児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

未就学のお子さまのオンライン支援【川崎 武蔵小杉校】

こんにちは!きらり武蔵小杉です!

 

 

新型コロナウイルス関係で、日々情報が錯綜する中、神奈川県では独自の警戒アラートが発動されました。

 

 

「きらり」武蔵小杉校でも支援を再度オンライン支援に切り替える準備が出来ておりますので

 

 

ご希望のある方はスタッフまでお申しつけください。

 

 

さて、放課後等デイサービスであればオンライン支援も可能ですが、未就学のお子さまの場合

 

 

オンライン支援で何が出来るのか

 

 

果たして意味があるのか

 

 

こういった疑問は尽きないと思います。

 

 

そこで、改めて療育の意味とオンライン支援でも出来る事のお話をしたいと思います。

 

 

“まず大切な事

 

 

どのお子さまでもまず大切な事は「着席して」「大人の指示を聞く」という事です。

 

 

そして、オンライン支援に疑問を持たれる方の多くは、お子さまが「着席して」「大人の指示を聞く」が苦手な場合がほとんどです。

 

 

逆に「着席して」「大人の指示を聞く」が出来るお子さまは緊急事態宣言の際も比較的スムーズにオンライン支援を利用されていました。

 

 

それでは、「着席して」「大人の指示を聞く」はオンライン支援では不可能なのでしょうか?

 

 

そんなことはありません。

 

 

基本的に関わり方は同じですので、親御様に指導員が使っているテクニックをお教えする事も出来ますし

 

 

親御様にお手伝いして頂く事はありますが、回を重ねるごとに着実に出来るようになります。

 

 

実績もあります。

 

 

そして、「着席して」「大人の指示を聞く」が出来れば色々な学習が出来るようになります!

 

 

座れれば学習の姿勢が出来上がるので、模倣が出来るようになります。

 

 

模倣が出来れば、言葉の発達が進みます。

 

 

座って指示が聞ければ、話す以外にも「見る」「聞く」「考える」といった課題が出来ます。

 

 

「見る」「聞く」「考える」が出来ると認知発達が進みます。

 

 

遠隔支援で様々な課題に取り組めるようにもなりますし

 

 

就園・就学した後も日常生活がスムーズに送れるようになります。

 

 

 

 

“とても年齢が低いお子さまの場合

 

 

年齢がとても低く、画面越しどころではないお子さまの課題は多くの場合の課題は

 

 

「アイコンタクト」「ジェスチャーか言葉での要求と拒否」「着席」となります。

 

 

教室では、時間も空間も教材もあるので、他の課題も行いますが

 

 

年齢が低い場合は、上記の3つだけで十分・・・というより、これらを定着させる事が最優先です。

 

 

これも、ご家庭で十分に取り組める内容ですので、リアルタイムでやり方をお伝えしながら着実に発達の基礎固めを行っていけます。

 

 

また、1回1時間と時間で区切るのではなく、一日に10~15分×3回と場面で区切っての支援も可能です。

 

 

色々とお話しましたが、実際に見ないとイメージも湧かないと思います。

 

 

その場合は、教室内で疑似的にオンライン支援を体験する事も出来ますので、是非お申し出ください。

 

 

未就学のお子さまの場合は特に、支援が途切れる事で、出来ていた事も出来なくなる恐れがありますし(3.11の際はこれが顕著でした)

 

 

恐らく、新型コロナウイルスは、これからも規制と緩和を繰り返して年単位で収束させていく長期的なものになっていくと思います。

 

 

「新しい生活様式」という言葉を使うのは、どこか誤魔化しているようで気が進みませんが

 

 

心も身体も発達も守っていくには、新しいやり方も必要になってきます。

 

 

ご負担のない範囲で結構ですので、是非オンライン支援をご活用して欲しい思いでいます。

 

enkaku

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

武蔵小杉校では

 

無料の療育体験も随時実施・受付しております。

 

ご希望の日時・時間でのご案内等が難しい場合も

 

ございますので、お早めにご連絡ください。

 

児童発達支援のみいくつか空きがあります

 

放課後等デイサービスは、調整次第でお受け出来る事があります

 

(7月17日現在)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校

住所:川崎市中原区新丸子東2-925 オグチビル2階

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00 (日・月曜休み)

TEL:044-750-9951

Email:kirari.musashikosugi@kurazemi.co.jp

※ 自転車駐輪場は校舎前に有りますので、通所の際はご利用ください。

※ 申し訳ございませんが、当教室専用の駐車場はございません。

 お近くのコインパーキングをご利用いただくか、

 公共交通機関でお越しください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校について】

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校は川崎市中原区にある児童発達支援放課後等デイサービスの事業所です。

児童発達支援・放課後等デイサービスとは、発達障害や発達の遅れ、その疑いがあるお子様の発達をサポートする福祉制度の一つで

最近では「療育」といわれているサービスです。

対象は未就学(未就園児、幼稚園児、保育園利用など)のお子さまから高校生までで、

「きらり」は川崎地区4に校あり、どの校舎も個別療育を基本とし、お子様に寄り添うオーダーメイドな療育を行っております。

川崎市に限らず、周辺の市区町村や他県から通って下さる方もいらっしゃいます。

川崎エリアには、保育士、教員保持者、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士など様々な専門資格を持った職員がおり

お子さまと遊びの中で発達を促したり、ABAやTEACCHなどの専門知識に基づいた環境設定や課題設定を行い

お子さまの言語・認知発達を促します。

詳しくは武蔵小杉校、または各校舎にお尋ねください。

武蔵新城駅,駅近,新城駅周辺,中原区,高津区,幸区,川崎,大田区,世田谷区,鶴見,横浜,武蔵小杉,

SST,国語,算数,コミュニケーション,自閉症,自閉症スペクトラム,ADHD,注意欠陥多動性障害,アスペルガー症候群,ダウン症,

広汎性発達障害,普通級,支援級,個別支援級,知的障害,LD,重複障害学級,ことばの遅れ,

言葉,遅い,遅れ,グレーゾーン,軽度発達障害,就学,就園,幼稚園,保育園,小学校,小学生,中学校,中学生,高校,高校

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top