児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

埼玉 春日部校

遊びで育もう【埼玉 春日部校】

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

 

いつも陽気

 

 

 

 

こどもサポート教室きらり春日部校

 

 

 

 

指導員のあびこです!

 

 

 

   neko_punch

 

 

 

 

 

 

今週は勝手にビブリオバトルの番外編として

 

 

 

ご家庭でもできる眼球運動の発達を助けるプログラムを紹介します。

 

 

 

 

 

参照にした本はこちら

 

 

 

 

 

 

みんなでつなぐ

 

 

読み書き

 

 

支援プログラム

 

 

井川典克/監修

 

高畑脩平・奥津光佳・萩原広道

 

特区体非営利活動法人はびりす/編著 (クリエイツかもがわ)

 

 

 

 

 

 

この本は、医師、作業療法士、視能訓練士、

 

ビジョントレーニングインストラクター、言語聴覚士、理学療法士、

 

公認心理士、教員、当事者、保護者が一丸となって、

 

それぞれの立場から意見を出し合い、みんなで検討を重ねながら作成されました。

はじめに より)

 

 

 

読み書きの難しさをアセスメント(評価)し、子どもの強みを活かす

 

オーダーメイドの支援のための、フローチャート・プログラム・ツールなどが

 

たくさんの写真やイラスト入りで紹介されています。

 

「わぁ、これ欲しい!」というような文房具も載っていますよ!

 

 

 

その中から、ご家庭でもできそうな眼球運動を育む遊び

 

春日部校の指導員が実際に行ってみました。

 

 

 

 

まずは、眼球運動について本文から抜粋して説明します。

 

 

眼球運動には、主に

 

固視→1点のターゲットを視野の中心で持続的に捉え続けること

 

輻輳―解散運動→見ている物との距離感に応じてピントを合わせる運動。

 特に、読み書きにおいては、近くを見るための輻輳(寄り目の動き)が重要です。

 

追従眼球運動→ゆっくり動くものを目で追いかけるなど、視線を滑らかに移す運動。

 読字においては、文字列を1文字ずつ正確にとらえるときに重要な役割を果たして

 います。

 

衝動性眼球運動→ある点から別の点へと視線を素早く移す運動。

 文章を流暢に読むためには、固視と衝動性眼球運動の組み合わせ(単語のまとまり

 ごとに視点を移動させること)が重要だといわれています。

 

 

 

では、どんな遊びで、どのようにアプローチできるのか、紹介していきましょう。 

 

 

 

 

 

ひとつめは 吹き戻し」

 

 

   20200423_164852

 

 

吹き戻しが届く位置に、マトになるものをいくつか置き、吹いて倒していく遊びです。

 

使用した吹き戻しは短めですが、もっと長く伸びるものの方が良いと思います。

 

 

    20200422_160135

 

 

的になるものの高さを変えると、それに合わせて、立つ・しゃがむ・座る・

 

膝立ちなどの子どもの姿勢を引き出せます。

 

 

 

ココがポイントより

 

息を吸うときは両目が寄りやすく(輻輳)、吐くときは離れやすく(開散)なります。

吹き戻しの動きによって、呼吸に連動して輻輳―開散運動が起こりやすくなり、また、

口に吹き戻しをくわえると、身体の正中線を捉えやすくなるので、姿勢バランスにも

アプローチできます。

 

 

 

 

 

続いては吹きゴルフ」

 

 

 

紙を丸めてボールを作り、ゴールとして紙コップをテーブルの端に取り付けます。

 

 

 

   20200421_141352

 

 

 ボールを反対側の端に置いてスタート!

 

 

   20200421_141607 (1)

 

 

ボールを見ながら息を吸い、息を吹きかけてボールを転がしていくのですが、

 

これが、なかなかどうして、真っ直ぐに進まないのです (*_*)

 

 

   20200421_141516 (1)

 

 

どの指導員も10回以上挑戦して、やっとのことでカップイン

 

ボールが入った瞬間、思わず「やったー!」と叫んでしまいました。

 

ご家庭でも盛り上がること請け合いです (=゚ω゚)ノ

 

 

 

ここがポイントより

 

吹きゴルフは、吸うときは近くのボールにピントを合わせ(輻輳)、吐くときには

遠くのゴールにピントを合わせる(開散)必要があります。これを繰り返す中で、

ピントを調節する力を育むことができます。

 

◎実際にやってみると、普段はあまり意識せずに行っている「ピントを合わせる」と

いう動きが、大変良くわかる遊びでした。

 

 

 

 

 

 

それから「さかなつり」

 

 

 

道具は教室にあるもので揃えました。

 

 

   20200421_170539

 

 

釣竿は短めの突っ張り棒に麻紐を巻いて、磁石をテープで固定。

 

お魚ではなく、お菓子や動物・乗り物の絵カードにクリップをつけました。

 

 

最初は座って

 

 

   20200421_172714

 

 

遊覧船をゲット!

 

 

   20200421_172716

 

 

次は立ち上がって

 

 

   20200421_172759

 

 

猫とワニを一緒にゲット!

 

 

   20200421_172804

 

 

 

うまく釣れない場合は、糸と竿を短くし、近くのものを狙っていきましょう。

 

 

 

ここがポイントより

 

さかなつりでは、対象を見続けること(固視)が要求されます。対象が動かないので

簡単そうにみえるかもしれませんが、距離感を適切に把握し、身体や道具を対象に

合わせて調整する必要があるので、目と手の協調にも課題のあるお子さんにとっては

挑戦しがいのある遊びとなります。

 

◎紐がユラユラ揺れるので、選んだカードが釣れるまでかなりの時間、1点をジーッと見ることになり、集中力も必要となります。応用編としてひらがなカードを釣って、言葉を作る遊びも楽しそうですよ。

 

 

 

 

最後は「風船バレー」

 

 

今回はネットは作らずに行いましたが、

 

広いスペースがあればネットの高さとコートの広さを決め、

 

何点マッチにするかを決めてゲームスタートです!

 

 

   20200422_165026

 

 

高い位置でゆっくり風船を打ってみたり

 

 

   20200423_164815

 

 

目線の高さで素早く返したり

 

 

   20200422_165153

 

 

高さや相手との距離を変えて戦いました(*ノωノ)

 

 

ここがポイントより

 

ネットの高さや風船の大きさなどを調整することで、衝動性眼球運動/追従性眼球運動を育むことにつながります。ネットが高く、風船が大きいほど、風船を見続ける時間が長くなり、追従眼球運動の要素が大きくなります。逆にネットを低く、風船を小さくすると、滞空時間が短くなり、衝動性眼球運動の要素が大きくなります。ゲーム性が高く、モチベーションが持続しやすいのもこの遊びの特徴です。

 

◎ふわふわと高いところを舞う風船を追うのと、低い位置で早い動きの風船を見るののとでは、目の動きとともに体の動きも違うものになりました。怪我に気を付けて、楽しみながらトレーニングしてみてください。

 

 

 

   animal_stand_neko_bw

 

 

 

 

 

 

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

 

 

 

ゴールデンウィークの休業日のお知らせ

 

 

5月2日(土)から5月6日(水)お休みです。

 

5月7日(木)より営業します。 

 

 

また、5月18日(月)はお休みとなり、7月に振替を予定しています。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

   koinobori

 

 

 

=======================================

こどもサポート教室「きらり」 春日部校

〒344-0062

春日部市粕壁東2-7-8 ナカヤ第一ビル1-B

TEL/FAX 048-689-3376

営業時間 10:00~19:00(日・月 休み)

=======================================

 

 

   20200321_152217

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top