児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 高田校

春、3月【横浜 高田校】

みなさま、こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」高田校です。

 

暖かい日差しと、霞みのかかった空気に

春の訪れを感じます。

ポカポカの陽気に、気持ちも明るくなりますね。

つくしもぐら

不安と緊張でピリピリしていた高田校の受験生たちは、

みんな無事に合格することができました!

晴れ晴れとした表情が、とても眩しいです。

合格発表

中学生には、受験を終えて支援の中でもゆっくりと話しながら

自分自身の振り返りをしてもらいました。

 

自分自身を見つめ直すこと、

自分のことばで自身の気持ちや成長を語ること。

それは、ぐっと前を向いてたくましく生きていく力へと

繋がっていくのだと感じます。

 

じっくりと振り返りをしてくれた、

中学生の男の子の素直なことばをご紹介します!

 

                           

 

Q.受験の不安や緊張は、いつ頃どのくらい感じていましたか?

A.不安や緊張は、秋くらいから、月がたつにつれて大きく

 なっていった。きらりに来ることは大変だったけど、

 学習のリズムを作ることができていたと思う。

 

Q.受験を通して自分の成長をどのように捉えていますか?

A. 早寝ができなかったので、睡魔に負けない体になった。

  やる気がいつもより出るようになった。

  空気にある水蒸気量の問題に強くなった。

  大変でも、あきらめない心持ちになった。

  いらいらしても、心を落ち着けるようになった。

 

Q.後輩へのメッセージは?

A.気楽にいけ!

アンケート

                            

 

自分自身のイライラと向き合うこと、

集中する時間をつくっていくことは大変だったと思います。

 

彼がいつも自分に言い聞かせていたことばは、

「自分は何でもすぐにできるわけではない。

 でも、人の何倍も頑張れば人並みにできることもある!」

でした。

 

自分で認められるくらい頑張れることこそ、

大人になっていくなかで大切なことかもしれません。

 

苦手なことや、できないこともあるなかで、

「一生懸命さ」は大きな力となります。

周りの人の気持ちを動かし、手を貸してもらえることも多くなります。

 

支援を通して、

上手くできないことがあっても、

ひたむきに頑張る姿勢や強くたくましい気持ちを

大切に育んでいけたらと思います。

ガッツポーズ男ガッツポーズ女

 

 

————————————————-

「きらり」高田校では、

いつも“その子らしさ”を大切にしながら、

「個別の療育」をさせて頂いています。

 

個別の療育にご興味を持たれた方は、

ぜひこちらもご覧ください。

↓  ↓  ↓

療育って何だろう?(発達障がいでお悩みの方へ)

 

無料の療育体験をしていただくことも可能ですので、

ぜひお気軽にお問合せください。 

☆受け入れ対象年齢は1.5歳~高校3年生までになります。

電話・FAX:045-642-5370

E-mail:kirari.takata@kurazemi.co.jp

 

 

 

 

 

 

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

【空き情報】

平日の児童発達支援に若干の空きがあります。

 

———————————————————-

こどもサポート教室「きらり」高田校 

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東4-5-2

グリーン・メゾン101号室

 

MAP

最寄りのバス停は「高田住宅前」です

駐車場も二台分ご用意!!

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top