児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

愛知・甲信越・北陸エリアからのお知らせ

愛知 豊田校

こんな時はどうしよう…?【豊田校】

こんにちは。こどもサポート教室「きらり」豊田校です。

5月ももう下旬になり、気温の変化が激しくなってきていますね…。

朝は肌寒くても、昼間は急に30度近くになったりと、調整が難しいですね。

特に昼間に来所される方々は、熱中症対策として水筒などの飲み物持参をしていただくよう、よろしくお願いいたします。

 

——————————————————————————————————————————-

 

さて、今回は「こんなときどうしよう…?」という項目で、お子様とのかかわり方のアプローチの方法をご紹介いたします。

今回は…

「お勉強しているときに、すぐに離席してしまい、床で勉強をしようとする。無理やり戻そうとすると怒ったりする。このようなときはどうすれば良いか?」

ということです。

 

 

このような時は、もしかしたらお子様が疲れているサインなのかもしれません。

例えば「きらりに来る前に友達と遊んだりして疲れてしまった」「学校の勉強で疲れてしまった」「寝ていたので疲れてしまった」

等…理由は様々あります。

 

 

私たちも疲れているときに、勉強を進んで出来るかというとそうではありませんよね。

離席をしてしまい、床にゴロンとなってしまうのは、「今日は疲れているよ~…」という子どもの合図かもしれません。

 

 

このような場合は、「一緒に保護者様も横になって子どもと同じ目線で関わってみる」のはいかがでしょう?

そうすることで、自然と会話が弾んだり、もしくはその会話から子どもたちの生活や困ったことを知るチャンスにもなるかもしれません。

ブログを担当している指導員も、宿題の最中、床にゴロンとなるお子様がいらっしゃり、

そういうとき、指導員も一緒に床にゴロンとなってお話をすると、いろいろなことをいっぱい話してくれることがあります。

その話の中で「今日は学校で体育があって疲れちゃったんだ」と理由を述べることがありました。

 

 

このような時は、保護者様も子どもたちと同じ目線で関わってみるといいかもしれませんね。

 

というわけで今週のブログはここまで!

次回もお楽しみに!

———————————————————————————————————————————————————-

こどもサポート教室「きらり」豊田校

愛知県豊田市小坂本町6-10-1 2F      Photo_21-01-23-11-46-51.347

TEL:050-3533-0247

FAX:0565-31-9777

—————————————————————————————————————–

カテゴリー

アーカイブ

page_top