児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

静岡エリアからのお知らせ

西部 磐田校

第1期どんぐり広場最終日~七夕の空に届け~【磐田校】

5月からお送りしました第1期どんぐり広場も、77日で最終となりました。

 

どんぐり⑦-2

全9回の中で、子どもたちやお母様方が、何かを感じ取っていただけることが、

きらりのです。

 

初回には、慣れない顔にとまどいや恥ずかしさを見せる子どもたちでしたが、

回を重ねるごとにその表情は明るく変わっていきました。

 

どんぐり広場のお友達の誰かがいないと、“あれ?”と探す素敵な姿もありました。

いつしか広場にいた誰もが、いつもそこにいてくれる存在になっていたのかも知れません。

 

磐田校第1期どんぐり広場の最終日が、七夕にあたったということも素敵な偶然です。

そのため、初回よりどんぐり広場会場の別室では、お母様方の“ママどんぐり広場”が繰り広げられました。

第1期⑤

2階支援室で子どもたちが頑張っている間、子供たちには気付かれないよう、

 

1階支援室で色とりどりの折り紙を一生懸命折ってくださったり、

 

大きな台紙の一面に、七夕の夜の空の構成を考えてくださったりしていたのです。

 

すべては、子供たちを想う大きな愛情からでした。

 

こんな想いが 子供たちに届かないはずはありません。

 

どんぐり最終日、

自分たちの知らなかったもう1つの作品を見た子供たちの目の輝き。

その輝きは、同時にその場にいたすべての大人へのごほうびともなりました。

 

漆黒の夜空を飾るのは、画材に美しく散りばめた天の川、

小さな折り紙を繊細に組み合わせた小さな鎖でした。

 

 

その大いなる母の夜空に飾られた子供たちの作品は、最高の輝きを見せました。

紙皿の織姫と彦星の思いは、七夕の空にもきっと届いたことでしょう。

どんぐり完成品

どんぐり広場は今後もリトミックや読み聞かせをベースに、

工作とサーキットを隔週で取り入れながら、ソーシャルスキルを学んでいきます。

 

第1期どんぐり広場にご参加いただきまして、本当にありがとうございました。

 

第2期のどんぐり広場は、秋ごろ開始する予定です。

皆様のご参加を、きらり磐田校全員で心よりお待ちしております。

 

(晶)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

ひとりひとりを大切に、子どもたちの個別療育を行っています。

体験は随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

こどもサポート教室きらり 磐田校

TEL 0538-86-4143(月~土、9:00~18:00

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

カテゴリー

アーカイブ

page_top