児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

神奈川 平塚校

支援の構造化~学習支援市民団体の方々とのお話~【神奈川 平塚校】

こんにちは 🙂 

2021年3月1日に未就学児(児童発達支援)放課後ディサービス等(小・中・高校生)個別療育の事業所としてオープンいたしました。

こどもサポート教室「きらり」平塚校です。

 

今回は、 3月15日(月)に平塚市で活動されている「須賀の寺子屋」の学習支援員の皆さんとzoomでお話をさせていただいた様子をお伝えさせていただきます。「須賀の寺子屋」さんは、平塚市で小・中学生への学習指導を目的としたボランティア団体です。

きらりの支援内容について関心をもっていただき、ご依頼を受け、「子どもの発達障がいを理解する~日ごろの支援の様子より~」をテーマに、ミニ講演会を開催させていただきました。須賀の寺子屋の支援員さん10名、きらりの職員3名、計13名出席で、それぞれ自己紹介をして始めました。

 

スクリーンショット (10)

きらりの会社説明をさせていただいたあとは、お子様の困り感について、その特性理解についてもお話をしました。

 

 「勉強がわからない」という「一次的な問題(障がい)」が、自己肯定感の低下を引き起こし、周囲のものが正しく特性への理解をし、適切な環境設定が整えられなければ、「二次的な問題(障がい)」を引き起こしてしまうことがあるといいます。

 

Screenshot (2021_04_05 21_50_31)

 

特性を理解し、環境調整することで「生きやすい環境作り」を整えるのが、私たちの役割であると考えます。

 

 スクリーンショット (12)

 

 「環境を整える」というのは、「視力に考慮し、見えにくい人がめがねを使い、黒板の字を見えやすく環境を整える」のと同じようなもの。

それぞれのお子様の困り感に寄り添い、合理的配慮を進めることは、大切なことだと考えます。

 

 スクリーンショット (13)

 

  平塚校では・・「5つの構造化」に留意し、困り感をもつお子様の環境を整えられるよう心がけています。

 

 ①「物理的構造化」:教室内の整理整頓。必要のないものは机の上に出さず、掲示物にも注意しています。気が散ってしまうのを防ぐため、目の前にあるものを整理した環境作りを行っています。

 PXL_20210311_004358385

 

②「時間の構造化」:一目でわかる「プログラム表」を使用します。見通しを持たせるため、「今は何をしているか?」「どこで終わるのか?」を〇をつける等しながら、進めます。

 PXL_20210130_015217745

 

③「活動の構造化」:活動の明確化、わかりやすいプリント作りを行います。

 スクリーンショット (2)

 

プリント・学習に対しての拒否感をなくすために、個々に応じた課題を準備し、成功体験を積み自己肯定感が高まる教材を提示します。

 

「やってもできないからやりたくない」→「やろうと思わなかったけど、できそう」→「あれ?できちゃった」→「勉強、できるかも」→「次もやってみようかな」→「自信をつけ、自己肯定感を高める」

となっていくよう、環境を整え、支援したいと考えています。

 

「まずは、学習に向かう気持ちの芽生えを」大切にし、気持ちが芽生えてきたら、個々にそれを大きく育てていけるようにしていきたいと考えています。

 

●きらりで使用している手作り教材について、いくつかお見せしました。

● バックナンバー:【平塚校どんなところかな】←こちらもご覧ください

 

 

④「指導環境の構造化」:指導員によって内容が違うとなると混乱してしまうお子様がいらっしゃるので、スタッフ内で情報を共有し、「チームとしての対応の一貫性」を目指すようにしています。

 

⑤「言語環境の構造化」:抽象的ではなく、個々に応じ、わかりやすい言葉で指示し、話します。

 

 

 ◇最後に・・

参加者の方々より、感想をいただいた後に、「これからも、こどもたちの困り感に寄り添い、使命感をもち、お互い支援していきましょう」とお話しし、会を終えました。

今回、お話をさせていただくことで、私たち「きらり」の職員も再度自分たちの支援について振り返る機会を与えていただきました。ありがとうございました。

 

 

◇「須賀の寺子屋」さんより感想を送っていただきました。(一部抜粋)

  ・日ごろの指導に参考になる点が多く、必須の知識であると思った。

 ・ 練習問題を加工して、色別にしたり、問題の量を減らしたりの工夫や、やる気を出させて学習に向かう芽生えを作ることは参考になった。

 ・短い時間でしっかり基本を押さえ、5つの構造化について具体的に説明があり大変満足です。

 ・学習支援の方々との繋がりができた。生徒さん達への愛情が交流の中で感じられた。

 

 「須賀の寺子屋」さんのFacebookにて、今回のミニ講演会の件や、「きらり」HPもご紹介いただきました。

ありがとうございました。

 

  

★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 

 無料体験実施中!ぜひいらしてください!

【お問い合わせフォーム】  ←こちらをクリック♪

kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp ←こちらからでもOKです

 

お子様、保護者様の「困り感」 を共有し、オーダーメイドの個別支援計画を作成、療育を実施させていただきます。

 

神奈川県のHP】幼児教育・保育の無償化←こちらをクリック

(※児童発達支援等の利用も無償化になっております)

※詳しくはお住いの自治体にお尋ねください。

★★★★★★★★★★ ★★★★★

 【平塚校の空き状況】(2021.4.6現在)

 

まだまだたくさんあいています!お問い合わせはお早めに!

→2人以上あいています

→あと1人です

×→申し訳ありません。あいておりません。

→未就学児の支援のみ2名以上あいています。

→未就学児(児童発達支援)の小集団も行います。

  2名以上あいています。

   
10時  
11時  
12時  
13時  
14時  
15時   ×
16時   × ×
17時   ×
18時   ×

 ※日・月曜日はお休みになっております。

月曜日は、月に1度程度営業日があります。

4月は19日(月)が月曜営業日です。小集団イベント等を行います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
  まずはお気軽にお電話・メールにてお問合せ下さい。

資料請求・見学・体験も随時受け付けております。

わからないことは、お気軽にご質問ください。

  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

TEL /FAX  0463-26-3320  お電話はこちらをクリック  

メール【お問い合わせフォーム】こちらをクリック♪

 メール kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp こちらからでもOKです

 

  こどもサポート教室「きらり」平塚校 職員一同、

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★バックナンバー

2021/03/02【平塚校オープン!個別療育利用者大募集】←こちらもご覧ください 

 

 2021/03/18【個別療育「きらり」平塚校どんなところかな?】←こちらもご覧ください

 

2021/0403【鉛筆を正しく握るために~微細運動の教材紹介~】←こちらもご覧ください

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

こどもサポート教室「きらり」平塚校

神奈川県平塚市宮の前3-7 リブレ平塚宮の前204号室

TEL/FAX   0463-26-3320

kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp

「きらり」平塚校 地図 (←Googleマップの地図で見られます)

 スクリーンショット (5)

自症、自閉症スペクトラム、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害、ASD、注意欠陥多動性障害、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、学習障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、コミュニケーション、言語障害、学習障害、通級、情緒級、精神遅滞、MR、グレーゾーン、平塚市、大磯町、二宮町、茅ケ崎市、伊勢原市、秦野市、藤沢市、寒川町、厚木市、療育、東海道線平塚駅北口、ビジョントレーニング(VT)、ソーシャルスキル閉トレーニング(SST)、児童発達支援(児発)、放課後等デイサービス(放デイ)、個別療育、小集団療育、就学準備 、学習支援、須賀の寺子屋、発達障害、感情のコントロール、アンガーマネジメント、子育て相談、子育て支援センター

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top