児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

静岡エリアからのお知らせ

東部 三島校

創作SST① 【三島校】

 

 私たちは、社会性を学ぶ教材として SST(ソーシャル スキル トレーニング)

 

利用します。

 

 

社会生活(学校生活)の様々な場面で自分ならどう考える? どう振る舞うか?

 

を学びます。

 

 

 

私は以前支援員でした。今でも利用者と一緒に勉強することがあります。  

 

 

 

多くの校舎(支援員)は、既存のSST教材を使うことが多いと思います。

 

私はこれがイヤ。 他人の作った教材にリアリティと面白味を感じられず、

 

創作していました。 その一部を紹介いたします。

 

 

 

私の実体験もあれば聞いた話、全くの創造もあります。

 

残念ながら、利用者に全く受けず空振りも多々あります…。

 

 

 

 

「泣いた赤鬼、その後」

 

 利用者には、童話作家の立場で名作日本昔話の続を考えてもらいます。

 

どんな話を創作して頂いても結構ですが、 その話を読んだ(聞いた)人に

 

どんな気持ちになって欲しいか? を語ってもらいます。

 

 

 

 

「三方一両損」

 

時代劇が好きには堪らない大岡裁き!です。

 

利用者には、名奉行(大岡越前)になって頂き、 この民事訴訟を裁いて頂きます。

 

考えて頂きたいポイントは、訴訟を起こした両者(対立してます!)に

 

どう納得してもらえる判決を出せるか!?です。

 

 

 

 

「ピーターを口説き落とせ!」私の実話です)

 

 福祉講演会の担当者だった私。大好きな数学者でありジャグラーの

 

ピーター・フランクルさんを講師に呼びたいと考えました。

 

事務所に伺ったところ、講演会(90分)と交通費、消費税で

 

約60万円 必要なことが分かりました。前年までの講演会予算はせいぜい20万円。

 

上司の許可を取り、ピーターの講演会を実現するためには 金額を下げる交渉が必要です。

 

あなたならどう交渉しますか?  

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【こどもサポート教室きらり 三島校】  

Tel&Fax:055-946-6311  

住所  :静岡県三島市一番町13-6 アルヴェアーレ一番町1F  

     JR三島駅 南口より徒歩約3分   

開校日 :火曜日~土曜日 時間:10:00~19:00

カテゴリー

アーカイブ

page_top