児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 センター南校

ABA入門(適切な行動を増やすには)【横浜 センター南】

こんにちは!今年もあとわずかになりましたが、皆様、年末年始のご予定はいかがでしょうか。

 

 

最近、お子様に関する「基本的な関り方」に関してのご相談をよくお受けしますので

 

 

基本的な考え方についてシェアしたいと思います。

 

 

インターネット上でも情報が沢山出ておりますが、基本的にはABA(応用行動分析)の考え方を

 

 

参考にすると良いと思います。

 

 

まず、良い行動ややって欲しい行動が増えるメカニズムは次の図のようになっています

 

ABA-1

 

 

まず、子どもにモチベーションがある状態で、子どもにとって分かりやすい、受け入れられやすい形で

 

 

言葉がけや促しをします。

 

 

そして、子どもにとって「出来た」「うれしい」「褒められた」という楽しい結果があれば

 

 

子どもは「またやってみよう」となり、その行動は増えていきます。

 

 

では、良くない行動が増えるメカニズムはどうでしょうか?

 

 

ABA-2

 

 

子どもにモチベーションが無い状態だったり、子どもにとってよく分からない、受け入れにくい

 

 

言葉かけや促しがあると、子どもはどうしていいか分からず全く関係ない行動を起こしたり

 

 

反発して大人が望むのとは逆の方向の行動を取ったりします。

 

 

そして、大人はそれを注意するので、子どもが大人の言う事を聞こうというモチベーションが下がってしまい

 

 

次に大人の言う事を聞こうという気持ちがどんどん減っていきます。

 

 

ここで、良くない行動が増えるメカニズムを別の視点から見てみましょう。

 

 

ABA-4

 

 

子どもにモチベーションが無い状態だったり、子どもにとってよく分からない、受け入れにくい

 

 

言葉かけや促しがあると、子どもはどうしていいか分からず全く関係ない行動を起こしたり反発する事は

 

 

前に書いた通りですが、その結果、嫌な事を避けられたり(離席や隠れるなど)

 

 

その場を支配出来たり(大きな声を出す、暴れる)

 

 

子どもにとって別の意味で都合のいい結果に繋がってしまいます。

 

 

このようにして悪循環が始まります。

 

 

よく「良くない行動を減らすにはどうしたらいいですか?」

 

 

といったご質問を受けますが

 

 

「良くない行動を無理に減らそうとしなくていいです」

 

 

とお答えしています。

 

 

無理に良くない行動を減らそうとしても、叱る・注意は子どもにとって受け入れにくいものなので

 

 

余計に良くない行動を引き起こしかねません。

 

 

ですが、人間には体は1つしかありませんので、行動の総量には限界があります。

 

 

ABA-3

 

 

つまり、この図のように、良い行動が増えれば、そうでない行動は勝手に減っていきます。

 

 

センター南校では、基本的にはこのような考え方で、単にお子様の良い行動を増やすのではなく

 

 

「できた」「うれしい」「次もやってみよう」と思えるように支援をさせて頂いております。

 

 

この記事が、何かのお役に立てれば幸いです♪

 

 

ABAに関してはこちらも合わせてお読みください♪

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

センター南校では来年度の生徒様を募集しております。

 

(現在は、空きが無いわけではありませんがご好評につき応相談となっております)

 

来年度は7~10名程度の受け入れが可能ですので

 

ご利用をご検討されている方は、お早めの見学・体験をおすすめしております。

 

日程が合えば年度か変わる前からのご利用も可能です。

 

 

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 ↓ ↓ ↓ お問い合わせはこちら ↓ ↓ ↓

 

こどもサポート教室きらり「センター南校」

 

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央46-4 S-Fビル3階

 

電話:045-511-8848

 

メール:centerminami@kurazemi.co.jp

 

 

【こどもサポート教室「きらり」センター南校について】

こどもサポート教室「きらり」センター南校は横浜市都筑区にある児童発達支援事業所です。

児童発達支援とは、発達障害や発達の遅れ、その疑いがあるお子様の発達をサポートする福祉制度の一つです。

「きらり」は横浜に3校あり、どの校舎も個別療育を基本としていますが センター南校は個別療育だけでなく集団療育も行っております。

それだけでなく、臨床心理士・公認心理師・保育士などの有資格者が在籍しているため

発達検査やABA(応用行動分析)を用いてとことんお子様に寄り添う

まさにオーダーメイドな療育を行っており、横浜市にあるにも関わらず

周辺の市区町村や他県から通って下さる方もいます。

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top