児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

埼玉 新河岸校

支援教材のご紹介( *´艸`)

こんにちは(*^▽^*)

こどもサポート教室「きらり」新河岸校です。♪

 

 

新年度を迎え、お子様方も、ご家庭、園や学校での新しい生活環境も、

だいぶ慣れてこられましたか?

 

 

今日は新河岸校で大活躍の教材をご紹介したいと思います。

 

 

その名も・・・

 

 

じつは・・・

 

 

サイコロ!!

 

 

IMG_3589

 

 

 

コロコロ転がるサイコロです。

 

かの古代ローマの英雄、カエサルが残した名台詞。

「賽は投げられた」

あのサイコロです。

 

「なーんだ、サイコロか」(# ゚Д゚)

 

 

と、思われる方もかなりの方が感じたかと思いますが・・・(>_<)

指導員の支援ツールでは強力な助っ人なのであります。

 

 

・転がす

物を転がす微細運動を目的に、主に幼児さんらに「転がす」の意味、手から放たれる「加減」を知ってもらう際に用います。

最初は投げちゃうお子さんもいますが・・・。

 

 

・数字の認識

1~6まである数字の形を、視覚からインプットしやすい教材の一つでもあります。

向きによってお子様からは数字が逆さになって見える場合もあります。

正しい数字の形はどれか、クイズにして学んでもらうこともあります。

これに「双六」などの要素も加えると、コマを進める回数(=数の概念)とあわせられます。

 

 

・四角、立体の理解

プリントを使って紙面に描く三角や四角を学習する際、立体的な実物を確認することで、お子様の理解がより深まりやすくなります。

 

 

・・・と、あくまで一例ではありますが、

サイコロ一つとっても、用い方によっては支援に色んなバリエーションをつけることが出来ます。

 

 

これからも工夫しながら、いろいろ活用できればなあと、

新河岸校では考えています。

 

 

事業所のご見学や無料個別体験も、随時募集中です。

気になる方はお気軽にご連絡ください。

川越市、ふじみ野市、富士見市他近隣地区

体験、体験会、相談、学習支援、個別、個別療育、

個別支援、集団、小集団、支援、1対1、

SST、国語、算数、コミュニケーション

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、注意欠陥多動性障害、

アスペルガー症候群、ダウン症、

広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級

知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、

言葉、遅い、遅れ、グレーゾーン、軽度発達障害、

就学、就園、幼稚園、小学校、

小学生、中学校、中学生、高校、高校生

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

こどもサポート教室「きらり」新河岸校

住所:埼玉県川越市砂新田4丁目11-1 スプレンダーズ店舗101

受付時間:火~土曜日 10時~19時まで

☎/049-293-4379

メール:kirari.shingashi@kurazemi.co.jp

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top