児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

新潟 新潟西校

2月のきらり広場(児童発達支援・放課後等デイサービス)【きらり新潟西】

こんにちは、きらり新潟西校です😊

 

あたたかな日差しを感じる日が増え、いよいよ春の気配を感じる季節となってきました🌷

 

遅くなってしまいましたが、2月に行われた「きらり広場」の様子をお伝えします✨

 

 

2月のきらり広場は「防災」をテーマにゲームやクイズを通して

 

 

「災害への備え」に触れていただきました⭐

 

 

まずは児童発達支援のお子さんの取り組みの様子を紹介します🌼

 

P2240587

 

最初に、紙芝居を鑑賞し、地震が来た際の対応について学びます。

 

「命を守る大切な事」と意識してか、みなさん真剣に耳を傾けます🐰

 

 

P2240590

 

 

お話を聞きながらさっそく実践🎵

 

 

「(地震が来たら)頭を守って、小さくなあれ~」の声掛けに合わせて

 

 

カメさんのポーズ🐢みなさん準備は完璧です👍✨

 

P2240592

 

次は、地震が来た際に先ほどのポーズがとれるかな❓

 

 

ゲームで練習です🎵

 

 

音楽が鳴っている間はリズムに合わせてマットの外をぐるぐる歩きます🦆

 

 

お散歩が楽しくなってきたころ、音楽がピタっと止まります💦

 

 

大変💦これは地震の合図😲❕ 

 

 

急いでマットの上で先ほどのポーズをとります🐢

 

 

P2240594

 

 

すばらしい😊⭐

 

 

みなさん、しっかりマットの上で自分の体を守ることができました💛

 

 

ゲームの回数を重ねるごとに、みなさんの判断力と行動力がアップしていきます✨

 

 

地震が起きた際の対応がすっかり身についたところで、プログラムは先に進みます🐰

 

 

地震が収まったら、次は「避難」⭐

 

大きな地震の後は、避難所までの経路が、いつも通りとは限りません。

 

足場の悪い場所や、危険な物が散乱した場所を注意して歩かなければいけなかったり、

 

場合によっては、障害物があって、歩いては進めない場所もあります

 

今回は、そんな「いつもとは違う道も自分の力で進む勇気をもってもらいたい」という

 

願いを込めて、「避難経路サーキット」に取り組んでもらいました😊

 

 

P2240600

 

 

サーキットの避難経路は

 

①一本橋→②机のトンネル→③椅子の山→④卵パックのデコボコ道で構成されています😲

 

みなさん最初は慎重に「これでいいの?」と近くの指導員に確認しながら進みます👧

 

P2240611

 

就園前の小さなお子さんも、お母さんと一緒に確認しながらゴールを目指します👦

 

 

P2240601

 

2回目のチャレンジではすっかりコツをつかんでいました🎵

 

 

足場の悪いところもバランスをとり、スイスイ進んでゴール👏✨

 

 

最初は不安でお母さんから離れなかった最年少の小さなお子さんも、

 

 

お兄さんたちの取り組みを見た後は自分からチャレンジ✨

 

 

見事な足さばきで、障害物をかわし、無事避難所にゴール出来ました😊

 

 

とっても楽しんでくれたようで、サーキットの後はみなさん笑顔です🌼

 

 

実際に避難が必要になった際も、この時の「できた!」を思い出してくれたら嬉しいです💕

 

 

最後に、お母さんと参加したお子さんは防災グッズ一覧表、未就学のお子さんは身分証明書を作りました⭐

 

 

P2240612

 

 

こちらは防災グッズづくりの様子

 

 

リュックに入れるグッズを1つずつ選んで、ノリで「ペタッ」と貼っていきます🎒

 

 

P2240613

 

 

お母さん、お友達同士で協力しながら上手に表を完成させました✨

 

 

P2240605

 

 

一方こちらは身分証作りの様子

 

 

自分の名前をマジックでカードに記入します✎

 

 

血液型と連絡先は、お母さんから教えてもらい、必要に応じて一緒に記入してもらいました😊

 

 

P2240606

 

 

