児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 大沼校

ことばや文字につながる支援【相模原 大沼校】

みなさん、こんにちは!

 

いつもブログを見て頂きありがとうございます。

 

 

相模原市南区個別療育を行っている

 

こどもサポート教室「きらり」大沼校です

 

 

 

 

暑かった夏も終わり、道端には「どんぐり」が落ち、

 

秋を感じる今日このごろとなりましたね!

 

 

 

「きらり」でも、幼稚園や保育園、小学校での話題が子どもたちの口から

 

聞かれるようになり、新しい生活スタイルの中で

 

日常を取り戻しつつあると感じています。

 

 

 

今回は、「きらり」での児童発達支援の中でのお子様の様子をお伝えます。

 

 

 

【絵本を使って】

 01

 

「きらり」では、子どもの発達段階や好みに応じて、

 

毎回「絵本」を見て、楽しんでいます!

 

文字が読める子とは、1字1字読んでいくことから始め、

 

それを単語として認識できるような関わりを、

 

 

まだ文字に興味を示さない子には、

 

挿絵を見ながら「これ、な~に?」の質問をしていくことで、

 

「ことば(語彙【ごい】)」の力を伸ばす活動をしています。

 

 

アンパンマンが好きな子へは、

「ドキンちゃんどこにいる?」とか

 

恐竜の好きな子とは図鑑を一緒に見ながら、

「このたまごもうすぐで産まれそうだね」

「この恐竜の骨すごいね」などと。

 

 

少しずつ文字を指でなぞりながら読んでいくことで、

 

「ここに何か書いてある!」

 

と気づきを促し文字への興味へとつなげています。

 

 

 

【形を認識する力】

  02

 

文字を理解するには、

 

「文字の形を認識すること」(例えば、「ぬ」と「め」、「り」と「い」の違いなど)が必要不可欠な力となります。

 

「きらり」では「タングラム(木のパズル)」や「パズル」などを使って形の認識を学んでいます。

 

子どもたちは、試行錯誤しながら何度も挑戦し、回を重ねる中で「できた!」

 

指導員と一緒に実感しています。

 

 

初回支援の時には4ピースのパズルも絵を見てつなぐことが難しかったお子様が

 

1年後には20ピースのパズルを自分の力で完成させることが出来るようになったことは、

 

「子どもの成長」のすごさを感じる瞬間でした!

 

 

 

【目と手を協応させること】

03

文字を書くには、「思ったところに手(指)を動かす力」が必要となってきます。

 

「黄色の魚を釣って!」などと伝えると、子どもたちは黄色の魚に手を伸ばし、

 

そっと竿を下ろして魚を釣っていきます。目を動かして、それに応じて手を動かす。

 

小さい時に、遊びを通して育てていきたい力です。

 

 

04

 

スナップを止める作業も目と手を一緒に動かしながら行う課題です!

 

 

かめさん の目としっぽを合わせて、タイミングよく指を動かす。

 

最初はなかなか上手にできない子が多いのですが、

 

出来上がった かめさん を円にしてお母さんに見せたり、

 

首にレイのようにかけたりすることで、楽しみながら挑戦する子ども姿が見られます。

 

また、この教材を使って「赤の かめさん つないで!」などと色の理解へつなげる支援もしています。

 

 

 

【小集団活動を通して】

05

 

「きらり」では、個別支援を中心に活動を行っていますが、

 

利用時間と子どもの実態に合わせて、意図した小集団での活動を行うこともあります。

 

みんなに合わせてタイミング良くジャンケンをする、

 

ジャンケンで負けても「負け」を受け入れる、

 

順番を守る、ルールに従って行動するなど、

 

集団生活で必要となる力を、経験を通して学んでいきます。

 

 

マイルールになりがちなお子さまでも、

 

交渉しながら納得して取り組めるような声かけをし、

 

折り合いの付け方を一緒に考えています!

 

 

「きらり」では、「楽しい!」「できた!」という経験を積めるような支援を考え、

 

子どもたちと一緒に成長していければいいな、と思っています。

 

 

 

「きらり」大沼校では、「児童発達支援」の

お子様(1歳半~小学校入学前まで)を募集しています。

 

🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁

 こどもサポート教室「きらり」大沼校

 神奈川県相模原市南区若松6-5-25 エクレールK若松町1階

  TEL/FAX 042-705-3005

 E‐mail kirari.ohnuma@kurazemi.co.jp

 営業時間:火~土曜日 10:00~19:00

 ※最寄りのバス亭は「大沼小学校前」です。

 ※事業所の目の前に駐車場2台分完備!!

🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁🍁

【もっと知りたい!「きらり」ってこういうところ!】

・小学校高学年や中高生のご利用者様の中には自力で通う方々もいますが、基本的には親御様と一緒に通ってくる方々が多数です。

・1日1コマ1時間(45分療育、15分保護者様との振り返り)です。長時間の預かりはしておりません。

・45分間の療育中は、保護者様は見学されていても、外出されていてもかまいません。

・「きらり」は1対1の個別療育です。(定期的に小集団(3名~5名)での活動も行いますが、1コマは1時間です)

・児童発達支援(1歳半~小学校入学前)/放課後等デイサービス(小・中・高)

 10時~19時(火曜日~土曜日、休校日/毎月指定された月曜日)※ただし12時~13時は昼休みです。

 ※休校日>小中高等学校の長期休みや開校記念日などのことです※

***********************************

体験,体験会,相談,学習支援,個別,個別療育,個別支援,集団,小集団,支援,1対1,

SST,国語,算数,コミュニケーション,

自閉症,自閉症スペクトラム,ADHD,注意欠陥多動性障害,アスペルガー症候群,ダウン症,

広汎性発達障害,普通級,支援級,個別支援級,知的障害,LD,重複障害学級,ことばの遅れ,

言葉,遅い,遅れ,グレーゾーン,軽度発達障害,就学,就園,幼稚園,保育園,小学校,小学生,中学校,中学生,高校,高校生

***********************************

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top