児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 大沼校

4コマまんがのならべかえ【相模原 大沼校】

相模原市、町田市、座間市、大和市の皆さん、こんにちは!!

 

南区大沼で個別療育を行っている児童発達支援・放課後等デイサービス

 

こどもサポート教室「きらり」大沼校です。

 

ブログを初めてご覧になった方も、

 

いつもブログを読んで下さる方もありがとうございます。 

 

 

 

ようやく秋らしさが深まってきましたね!

 

同時に、風邪で体調を崩されているお子様が増えてきました。

 

うがい、手洗い、マスクなど

 

感染予防につとめて、元気にお子様をお迎えしたいと思います!

 

 

 

さて今回は、4コマまんがを使った療育についてご紹介します。

 

IMG_2914

 

こんなふうに、4コマを分割して、

 

「順番にならべてみてね!」

 

とお子様に提示します。

 

 

 

セリフなし、イラストだけのコマから、

 

イメージする力をつかって

 

情報や状況を捉える練習になります。

 

 

 

そして並べ終えたら、

 

「どうしてこれが1番なのかな?」

 

と聞いてみます。

 

捉えた情報を、相手に伝えることばの練習になります☆

 

 

 

あるお子様(幼稚園年長さんです)に、この教材を並べてもらいました。

 

IMG_2913

 

これを作った私(指導員です)は、上記のような順番を想定していたのですが

 

そのお子様、こんなふうに並べました。

 

IMG_2912

 

私とお母さま、一瞬「んん?」と戸惑います。

 

そこで、聞いてみました。

 

 

 

「どうして3番で、お洋服きれいになったの?」

 

その答えが秀逸!

 

「だって、お部屋に戻ってお着換えしたんだよ!」

 

な、なるほど(;゚Д゚)!!!

 

 

 

さらに聞いてみました。

 

「4番は、女の子、なんて言っているのかな?」

 

「だって、まだお砂場かたづけてないでしょ。

 

かたづけてないのにボールで遊ぶから、

 

『さきにおかたづけだよ』って言ってるの!」

 

・・・す、すばらしい・・・。

 

 

 

実際の幼稚園の生活では

 

その展開のほうが日常に近いのかもしれませんね。

 

大切なことは、

 

このお子様がこんなふうに並べた理由や捉え方を

 

自分の言葉で一生懸命に伝えてくれたことです。

 

 

 

指導員の私のほうが

 

お勉強させていただいたという一幕でした(*^_^*)

 

 

 

是非、皆さんも「きらり」大沼校で

 

貴重な療育の経験をしてみませんか?

 

職員一同、心よりお待ちしております!

 

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

こどもサポート教室「きらり」大沼校

 

神奈川県相模原市南区若松6-5-25 エクレールK若松町1階

 

TEL/FAX 042-705-3005

 

E‐mail kirari.ohnuma@kurazemi.co.jp

 

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00

 

※最寄りのバス亭は「大沼小学校前」です。

 

※事業所目の前に駐車場2台分完備!!

 

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障

 

害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、グレーゾーン

 

ーーーーー☆☆☆☆☆ーーーーー☆☆☆☆☆ーーーーー☆☆☆☆☆ーーーーー☆☆☆☆☆ーーーーー

 

こどもサポート教室「きらり」大沼校平成30年10月以降空き状況

 

火曜日:児童発達支援枠十分に空きがございます。

 

水曜日:児童発達支援枠十分に空きがございます。

 

木曜日:児童発達支援枠十分に空きがございます。

 

金曜日:現在定員を締め切らせていただいております。(定員枠満床予定の為)

 

土曜日:児童発達支援枠若干の空き数がございます

 

放課後等デイサービス枠につきましては満床となりました為、ご相談させていただいております。)

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top