児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

千葉 船橋校

✨小集団療育(年長組)✨【千葉 船橋校】

みなさん、こんにちは。きらり船橋校です。

 

最近は雨の日も多くなってきましたよね。気候の変化などで体調を崩しやすい時期でもありますので、お体に気を付け

 

てお過ごし下さいね。

 

 

さて今回は4月29日に行われた、小集団療育(年長組)について紹介したいと思います。

 

 

内容は①あいさつ ②じこしょうかい ③まちがいさがし ④バランスゲーム ⑤すごろく ⑥あいさつ です。

 

 

あいさつはみんな大きな声で「よろしくおねがいします。」と言うことができました。

 

 

次にじこしょうかい。「じこしょうかいってどんなことをするか知ってるかな?」と聞くとあるお子さんが「なまえを

 

 

いう。」と言ってくれました。1人ずつしっかりと自分の名前を言うことができました。さすが年長さんです。

 

 

さて、いよいよゲーム開始です。いつものまちがいさがしとは少し違います。名付けて“人間まちがいさがし”です。

 

 

みんな普段関わっている指導員の写真を見ます。そしてしばらく待っている間に指導員がどこかを変えてきました。

 

 

「みんなどこがかわったかわかるかな?」と問いかけると「はい!」と言って手を挙げてくれたお子さんがいました。

望月先生4月29日小集団2

 

 

みなさん、どこが変わったかわかるでしょうか?

 

 

答えは、①そでが短くなっている②スリッパをはいていない③ポロシャツをズボンの中に入れているでした。

 

 

次はバランスゲームです。

 

 

みんな手作りの段ボールの板に興味深々です。

4月29日小集団5

最初に指導員がやってみます。

 

 

「えーい!」と玉を投げてしまいました。「あれれ?」またある指導員はグラグラしている板をおさえながら、玉をの

 

 

せていました。「ずるーい!」またある指導員は乗っている玉を取ってしまいました。これには「いけないんだー。」

 

 

など不穏な空気になり、ケンカになりそうです。

 

 

そんな様子を見たあるお子さんが、自ら①とらない②おさえない③なげないと発表してくれ、ルールが出来上がりまし

 

 

た。

 

 

みんなそのルールを守りゲーム開始です。

4月29日小集団6

 

 

バランスが悪い段ボールの板に、1人ずつ順番に「どこにしようかな。」と言いながら置いていきます。「集中!」と

 

 

心の中で言います。

 

 

そして何と、奇跡が起こったのです。みんなで協力して乗せた玉を、1度も崩さず全部乗せることができたのです!

4月29日小集団3

 

その場にいた皆が「やったー!」と大喜びです。達成感を全員で共有することができました。とても感動しました。

 

 

次にすごろくです。こちらも普段の支援で行っているすごろくとは違います。名付けて「人間すごろく」です。

4月29日小集団9

 

 

教室全体に文章のカードを貼り付けます。みんな待っている間にじゃんけんをして順番を決めます。勝った人から1

 

 

番、2番、3番ということに決まりました。

 

 

負けてしまったあるお子さんは、「あーもうだめだ。」ととても落ち込んでいました。「やってみないと分からない

 

 

よ。勝てるかもしれないよ。」と声をかけます。「やるか!」と気持ちが切り替わりました。さあ、ゲーム開始です。

 

 

順番を守りサイコロをふります。出た数の分を進み、止まったところの文章を読みます。

 

 

「〇〇くんにすきないろをきいてみよう」のところで止まったお子さん。しっかりと「好きな色は何ですか?」と聞く

 

 

ことができていました。聞かれたお子さんも自分の好きな色を答えることができました。

 

 

そして、結果です。順番じゃんけんをして3番になったお子さんが、何と最初にゴール。その後はみんな続いてゴール

 

 

しました。

4月29日小集団8

 

 

勝ち負けだけでなく、お友達と関わりながら、ゲーム自体を楽しめたこと。そして何よりも仲間との“絆”が深まった場

 

 

面を見て、私たちはとても感動しました。また、遊びを通して、楽しみを共有できることは集団療育の良いところでも

 

 

ありますよね。

 

 

保護者の方からは、「初めての集団療育でしたが参加することができて良かったです。また機会があれば参加したいで

 

 

す。」とのお言葉を頂きました。

 

 

ぜひまた企画させて頂きますので、その時はよろしくお願い致します。

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top