児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

岐阜 多治見校

3+1=5 これでも正解です。【きらり 岐阜:多治見校】

「3+1=5」

子どもがたし算の問題に

こう答えたらどうしますか。

中日新聞(6月18日)の記事を紹介します。

 

数学者の谷口神戸大学大学院教授は

当時3~4歳だったご自身の娘さんに

「3+1=いくつ?」と尋ねたそうだ。

まだたし算をおぼえて

間もないころのことだ。

「5」と娘さんは答えたそうだ。

みなさんなら、どうしますか?

 

私だったら、

「もう一度数えてごらん」と

指を出して数えさせて

「4」と答えさせ、

「そうだね、4だね。正解。すごい。」

とやるだろうね。ところが谷口先生は

「そうだね、5だね。」

と〇にしたそうだ。

「答えは一応3より大きいし、

7や8のような見当外れの数でもない。

何より指を使って

たし算をしていた娘が、

初めて指を使わずに導いた答えだった」

と振り返る。

「いずれたし算はできるようになる。

指を使わずに足すという新たな一歩を

大切にしたかったのだそうだ。

 

谷口さんは誤答の中にも理由があり、

部分的には

正しい推論をしていることがある

と指摘する。

 

先生「250mmは何cmですか。」

子ども「70cmです。」 

先生「どうやって考えたの?」

子ども「250を200と

0にわけたの。

200は20cmでしょ。」

先生「うん、そうだね。」

「だから20と

50をたして70cm」

「なるほど」

実際には50mmを

5cmに直さなければいけないのに

直さなかったから、

答えは間違いなのですが、

説明を受けたことで、

考え方の道筋は正しかったことと

どの部分で間違えたかが

分かったのです。

そうすれば、

適切なヒントが出せますね。

 

子どもは考えた答えを

誤りだと否定され、

正解だけを押しつけられるうちに

自分で考える

意欲を失っていくそうです。

 

正解を教えなくていいのかと

私のような凡人は思ってしまいますが、

「ある時点で

間違った認識をしていても、

月日がたち、学びが深まるにつれて

自ら誤りに気づき、

修正する力がある。」と

谷口さんは、言います。

 

でも、やっぱり

答えを教えたくなりますよね。

2つのポイントを

谷口さんは教えてくれます。

「どう考えてその答えを出したのか。

正解にたどり着けずに

困っているのかどうか」

 

長い目で見て

算数の力をつけるうえで大事なのは、

自分の頭で考える姿勢だという。

「自分で考えてたどりついた答えは、

正誤にかかわらず素敵なもの。

正解を教えたり、

誤りを訂正したりするのに

躍起になるのではなく、

子どもが考えた道筋を

一緒に楽しんで」と訴える。

 

心身の発達と同じように、

算数の学び方や進度には個人差がある。

「その子が自分なりのペースと

関心の持ち方で学んでいるのであれば、

あせらなくて大丈夫。

大事なのは、

一人一人が自分に合った形で

算数を学んでいくこと」と話す。

 

塾での学習と、療育としての学習支援

何が違うのかが、

明確になったような気がしました。

(深谷 記)

カテゴリー

アーカイブ

page_top