児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

愛知 新豊田校

~3月の行事と開所日のご案内~(新豊田校)

こんにちは!

こどもサポート教室「きらり」新豊田校です。

明日3月3日ははひな祭り🎎

ここで少しひな祭りの話をしたいと思います。

ひな祭りとは3月3日の桃の節句のことで女の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いすることはみなさん知ってますよね♬

では、どうしてひな人形を飾るか知っていますか?

雛人形は、子どもたちの変わりに病気や事故から守ってくれるとされています。
そのため、女の子が元気で幸せになるようにお祝いやの気持ちや願いを込めて飾ります。

昔は、紙で雛人形を作って、病気やけがなどのよくないものを持っていってもらうように川に流す「流し雛」をしていたそうです。
だんだんと雛人形が素敵なものになってきたので、今は飾ることが多いけれど、昔のように「流し雛」をしてお祝いをするところもあるんだそうです。

では、ここで諸説ある中でひな人形の秘密を教えます。

お雛様とお内裏様のモデルは天皇さまと皇后さまの2人

お雛様が持っている檜扇は儀式や行事のマナーなどのメモをこっそり持っていたり、他の人の視線から顔を隠すために(あまり他の人に顔を見せないことがたしなみだったそう)、檜扇は宮中では必需品だったのだそうです。

お内裏様が持っている笏の裏側には、儀式の順番や注意事項などのメモを隠し持っていたそうです。

三人官女(さんにんかんじょ)

お雛様の身の回りのお世話をします。
3人のうち1人は眉毛がなかったり(薄かったり)、お歯黒をしていたりして、結婚していることを表しています。

五人囃子(ごにんばやし)

音楽を演奏する5人組の男性。
右から楽器が小さい順番に並んでいて、一番右の人は歌をうたいます。
一人だけ楽器を持っていないんです。

随身(ずいじん)

お内裏様(お殿様)とお雛様を守る、右大臣と左大臣の2人組。
左大臣は向かって”右”、右大臣は向かって”左”に座っています。
実は、左大臣の方が年上なんだそうです。

市丁(しちょう)

掃除など、いろいろなお世話をします。
3人の豊かな表情にも注目してみてください。

 

話は変わりますが3月の開所日は15日月曜日です。

まだ、空きがございますのでご利用されたい方はお電話ください!!

                                               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                                                きらり 新豊田校

                                                豊田市朝日町3丁目58-1 

                                              ファミール朝日102

                                              TEL 0565-35-6155

                                               ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top