児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵新城校

(短期連載第2回)言葉がけが相手に伝わるまで【川崎 武蔵新城校】

どうも皆さんこんにちは。

 

川崎市高津区で個別支援による療育を行っております武蔵新城校です。

 

 

 

さて、今回でのブログではあるツールを使って言葉がけの検証をして行きたいと考えております。

 

それがこちら

 

 

ルートパズル1

(ル~トパズル~!)

 

 

某有名な塾が出しておりますこちらのルートパズル

 

 

ルートパズル2

 

ルートパズル3

 

このように自由に組み換えが可能となっております。

 

 

ルートパズル4

何もはめないとこんな感じで・・・

 

 

ルートパズル5

このように傾斜となっております。

 

 

 

え?ただの商品紹介になってませんかって?

 

本題はこれからです♪

 

 

 

このツールをただの『教材』としてではなく、上のくぼみを『話し手』、ボールを『言葉』、下のくぼみを『聞き手』として見てみましょう。

 

 

その上で・・・下の動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

2つの動画の違い、お分かりいただけましたでしょうか?

 

 

 

上の動画は『話し手』から『受け手』に対してまっすぐ直接的に『言葉』が伝わっており、

 

下の動画は『話し手』から『受け手』に対してゆっくり間接的言葉』が伝わってますね。

 

 

 

この2つの動画を見比べたとき、より『言葉』が『受け手』に速く届くのはどちらでしょう?

 

速さで見たら間違いなく上でしょう。

 

 

 

 

しかし、この速度と言うのは言葉の速度言葉の強さにも比例しています。

 

動画を見ても一目瞭然ですよね。『受け手』に言葉が届いた時の衝撃。どちらが大きいか。

 

 

 

上のくぼみと下のくぼみは『話し手』と『受け手それぞれの持つ容量だと考えてみてください。

もしこのくぼみがもっと小さかったら・・・受け止めきれずに零れてしまう事も考えられますね。

 

 

 

話し手』の言葉が早くて聞き取れなかった。

 

「聞き取れないよ。もうちょっとゆっくり言って

 

話し』の言葉が強くて『受け手』には衝撃が大きく感じた。

 

そんな言い方しなくてもいいじゃないか」

 

 

 

受け手はこの様に『話し手に投げかける事は出来ますが、それはあくまである程度成長が進んだことで出来るようになるやり取りです。

 

 

それを学校にもまだ行ってないお子様だったり、小学校行き始めたばかりのお子様にそれを全て求めるのはいかがでしょう?「言った事が分らなくて怒られた」「何か分らないけど、怒ってる」お子様の言い分はきっとこのようになります。

 

 

そのお子様に伝わる様に言葉がけをするのは、我々大人の役目です。

 

 

言葉がけは『受け手』がいて初めて成り立ちます。

だから言葉がけというのは相手に合せる必要があるのです。

 

 

母と子

(話しが伝わっているにも関わらず、お子様が応じないケースもあるので難しいところですが・・・苦笑)

 

 

 

しかし、どれだけ柔和に優しい伝え方で『言葉』を発信しても、『受け手に伝わらないと意味がないのも事実

 

下の3つの動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

正直この3つのエラー、全く意図して作ったエラーではありませんでした。

 

 

どこかで話しの筋道の組み立てを間違えたのでしょう。『話し手』が発した『言葉』が途中で届かなかくなったり、別の『受け手』に『言葉』が届いてしまったり。

 

 

どうしたら『受け手』に負担なく、確実に『言葉』が届くのか。

しっかり筋道を立てて話しをしないと言葉は相手に届かないし、どうしても強い言葉になってしまう。

 

 

言葉がけの難しさを、ここでも再確認する事ができました。

 

伝える

(普段の会話もそうですよね。どれだけ頑張って発信しても、相手がいないと成り立ちませんよね・・・)

 

 

 

さぁ、これらの検証を踏まえて皆様に一つ問題があります。

 

下の写真をご覧ください。

 

 

筋道なし

 

写真の通りです。『話し手』から『受け手』への言葉の筋道全くありません。

 

この状態で10回続けて、の『受け手』に向かって『言葉』を発信してみました。

 

さて、の『受け手』は何回『言葉』を受け取る事が出来たでしょう?

 

 

 

正解は・・・次回のブログで発表致します(笑)

 

 

 

ご一読いただきありがとうございました。

今後もブログは定期的に更新してまいります♪

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 こどもサポート教室「きらり」武蔵新城校 平成31年3月以降空き状況

  火曜日:児童発達支援枠僅かに空きがございます。

  水曜日:現在定員を締め切らせていただいております。(定員枠満床の為

  木曜日:児童発達支援枠多少の空きがございます。

  金曜日:現在定員を締め切らせていただいております。(定員枠満床の為

  土曜日:現在定員を締め切らせていただいております。(定員枠満床の為

 ※ 放課後等デイサービス枠につきましては満床状態が続いており、ご相談させていただいております。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 こどもサポート教室「きらり」武蔵新城校

 神奈川県川崎市高津区新作6ー7ー2 マキエレガンス101号室

 TEL/FAX:044ー920ー9011

 E-Mail:kirari.shinjo@kurazemi.co.jp

 

 ※中原区新城5丁目の「きらり」新城駅前校と間違われる方が多発しております!

  お間違いのないようくれぐれもお気を付けください。

  校舎名、立地等で分かりづらく、ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

~よくある問い合わせ(最新版)~ ※一部抜粋

Q.高津区の武蔵新城校と中原区の新城駅前校の違いって?

A.1対1の個別支援で45分を療育の時間、15分を振替の時間に充てさせていただく形態につきましては共通しておりますが、校舎内の雰囲気はそれぞれで異なります。お手数ではございますが是非一度、2校舎とも体験で来ていただき、そのお子様に合っているか肌で感じていただけたらと考えております。電車での移動を検討されているご家族様につきましては、JR南武線武蔵新城駅」により近い新城駅前校をお勧め致します。

 

Q.共働きの関係で土曜日の枠を探しているんですが・・・

A. 大変申し訳ございません現在土曜日につきましては員枠満床につき利用を締め切らせて頂いております。空きが出来ましたら次第すぐに周知をさせていただく予定ですが、基本的には空き待ちなど受け付けておりません。

(いつ空きが出来るか未定で、何時までもお待たせする事になりますとご家族様にもそのお子様にもご迷惑をおかけする事に繋がる為。予めご了承ください。)

 

武蔵新城駅,駅近,新城駅周辺,中原区,高津区,
体験,体験会,相談,学習支援,個別,個別療育,個別支援,集団,小集団,支援,1対1,
SST,国語,算数,コミュニケーション,
自閉症,自閉症スペクトラム,ADHD,注意欠陥多動性障害,アスペルガー症候群,ダウン症,
広汎性発達障害,普通級,支援級,個別支援級,知的障害,LD,重複障害学級,ことばの遅れ,
言葉,遅い,遅れ,グレーゾーン,軽度発達障害,就学,就園,幼稚園,保育園,小学校,小学生,中学校,中学生,高校,高校生

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top