児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

埼玉 新河岸校

社会生活に必要なスキルって?

こんにちは😊「きらり」新河岸校です。

 

朝晩は、めっきり冷え込むようになりました🍂

インフルエンザの流行の噂もチラホラ聞こえてきましたね(;’∀’)💦

季節の変わり目、皆さん体調管理には十分にお気をつけ下さい!

 

 

さて、今日は、「社会生活を送る上で必要なこと」について考えたいと思います。

 

 

漢字?計算力?社交性?

確かにどれも必要だし、それを身につけるために学校というものが義務教育化されています。

 

でも、

「漢字が書けない」

「計算が苦手」

「集団行動が苦手」  ・・・・etc

 

 

これらは、学校ではテストで点数化され、評価の対象となります。

でも、それは「習熟度」として評価されるのであって、これから先の社会生活が送れないことを意味するものではありません。

 

 

「漢字が書けない」

⇒書けることに越したことはありませんが、今の時代、パソコンやタブレットで仕事をすることが主流になってきています。

読みを覚えたり、文脈に合った漢字を選ぶことも大切かもしれません。

 

「計算が苦手」

⇒お買い物やお出かけでお金を計算したり、時間を計算したり。

計算が必要ないわけではありません。どの金額を出せば足りるのか、どのくらい早めに出れば間に合うのか、最低限の見積もりができるか否かが判断できるスキルも必要です。

巷では、支払いはPASMOやSuicaなどのカードで済ませる、なんてこともあります。使い方や残高のチェックなど、計画性といったスキルも重要ですよね。

 

 

「集団行動が苦手」

⇒他者との関わり方がわからないのかもしれません。困った時の声のかけ方や誰に訴えれば解決できるのか、そのような判断も必要になってきます。

また、自分の気持ちもコントロールする術も必要になってきます。

 

 

「きらり」新河岸校では、中学や高校進学を目的とした学習支援は行ってはいません。

しかし、本当の意味で、お子さんたちが将来社会生活を送る上で必要なスキルを身につけられるよう、保護者の方と一緒に考えながら支援させて頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、こどもサポート教室「きらり」新河岸校にはたくさんのお問い合わせやご見学のご連絡を頂いております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料体験実施しています。

 

こどもサポート教室「きらり」新河岸校

住所:埼玉県川越市砂新田4丁目11-1 スプレンダーズ店舗101

受付時間:火~土曜日 10時~19時まで

☎/049-293-4379

メール:kirari.shingashi@kurazemi.co.jp

 

::::::::🌼::::::🌼::::::🌼:::::::🌼:::::::::🌼:::::::🌼::::::::🌼:::::::🌼

 

川越市、ふじみ野市、富士見市他近隣地区

体験、体験会、相談、学習支援、個別、個別療育、

個別支援、集団、小集団、支援、1対1、

SST、国語、算数、コミュニケーション

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、注意欠陥多動性障害、

アスペルガー症候群、ダウン症、

広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、

言葉、遅い、遅れ、グレーゾーン、軽度発達障害、

就学、就園、幼稚園、小学校、

小学生、中学校、中学生、高校、高校生

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top