児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 センター南校

就学に向けて【横浜 センター南】

こんにちは!「きらり」センター南校です。

 

 

年度末に向けて、教室もバタバタし始めました。

 

 

そして年長さんは就学準備の時期です。

 

 

ところで、就学準備って何をすればいいんでしょう?

 

 

毎年、就学関連でお困り、お悩みの方がいらっしゃいます。

 

 

そこで、今日は就学準備のお話を少ししようと思います。

 

 

“一般級か支援級か

 

まず、就学に向けて決めなければいけない事は、一般級に通わせるか支援級に通わせるかという事です。

 

 

これは、親御様だけで決めるものではなく、特別支援教育総合センターなどで相談して決める事も多いのですが

 

 

どっちにすればいいですか?

 

 

とご相談を受ける事も少なくありません。

 

 

こればかりはお子様の様子にもよるので本当に一概には言えません・・・

 

 

そういった場合は「成功体験>失敗体験になる方を選んでください」とお伝えしています。

 

 

失敗体験を重ねると、学校に行きたがらなくなるだけではなく、ひどくストレスを抱えて攻撃的になる事もあります。

 

 

こうなると、元の状態に戻るのに半年以上時間がかかります。

 

 

例えば、とても頭はいいけれども、緊張しやすく家庭以外の環境が苦手といったお子様は支援級といった判断もあり得ます。

 

 

逆に、お勉強についていけるか分からないけれども、細かな事は気にせず元気に他の子と遊べるようなお子様が一般級という選択も十分にあり得ます。

 

 

そういった事をトータルで判断するといいと思います。

 

 

また、一般級⇒支援級、支援級⇒一般級への転級はできますので、一度決めたからといって変えられない事はないので、あまり過敏にならない事が大切です。

 

 

“本人への働きかけ

 

学級の選択をする以外にも、出来る事は沢山あります。

 

 

センター南校に通ってらっしゃるお子様は、たいていは年長さんになった時から就学を見据えた個別支援計画を作って支援をさせて頂いています。

 

 

そうでない場合は、お子様の様子にもよりますが

 

 

①座っていられる事

 

 

②大人の指示を聞ける事

 

 

③大人に助けを求められる事

 

 

こういった点を順番に伸ばしていきます。

 

 

就学したからといって、何かを自分の力だけで行えなければいけないわけではありません。

 

 

ただ、どうしても幼稚園・保育園より人員は手薄になるので、自分から助けを求める力はとにかく大切に考えています。

 

 

そのためにも、まずは「大人と心地よい関係」を築けるように支援を始めていきます。

 

 

就学準備はこのように、環境(学級)と個(本人)の両方にアプローチしながら行っていきます。

 

 

如何でしたでしょうか。もし、就学について少しでもイメージして頂けたなら幸いです。

 

 

そして、就学に向けてご不安な事がありましたら、いつでもお問い合わせ頂ければと思います。

 

yaruki_aru_school_little_girl

 

 

↓ ↓ ↓ お問い合わせはこちら ↓ ↓ ↓

 

こどもサポート教室きらり「センター南校」

 

住所:神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央46-4 S-Fビル3階

 

電話:045-511-8848

 

メール:centerminami@kurazemi.co.jp

 

 

【こどもサポート教室「きらり」センター南校について】

こどもサポート教室「きらり」センター南校は横浜市都筑区にある児童発達支援事業所です。

児童発達支援とは、発達障害や発達の遅れ、その疑いがあるお子様の発達をサポートする福祉制度の一つです。

「きらり」は横浜に3校あり、どの校舎も個別療育を基本としていますが センター南校は個別療育だけでなく集団療育も行っております。

それだけでなく、発達検査の結果を参考に支援プログラムを組んだり

ABA(応用行動分析)の理論を用いてとことんお子様に寄り添う

まさにオーダーメイドな療育を行っており、横浜市にあるにも関わらず

周辺の市区町村や他県から通って下さる方もいます(2020年1月現在)。

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top