児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

埼玉 春日部校

勝手にビブリオバトル その2 【埼玉 春日部校】

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

 

 

 

いつも陽気

 

 

 

 

 

 

こどもサポート教室きらり春日部校

 

 

 

 

 

 

指導員のあびこです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は勝手にビブリオバトルの第2回目

 

 

 

 

 

 

 

1/4の奇跡

 

「強者」を救う「弱者」の話

 

著者:山元加津子 柳澤桂子 他 (マキノ出版)

   

 

 

 

 

 

 

を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの「1/4の奇跡」

 

 

 

 

 

少し長くなりますが その意味を抜粋してお伝えしましょう。

 

 

 

 

*****************************************************************************

 

 

昔、アフリカのある村で、マラリアという伝染病が大発生しました。

 

その村は、マラリアの伝染によって絶滅しそうになりますが、

 

なんとか踏みとどまったのです。

 

 

後年、科学者や医師らが、その村が絶滅しなかった原因を詳細に調べた結果、

 

その村には、「鎌状赤血球」という遺伝子を持っている、

 

マラリアにかかりにくい人がいる、ということがわかったのです。

 

 

科学者や医師らは、鎌状赤血球の遺伝子を持つ人たちの、兄弟や家族、

 

その子孫を徹底的に調べた結果、3つのグループにわけることができました。

 

 

マラリアが大発生したとき、鎌状赤血球の遺伝子を持っていない「Aグループ」の

 

人たちは、マラリアにかかって亡くなってしまいました。この人たちは全体の1/4

 

いました。生き残ったのは鎌状赤血球の遺伝子を持っていて障害を持っていない

 

「Bグループ」の人たち(全体の2/4)と、鎌状赤血球の遺伝子を持っていて、

 

その遺伝子が原因で障害を持っている「Cグループ」の人たち(全体の1/4)です。

 

 

この村を救ったのは「Bグループ」と「Cグループ」といえますが、

 

マラリアに強く、障害のない遺伝子を持った「Bグループ」が存在するとき、

 

必ずある一定の割合で、重度の障害を持った「Cグループ」も存在することになる

 

事実があります。つまり、障害を引き受けた、1/4の「Cグループ」がいなければ、

 

健常な「Bグループ」は存在せず、その村は絶滅していたという事になるのです。

 

 

もし、「障害を持った人はいらないんだ」という考えがあったとして、

 

障害のある人を排除していったとき、マラリアに強く、障害のない遺伝子を

 

持った人は、決して生まれてこない。それが遺伝子の進化なのだということでした。

 

 

*****************************************************************************

  

 

 

 

今、この時に、山本加津子さんの言葉を改めて読み直しました。

 

 

 

 

*****************************************************************************

 

 

 

「今、こうして私たちが元気でいられるのは、過去や現在、病気や障害を持ち、

 

 

 

苦しんで生きていくれた人のおかげではないだろうか。

 

 

 

私たち、その子ども、そしてもっと先々の子孫が輝く『いつかいい日』の

 

 

 

ために、いま一生懸命頑張って生きている。

 

 

 

病気や障害がある人たちは、私たちにとってかけがえのない存在なのです。」

 

 

 

***************************************************************************** 

 

 

 

 

 

マラリアの大発生に似た新型コロナウイルスの感染拡大の最中

 

 

 

 

 

相模原市の障害者施設で起きた事件の判決が確定しました。

 

 

 

 

 

まったくかかわりのないようなふたつの出来事ですが

 

 

 

 

 

私の中では 奇しくもこの「1/4の奇跡」で繋がっています。

 

 

 

 

 

***************************************************************************** 

 

 

 

 

 

「あなたに与えられたかもしれない病気の遺伝子を

 

 

 

たまたま受け取って生まれてきた人がいる」

 

 

 

 

***************************************************************************** 

 

 

 

 

生命科学者で歌人でもある柳澤桂子さんのお話は、次のように続きます。

 

 

 

 

***************************************************************************** 

 

 

 

 

「その人に、できるだけ快適な生活を送れるよう配慮し、尽くすことは

 

 

 

健康に生まれたものの当然のつとめだと思います。」

 

 

 

 

***************************************************************************** 

 

 

 

 

出版は2010年と約10年前の本ですが

 

 

 

 

今、是非とも読んでいただきたい1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今、元気で過ごせているのは

 

 

 

 

あなたの分を引き受けてくれた 誰かのおかげかもしれないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

world_children 

 

 

 

 

 

 

 

 

=======================================

こどもサポート教室「きらり」 春日部校

〒344-0062

春日部市粕壁東2-7-8 ナカヤ第一ビル1-B

TEL/FAX 048-689-3376

営業時間 10:00~19:00(日・月 休み)

=======================================

 

 

20200321_152217

 

 

 

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top