児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

千葉 船橋校

夏休み✨小集団 ~その2~【船橋校】

夏休みも折り返しを過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

きらり船橋校です。

 

 

先日、きらり船橋校では夏休みの小集団支援を行いました。

 

 

支援の模様を少しだけ紹介します!

 

 

主な内容はタワーゲーム。

 

 

箱を高く積んでいって、高さを競うゲームですが、今回はチーム戦にしました。

 

 

チーム戦ということで、作戦会議も行いました。

話し合い中の図

 

 

「どうやったら高く積めるんだろう?」と子ども達が中心になって会議をします。

 

 

先生は「今いいこと言ったね~」とはげましたり、

 

 

 

「今はこういう意見が出てたね」と話し合いをしやすくする声掛けをしていました。

 

 

そして会議の後、時間を決めて積んでみます。

 

 

 

Ho_hako2

 

 

 

”作戦会議”の成果が発揮されており、どちらのチームも

 

 

「大きいものから小さいものの順番に積んでいく」「同じ大きさのものを積んでいく」ことが意識されていました。

 

IMG_2810

結果、どちらのチームも1メートル以上積み上げることができていました。

 

 

 

(小学生なのでメートルやセンチを見て、「どちらが大きいかな?」を判断してもらいました!)

 

 

✨今回のハイライト✨

 

 

今回の小集団のテーマは「ソーシャルスキルトレーニング」でした。

 

 

指導員たちは「指導員が勝ったチームのタワーを壊してしまった。計測していれば確実に勝っていたのに。

 

 

だけどわざとじゃない。さて、タワーを壊しちゃった指導員はどうすればいいかな?を考えてもらう」というものを想定していました。

 

 

タワーゲーム3回戦を終えて、こどもから「大人対こどもにしたい!」という提案があり、4回戦目を行いました。

 

 

大人たちはかなり高く積み、子どもたちは負けるのが悔しい・・・・とざわざわした気持ちが伝わってくるような表情。

 

 

 

 

さて、計測…… 子どもたちのタワーを計測し、つづいて大人。 その時!

 

 

計測のメジャーを持っていた指導員が転倒! 高く積まれていたタワーはバラバラに😖

 

 

ショックを受ける指導員。「わざとじゃないのに壊しちゃった😢」と泣いてしまいました。

 

 

別の指導員は「失敗しちゃった先生は仲間に入れたくないな~」 …仲間外れの雰囲気。教室は悲しい空気に包まれます。

 

 

「こんな時、どうしたらいいかな?」と指導員が子どもたちに尋ねます。

 

 

「もう一回やればいい」と教えてくれる子ども。

 

 

誰も「勝ちだ!」と自分たちの勝ちを喜んではいませんでした。

 

 

ある子どもが、泣いている指導員に声をかけました。

 

 

「そんなに落ち込まないでいいんだ」

 

 

その当時のことを、タワーを壊してしまった指導員は「すごくうれしかった」と振り返ります。

 

 

普段の生活でも、わざとではないけれど壊してしまった!なんてこと、あるかもしれません。

 

 

すごく落ち込んでしまうこともあるかもしれないのです。

 

 

今回のように、すごく落ち込んでしまう友達がいるかもしれません。

 

 

そんな時、今日指導員にかけてくれた「そんなに落ち込まないでいいんだ」をと声をかけられるやさしさが

 

 

生きていくうえで非常に大切になってくると考えています。

 

 

小集団支援では、個別支援では見ることのできない一面をたくさん見ることができました。

 

 

またこのような小集団を行うことができたらと考えております。

 

 

これからもよろしくお願い致します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こどもサポート教室「きらり」船橋校

住所:千葉県船橋市高根台1-8-3 織戸ビル203号室

電話:047-407-1765

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

※見学・体験の際は事前にお電話頂けますようお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top