児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

九州・中国・四国エリアからのお知らせ

千葉 船橋校

今月のハイライト📸✨【千葉 船橋校】

こんにちは。

 

きらり船橋校です。

 

最近、夏のような暑さが続いていますね。

 

 

体調に気を付けてお過ごしください(*^^*)

 

 

さて、題名にある今月のハイライト…

 

 

船橋校では、日々子どもたちの新たな一面や

 

 

成長に驚きと感動を感じることが多くあり、

 

 

とっても嬉しい気持ちになります☺

 

 

ここで、今月のほっこりエピソードを2つご紹介させていただきます(^^)/

 

 

 

①小5男児・Hくん

 

 

 課題終了後、いつものようにポケモン人形がある場所(奥の部屋)へ行き、ポケモン人形を借りにいったHくん。

 

 

 しかし、普段開いている奥の部屋の扉が今日はなぜか閉まっていました。

 

 

 さて、どうするのか・・・と職員が見守っていると

 

 

 扉を開けて奥の部屋へ入ろうとしましたが、

 

 

「あ!」と言い、一回扉を閉めてドアをノックしました。

 

 

相手を気遣うマナーや行動する姿に

 

 

周りにいた職員全員感動😢と拍手👏

 

 

「他の子にも教えてあげてもいい?」と

 

 

職員が本児に尋ねると

 

 

「えー」と言いつつも

 

 

嬉しそうにしていました(^^)/

 

 

②小5男児・Kくん

 

 

困ったときに誰に助けを求める練習として、

 

 

困った場面をつくり、ヘルプカードを相手に渡す活動を取り入れています。

 

 

いつもあるはずのタブレットがない!!!となり、

 

 

「どうしよう!!困った!!タブレットないね。困ったね」と焦りながら

 

 

S先生(管理者)の服を引っ張り、「ファイヤーだね」と言いました。

 

 

「困ったらどうするんだっけ」とS先生(管理者)が尋ねると

 

 

 

「M先生(担当の職員)に電話して!」と言いました。

 

 

 

S先生が「そっか!困ったら電話をすればいいんだね!わかった!

 

 

 

M先生に電話して、タブレットどこにあるか聞けばいいんだね!」と

 

 

 

伝えるも、本児の口から「まあいっか」と一言。

 

 

 

タブレットがほしかったはずなのに

 

 

 

タブレットがやりたかったはずなのに

 

 

 

自分の中で、なければ諦める選択肢を作ることができたのです。

 

 

 

③小学5年生・Sくん Yくん

 

 

4年生時に彫刻刀が始まるとのことで

 

 

彫刻刀の持ち方、使い方や使い分けをちょこっと紹介し

 

 

実際に発砲スチロールや木の板で

 

 

彫る練習を行いました。

 

 

そして先週、学校で作った作品を持ってきてくれました(*^^*)

 

 

その作品がこちら

 

2021年6月ブログ2

 

 

左:古のようさい 右:夜の赤きオオカミ

 

 

 

2人も素敵な作品ができました✨

 

 

 

刃を使い分けたり、細かいところまでしっかり工夫されていて、

 

 

 

芸術家が書いたような作品の仕上がりとネーミングセンスに

 

 

 

ただただ圧倒されました😲😲

 

 

 

絵からも、一生懸命作ったのが伝わってきます(*^^*)

 

 

 

素敵な作品を頂き、職員室に飾らせていただきました。

 

 

 

作品を近くで見たい方は

 

 

 

お近くの職員にお声がけください(^^)/

 

 

 

こどもの成長は、すごいですね☺

 

 

 

これからのこどもたちの成長楽しみです(*^^*)

 

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

こどもサポート教室「きらり」船橋校

住所:千葉県船橋市高根台1-8-3 織戸ビル203号室

電話:047-407-1765

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

※見学・体験の際は事前にお電話頂けますようお願い致します。

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

 

カテゴリー

アーカイブ

page_top