上級生の子が「列に並んで」など、積極的に声をかける姿も見られました。他の子も上級生の言葉をしっかりと聞き並ぶことができました。

 

今何をすべき時なのか、周りを見て考え行動し、「盛り上げよう」「自分のお店にお客さんがたくさん来てほしい」という思いが一人一人にあったおかげで、とても楽しいプチお祭りになったと思います。

 

屋台1 屋台10

後半は、お母さんや講師の方も参加してくれ、ますますやる気満々になる子、ちょっと一息休憩する子もいましたが、指導員の指示に従うだけでなく、自ら工夫する姿から、自主性が育ってきたことを感じ、感心させられました。

 

屋台9

(こちらも、子どもがオリジナルでガムテープを使用し書いてくれました。面白い発想に誰もが笑顔になりますね♪)

 

近日、ペアレートトレーニングの様子もご紹介します\(^o^)/

 

 

 

 

**********

お子様の発達のことで悩んでいませんか?

小幡校では、相談・・体験等随時受け付けております。

下記までお気軽にお問い合わせください。

 

児童発達支援・放課後等デイサービス

こどもサポート教室「きらり」小幡校

所在地:名古屋市守山区小幡太田16-22 ライム・ヴィラ202号

TEL:052-799-9750

開所日時:火~土曜日 10:00~19:00

カテゴリー

アーカイブ

page_top