児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 センター南校

療育への想い&2月3月の特別開校日・空き状況

こんにちは!センター南校、管理者の腰です。

 

本日は、自己紹介も兼ねて、日ごろどのような想いでお子様の療育をやらせて頂いているかお伝えできればと思います。

 

療育の世界に飛び込むまでは、臨床心理士として引きこもりの社会復帰支援、中学校の相談員、発達相談、入所施設など様々なお仕事をさせて頂いていました。

 

その中で忘れられない出来事があります(個人情報の関係上、内容を損なわない程度にフィクション化していますので、実際の話ではありません)。

 

ある日、ある親御様から相談を頂きました。「うちの子が地元で問題を起こしていてどうにかならないか」そういう内容でした。

 

その方はすごく頭もよく、私も何故?と思いました。

 

しかし、お話を聞いていくと、どうやら頭が良すぎるので、色々な事が気になってしまうようでした。そしてクレームを至る所でつけ始めるのです。

 

頭が良いので、当然、言い争いで負ける事もありません。

 

これが問題をややこしくしていました。

 

言い負けないので「自分が正しい」そういう認識になっていったようです。

 

やがて、その問題は地域のお店や学校では収まらなくなりました。

 

事もあろうに、コンビニで集まっている不良にも言いがかりをつけ始めたのです。

 

もちろん、その後は穏便に済みませんでした。

 

一方、知的な遅れがある方がいました。

 

この方の知的な遅れは、IQがほぼ測定出来ないほどでした。

 

しかし、毎日、ニコニコ軽作業をし、それで稼いだお金でヘルパーさんと一緒に週末は好きな食べ物を食べに行っていました。

 

それだけでなく、その方は、その方を支える支援者みんなから愛されていました。

 

そこで、私はIQや発達の凸凹がその人の”幸せ”を決めるのではないと強く実感しました。

 

日本の福祉制度は批判もありますが、それでもよく出来ているもので

 

発達の仕方が、速かろうが遅かろうが、平均的であろうが、偏っていようが、日本で暮らす限りは必ず幸せになる方法がある。

 

そう思うようになりました。

 

そして、5年前、私も一児の父になりました。

 

親としては、子どもには幸せになって欲しい、それしかありません。

 

それを強く思った時

 

今までの知識・経験を活かして子どもが幸せになる仕事をしたい

 

そう思い、療育の世界に飛び込みました。

 

まだ30代で未熟なところも沢山ありますが

 

この仕事を通して親御様、お子様の、沢山の幸せを作っていければと思っています。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ht

 

下記の土曜日は特別開校日になっています。

 

お振替、追加、無料体験のご相談などお気軽にお申し付けください♪

 

2月9日(土) 2月23日(土)

 

3月16日(土) 3月30日(土)

 

空き状況は下記のとおりです。

12

 

こどもサポート教室きらり「センター南校」

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央46-4 S-Fビル3階

電話:045-511-8848

メール:centerminami@kurazemi.co.jp  

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top