児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 高田校

学習のための支援 【横浜 高田校】

みなさま、こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」高田校です。

 

日差しには夏の名残はありますが、

空が高くなり少しずつ秋らしさを感じるようになりました。

コスモス

子どもたちは新学期が始まり、

夏休みとは違い表情が引き締まってきました。

2学期からは、それぞれの学年で

いよいよ本格的な学習がスタートしますね。

 

高田校での学習支援の柱は、

◇学ぶ力(学習の構えづくり、学びにくさの軽減)

◇ことばの力(やりとり、理解、思考する)

◇自己表現力(自分らしさを知り、表現する)

 

学習を通してこれらにアプローチを行っています。

 

今回は継続的に行っている学習の支援を2つご紹介します。

 

◎視写

書かれた文章を見て、正しく書き写す練習で、

毎回支援のはじめに1文ずつ集中して書いています。

教科書

お子さんによって視写の目的は異なりますが、

継続は大きな力となっています。

 

書くスピードが速くなった子

文字の大きさやバランスが良くなっている子、

単語や意味のまとまりへの着目が上手にできるようになった子、

文章の読み飛ばしが少なくなった子・・・

 

会話の中で話の飛躍が多くなってしまうお子さんも、

「文が終わる」「話が終わる」という感覚を知ることで

話の着地が意識できるようになってきました。

 

 

◎絵本の翻訳

英語の学習のために絵本の翻訳を行っている中学生もいます。

英語

コツコツと決められた問題を行うことは得意なお子さんでしたが、

意味や展開を想像して考えること、

分かる単語を組み合わせて文全体の意味を考えることは、

お子さんの柔軟な思考へと繋がっています。

 

 

学習そのものができるようになるというためだけではなく、

学習を通して何を目指すのか、どんな経験を積み重ねていくのかが

とても大切ですね。

 

————————————————-

「きらり」高田校では、

いつも“その子らしさ”を大切にしながら、

「個別の療育」をさせて頂いています。

 

個別の療育にご興味を持たれた方は、

ぜひこちらもご覧ください。

↓  ↓  ↓

療育って何だろう?(発達障がいでお悩みの方へ)

 

無料の療育体験をしていただくことも可能ですので、

ぜひお気軽にお問合せください。 

☆受け入れ対象年齢は1.5歳~高校3年生までになります。

電話・FAX:045-642-5370

E-mail:kirari.takata@kurazemi.co.jp

 

 

 

 

 

 

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

【空き情報】

平日の児童発達支援に若干の空きがあります。

 

———————————————————-

こどもサポート教室「きらり」高田校 

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東4-5-2

グリーン・メゾン101号室

 

MAP

最寄りのバス停は「高田住宅前」です。

駐車場も二台分ご用意!!  

ひよこ

自閉症 自閉症スペクトラム 広汎性発達障がい アスペルガー グレーゾーン 知的障害ADHD注意欠陥多動性障害 LD 軽度発達障害 KY 空気が読めない 言葉の遅れ 就学・就園 療育センター 発達の遅れ 幼稚園 保育園 普通級 支援級 個別支援級 発達障がい児の勉強 個別学習

障害児の塾

 

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top