児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

静岡エリアからのお知らせ

静岡エリア

✨「きらり・あいあい」静岡県だより#13✨

 

 

 

皆さん、こんにちは🌞

 

 


「こどもサポート教室きらり・あいあい」の石間です。

 

 


早いもので、今日から2021年も下半期に突入しましたね。

 

 


東京五輪を控えた夏休みももうすぐそこです🗾

 

 


熱中症には充分にお気をつけください💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は私が普段の支援で活用している自作のプリント教材をご紹介します。

 

 


「きらり・あいあい」の魅力の1つに「指導員による手作り教材」があります✨

 

 


私達はお子さん1人ひとりの好みや発達段階を理解した上で、

 

 

 

それに合わせた支援教材を日々作成し、支援の中に取り入れています🎵

 

 

 

 

 

 

3215C443-BA31-4F98-8E5A-F11DD50D4D63

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、「じぶんクイズ」というプリント教材です✨

 

 

 

 

 

 

じぶんクイズ画像

 

 

 

「じぶんクイズ」 ←こちらをクリック!

※PDFファイルとしてダウンロードできるようになっていますので、

印刷環境さえあればご家庭でも自由に使用していただくことが可能です。

 

 

 

 

 

 

名前の通り、お子さんにお子さん自身に関する3択クイズを作ってもらい、

 

 

 

それを指導員が解くことを目的としています。(対象は小学校中学年以上です)

 

 


これを行う際には、指導員自身も「じぶんクイズ」を作成し、

 

 

 

プリントを交換する形でお互いのクイズに挑戦します🔥

 

 

 

 

 


この教材の特長は、大きく3つあると思っています。

 

 

 

 

 

 

①「楽しみながら自然と自己紹介の練習ができる。」

 

 


お子さんによっては自分の好みを話すのが気恥ずかしかったり、

 

 

 

堅苦しい自己紹介が苦手だったりすることがあります。

 

 


このプリントでは、自己紹介にクイズの要素を加えることで、

 

 

 

楽しみながら自然にそれを行うことができます。

 

 


普通の自己紹介は面倒臭がってなかなか取り組めないけれど、

 

 

 

このプリントには意欲的に取り組めるというお子さんも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

②「相手と自分の立場を入れ替える経験ができる。」

 

 


課題を提供される側のお子さんと提供する側の指導員の立場を入れ替えることで、

 

 

 

相手の気持ちになって考えるトレーニングを行うことができます。

 

 


「きらり・あいあい」の利用者さんの中には、

 

 

 

「相手の気持ちや考えが分かりづらい」という特性を持ったお子さんがいらっしゃいます。

 

 


実際に「相手の立場になってみる」という経験を積み重ねていくことで、

 

 

 

円滑なコミュニケーションの素地を育むことができます。

 

 

 

 

 

 

③「お互いのことに関する理解を深めることができる。」

 

 


三択クイズは解答するのも出題するのもとても面白いです。

 

 


思わず笑ってしまうような分かりやすい選択肢を考えるお子さんもいれば、

 

 

 

真剣に大人を悩ませようと練りに練った問題を出すお子さんもいらっしゃいます。

 

 


物事に対する好みだけでなく、そのお子さんの思考や性格などの様々な理解を同時に深めることができます。

 

 

 

 

 

 

他にも、数を理解できている幼児さんや小学校低学年のお子さん向けには、

 

 

 

「じこしょうかいすごろく」がおすすめです✨

 

 

 

 

 


じこしょうかいすごろく画像

 

 

 

「じこしょうかいすごろく」   ←こちらをクリック!

※PDFファイルとしてダウンロードできるようになっていますので、

印刷環境さえあればご家庭でも自由に使用していただくことが可能です。

 

 

 

 

 


すごろくの要領でお互いにサイコロを転がしていき、

 

 

 

止まったマスに書かれた質問に答えてゴールを目指します🎲

 

 

 

こちらの教材もゲーム感覚で楽しみながら、

 

 

 

自分の気持ちや好みを相手に伝える力を育てることができます🌱

 

 

 

 

 

 

この機会にお子さんとのコミュニケーションのためのツールの1つとして、

 

 

 

これらの教材をご家庭でもお役立ていただけたら幸いです🌞

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

✨「きらり・あいあい」各校舎からのお知らせはこちら

 

 

 

✨「きらり・あいあい」へのお問い合わせ・資料請求はこちら

 

 

 

✨「きらり・あいあい」静岡県だよりのバックナンバーはこちら

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top