児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 相模大野校

未就園児 未就学児 療育 利用者 大募集!【相模原 相模大野校】

 

 

 

【※↑↑↑お問い合わせフォームはこちらをクリック】

TEL:042-851-6260

【※↑↑↑お電話はこちらをクリック】

※なお、小学生以上は現在満員のため、現在お問い合わせを一時休止させていただいております。ご了承ください。

 

 

こどもサポート教室「きらり」相模大野校です。

発達が気になるお子さまを対象として、相模原市南区の相模大野駅近くで

未就園・未就学児(児童発達支援)小・中・高校生放課後等デイサービス)「個別療育」と「小集団療育」を行っております。

 

さて、「きらり」相模大野校では、まだまだ未就園児、未就学児を大募集しております!!!
※1歳半からのお子様の利用が可能です。

 

今回は、「きらり」相模大野校の療育の特色について、ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

「発語がない」「語彙が少ない」「切り替えが苦手」「一斉指示が聞けない」「就学までに何をやればいいかわからない」など、

お子様の発達や子育てに関するお悩み、すべて「きらり」相模大野校で解決します!

 

 

【「きらり」相模大野校の特色=お子様の「将来」を見通した療育

今は「人生100年時代」と言われていますが、人生を仮に「80年」と考えたとき、園や学校で過ごす時間は「約20年間」であり、

残りの約60年は「社会に出て過ごす時間」になり、人生の中で見ると、人は圧倒的に社会に出て働く時間の方が長いということになります。

 

そのため、子どもが社会に出た時、きちんと生活できる基盤を「約20年間」のうちに作る役割が大人にはあり、その子が社会で生き抜くための「人間力」をつけなければいけないのです。

だからこそ、「今」この瞬間の学び子どもにとって、とても大切なものです。

「きらり」相模大野校では、将来社会で生きていく力をつけるために、将来を見据えた療育「今」から行うことを大切にしています。

 

 

【社会に出るために必要な3つの力】

 

①毎日休まず通う

当たり前のことですが、社会に出たら「朝、起きれなかったから休んでしまおう…」「行きたくないから休んでしまおう…」というのは通用しません。

そのため、今のうちから、毎日幼稚園、保育園に通う、毎週療育に通うという習慣をつけておく必要があります。

「きらり」相模大野校では、それぞれのお子様、ご家庭に合わせて、朝晩の身支度の手順表などを作り、ご家庭で活用いただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のルーティンを構造化することによって、子どもは手順表を見て、自主的に自分から行動することができます。

「無意識」の生活の中に、「意識=手順表を見る」を取り込み、それを毎日継続させていくことが、自立へとつながっていくのです。

 

➁人の指示を聞いて行動する

社会に出たら、どの職業にも共通して責任者の指示を聞いて行動」しなければなりません。

「この人は嫌いだから、言うことを聞かなくてもいいか…」という自分本位な考え方は通用しませんよね。

そのため、「きらり」相模大野校では、毎回の支援内容を構造化し、指導員の指示に従って行動できるようにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

③他者とのコミュニケーション

社会に出たら、必ず「会社」という組織の中で「チーム」として対応する力が求められます。

そのため、他者と一緒に仕事をするには「コミュニケーション能力の高さ」が必要不可欠となります。

 

「きらり」相模大野校では、個別療育だけでなく、小集団療育を通じて、子どもたち同士で話し合って、チームに分かれて活動を進めていくこともあります。

その際、チームに分かれて活動する際のルールを文字や絵、記号などを使って事前に視覚提示していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【社会生活に結びつく支援教材の紹介】

①手先のトレーニング

「せんたくばさみ」「ひもむすび」「ようふくたたみ」「おはし」など、

手先の巧緻性を高めることで、就学に向けて、子どもが「自分でできること」を増やしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

➁決まりごとの視覚提示

例えば、切り替えが苦手なお子様に対して、口頭指示だけでは子どもにこちらの意図が上手く伝わらないことがあります。

そのため、個別、集団問わず、どちらも活動の決まりごとを事前に視覚提示しておくことが有効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

③ソーシャルスキルスキルトレーニング(SST)

すごろくゲームを通じて、いろいろな質問に指導員と子どもで交互に答えていきます。

就学に向けて、多様なジャンルの角度からの質問に、答えらえるようになることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

お子様は、就学まで「あと何年」ありますか。

人生80年の中、園や学校で過ごす「20年」のうち、お子様には、「あと何年」あるでしょうか。

支援の枠に限りがありますので、詳細が気になる方は、お早めに「きらり」相模大野校まで、お問い合わせください。

text_otoiawase

 

 

 

【※↑↑↑お問い合わせフォームはこちらをクリック】

TEL:042-851-6260

【※↑↑↑お電話はこちらをクリック】

※なお、小学生以上は現在満員のため、現在お問い合わせを一時休止させていただいております。ご了承ください。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【相模大野校 空き情報です】

~ 相模大野校の療育にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください ~

☆未就学児(児童発達支援)の空き状況(2021年7月10日現在)

 ◎→2人以上空いています   

    〇→残り1人です

 ●→奇数週→個別療育、偶数週→小集団療育(若干名)     

    ×→あきがない状態です

 
 
10:00  × ×  ×  ×  × 
11:00  ×  ◎ × 
12:00 ×   ×  × × 
13:00  ◎  ◎  〇  ◎  ×
14:00  〇  〇   〇  ◎ ×
15:00  ×  ×  〇  〇  ×
16:00  ×  ×  × ×   ×
17:00  ×  ×  ×  ×  ×
18:00  ×  ×  ×  ×  ×

☆月曜は通常お休みですが、月一回「月曜営業日」があります。月曜営業日の「小集団療育」が人気です。ぜひご参加ください。

枠には限りがございますので、お早めにお問い合わせください。

 

text_otoiawase

 

 

 

【※↑↑↑お問い合わせフォームはこちらをクリック】

TEL:042-851-6260

【※↑↑↑お電話はこちらをクリック】

※なお、小学生以上は現在満員のため、現在お問い合わせを一時休止させていただいております。ご了承ください。

 

◇工作の作品紹介◇

〇7月の小集団療育で作った「夏の花火とすいか」です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花火は、トイレットペーパーを使い、三色の絵具で表現しました。

スイカは、赤と緑の色画用紙の上に「透明なプチプチ」を貼り、それを黒く塗り、「すいかの種」に見てて表現しました。

 

きらり」相模大野校の職員一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こどもサポート教室「きらり」相模大野校

神奈川県相模原市南区相模大野7-23-5ラ・フォンテーヌ202号室

TEL/FAX 042-851-6260

E‐mail sagamiohno@kurazemi.co.jp

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00

「きらり」相模大野校までのアクセス】

小田急線相模大野駅南口から徒歩約8分

IMG_0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きらり」相模大野校では、利用者様にご利用いだだく駐輪場を設置しておりますので、自転車でお越しになる際はご利用ください。

※なお、大変申し訳ございませんが、相模大野校では専用の駐車場の利用契約は行っておりません。

お車でお越しの方は、周辺のコインパーキングをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

自閉症、自閉症スペクトラム、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害、ASD、注意欠陥多動性障害、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、学習障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、コミュニケーション、言語障害、学習障害、通級、情緒級、精神遅滞、MR、グレーゾーン、相模原南区、療育、小田急線相模大野駅南口、相模原市南区相模大野、ビジョントレーニング(VT)、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、児童発達支援(児発)、放課後等デイサービス(放デイ)、個別療育、小集団療育、就学準備、就学相談、就学移行支援

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top