児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

東部 三島校

アナログゲームの紹介 パート1 【三島校】

こんにちは、こどもサポート教室「きらり」三島校です。

2月20日(土曜日)に開催される「読み聞かせ&アナログゲーム大会」まで

あと2日となり、期待と不安にドキドキ・ワクワクしながら準備に追われています。

illust500[1]

 

当日は午前の部 (読み聞かせ&手遊び歌&折り紙・切り紙) 

午後の部 (アナログゲーム大会) の二部構成で開催します。

 

『アナログゲーム』とは、電源を使わないゲームの事で、将棋や囲碁も

アナログゲームの一種です。外国では非常に親しまれており、さらに、その

教育的価値が認められています。テレビゲームと違って、人とのやり取りが

あり、そこから幾つもの戦略や攻略が考えられるアナログゲームは、お子様の

考える力コミュニケーション力を伸ばすことに非常に役立ちます。また、

数人の人たちで安心して盛り上がり、楽しく取り組むという経験は、集団に

対しての安心感自己肯定感を育てることにつながります。

 

2月20日(土曜日)の『アナログゲーム大会』では4種類のゲームを行います。

その中から、2つのゲームについて紹介させて頂きます。

 

feuer_drachen-playing-w1070[1]

『ファイアドラゴン』

竜使いとなって、火山の周囲のマス目を飛び回りながら、火山に少しずつ

溜まっては噴火で飛び散るルビーを、拾ったり、奪ったりして収集する

ゲームです。ドラゴンを上手に操りながらコマを進め「ドラゴンルビー」を

一番多く集めた人が勝ちとなる、ドイツ生まれのボードゲームです。

非言語的推理能力即ち、視覚的(非言語的)情報に基づく推理、状況の理解、

予測能力を高める為のお子様への療育に適しているゲームです。

 

dobble-display-w1070[1]

『ドブル』

8つの絵柄が描かれたカードを任意に2枚比較したときに、必ずどれか1つの

絵柄だけが一致する特性を利用して、スピード勝負で「たくさん集める」や

「なるべく減らす」など、5つの遊びができるカードゲームです。

ワーキングメモリー(WMI)、処理速度(PSI)を高める為のお子様への療育に

適しているゲームです。

 

お子様も大人も一緒になって楽しめる、療育にも適したゲームで、有意義で

素敵な時間を「きらり」三島校で過ごしませんか (*^▽^*)

スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。

 

こどもサポート教室「きらり」三島校

静岡県三島市一番町13-6 アルヴェアーレー一番町101号室

TEL 055-946-6311

メールアドレス  Kirari.mishima@Kurazzemi.co.jp

開所時間 : 火・水・木・金・土 AM9:00 ~ PM16:00

ご相談・ご質問などがありましたら、お気軽に電話またはEメールまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top