記入が終わったカードはラミネートで丈夫にコーティングします✨

 

 

みなさん、初めてのラミネートに興味津々🎵

 

 

できたてホカホカのカードに穴をあけて紐を通して完成⭐

 

 

「出来立てはあったかいね!」と嬉しそうにお持ち帰りいただきました😊

 

 

続いて、放課後デイサービスのお子さんの取り組みの様子を紹介します🦋

 

 

P2240617

 

 

まずは元気よく自己紹介🎵

 

 

小学1年生も2年生間近とあって、自分の事をお話するのも

 

 

他のお友達の話を聞くのも上手で、大きな成長を感じました

 

 

P2240620

 

 

少し、緊張がほぐれてきたところで「防災クイズ」が始まります🎵

 

 

今回の問題は全部で4問。「地震が起きたときはどうすればいいでしょう?」

 

 

「火事を見つけたらどうすればいいでしょう?」等、

 

 

もしもの時に知っておくと便利な知識も一緒に学べます✨

 

 

P2240623

 

 

みなさんには「①」と「②」の札を持ってもらい、選択方式で札をあげて答えてもらいました😊

 

 

1問正解するごとに、500㎖のお水入りペットボトルがもらえます✨

 

 

全問正解だと合わせて2ℓ✨実はこれ、人間が1日に必要とする水分量なんです💦

 

 

ペットボトルの重さを感じながら「え~!こんなに飲んでたっけ!?」と、みなさんびっくり😲

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

クイズでゲットしたお水は次のプログラムでさっそく使います⭐

 

 

新聞紙とポリ袋を使って、出来たのはバケツ👍✨

 

 

みなさんこれを使って、断水時に備えたお水運びをしてもらいました😊

 

 

P2240627

 

 

「え~💦こんなに水入れて大丈夫なの!?」と思わず声が漏れましたが、

 

 

意外と沢山入れても大丈夫なんです😊

 

 

まずはペットボトルの半分。250㎖のお水を入れて運びます

 

 

お水を他のバケツに移す際、ちょっとコツが必要でしたが、

 

 

みなさん無事ゴールまでたどり着けました👍

 

 

次に、ペットボトル1本分。500㎖の水を運びます✨

 

 

 

 

P2240626

 

 

さすがにずしっと重たくなったバケツ💧歩く振動でお水がこぼれてしまいそうになるので、

 

 

先ほどよりずーっと慎重に歩かなければなりません💦

 

 

バケツの持ち方や歩き方に注意しながら、みなさん無事お水を運んで他のバケツに移すことが出来ました👏✨

 

 

 

P2240629

 

 

最後は、身分証明カードを作ってもらいます⭐

 

 

みなさんもうすぐ小学2年生とあって、字を書くのがとても上手です✨

 

 

P2240631

 

 

ラミネートをかけて出来上がり✨

 

 

今回のイベントでは、災害時の基礎知識や、身近な廃材を使った

 

 

緊急時の対応策について学んでいただきました😊

 

 

みなさん、クイズやゲームを通して、防災にとても興味を持って取り組んでくれ、

 

 

きらりスタッフもとても嬉しかったです⭐

 

 

4月からは、進学、進級を経て、お子さんを取り巻く環境も大きく変わってくるかと思います。

 

 

みなさんの「ドキドキ」「ワクワク」に寄り添いながら、来年度もすてきな1年となるよう、

 

 

きらりスタッフ一同努めて参ります🌼

 

 

来年度もよろしくお願いいたします⭐

 

 

「きらり」新潟西校では随時、無料の個別体験を受け付けております!

 

お気軽にご連絡ください☎

 

 

〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎

 こどもサポート教室「きらり」新潟西校

 新潟市西区大学南1丁目7825ー5

 TEL・FAX :025ー378ー6808 

 地図はこちら!

〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎〇●◎

新潟  新潟市   児童発達支援   放課後等デイサービス   発達障害

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、アスペルガー症候群、

ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、発達支援

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、でこぼこ、グレーゾ―ン、

SST、療育、個別療育、学習支援、通所支援、autism.   ASP ,   ADD 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top