児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 高田校

書初め【横浜 高田校】

みなさま、こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」高田校です。

 

暦の上では、もうすぐ春になりますが、

まだまだ寒い日が続いていますね。

子どもたちは、ひんやりした冷たい風に鼻や頬を赤らめながら、

元気に通ってくれています。

雪

新年が明けてから、筆ペンで書初めをおこないました。

 

書初め1

 

 

高学年は四字熟語を書くことにチャレンジしました。

「どういう意味なの?」と先生に聞きながら、

自分にぴったりのことばを力強く書き上げました。

 

低学年や年長さんの書き初めは、

大きくなったらなりたいもの、やってみたいこと、

好きなことばと、その子らしさいっぱいの作品が並びます。

 

どの作品も、

一生懸命に書いたこと、込められた思いがよく伝わってきて、

胸を打たれます。

 

きらりではいつも、

「その子らしさ」を大切にしていけたらと思います。

 

学習のなかでは、

表現をすることに加えて、イメージをするということも

大切にしています。

 

お子さんによっては、イメージをするということは

難しいことも少なくありませんが、

丁寧に丁寧にやりとりをしながら一緒に考えていきます。

 

映像化してから考えると、

国語の読解や算数の文章題もとてもスムーズです!

 

絵

絵2

絵に合った日記を書こうという課題に

継続して取り組んでいるお子さんもいます。

はじめは何を書いたら良いのかわからなかったお子さんも、

気付けば呼吸をするようにことばを引き出せるようになっています。

 

絵3 絵4

 

イメージをする練習を繰り返すことで、

場面や状況を理解する、相手の立場に立って考えるために必要な力

(客観性や他者性)を高めることにも繋がります。

 

心や思考、ことば、発想が豊かであることは、とても魅力的です。

お子さんの課題ばかりに目を向けてしまうことなく、

全体的な発達にじっくりと向き合っていくことが大切ですね。

 

 

—————————————————————-

「きらり」高田校では、

いつも“その子らしさ”を大切にしながら、

「個別の療育」をさせて頂いています。

 

個別の療育にご興味を持たれた方は、

ぜひこちらもご覧ください。

↓  ↓  ↓

療育って何だろう?(発達障がいでお悩みの方へ)

 

無料の療育体験をしていただくことも可能ですので、

ぜひお気軽にお問合せください。 

☆受け入れ対象年齢は1.5歳~高校3年生までになります。

電話・FAX:045-642-5370

E-mail:kirari.takata@kurazemi.co.jp

 

 

 

 

 

 

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

【空き情報】

平日の児童発達支援に若干の空きがあります。

 

———————————————————-

こどもサポート教室「きらり」高田校 

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東4-5-2

グリーン・メゾン101号室

 

MAP

最寄りのバス停は「高田住宅前」です。

駐車場も二台分ご用意!!  

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top