児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

神奈川 平塚校

働くために必要な力は幼少期から身につける【神奈川 平塚】

2021年3月1日に未就学児(児童発達支援)放課後ディサービス等(小・中・高校生)個別療育の事業所としてオープンいたしました。

こどもサポート教室「きらり」平塚校です。

 

★★★★★★★★★★ ★★★★★

 

今日は、昨日行いました「5月保護者懇談会・ミニ講演会」の報告をさせていただきます。

 

 スクリーンショット (13)

 

今回は「はたらくために必要な力って?」をテーマに「ミニ講演会」を行いました。

 4月の講演会同様、プロジェクターでPowerPointの資料を投影して進めました。

 

スクリーンショット (19)

 

「はたらく」と聞くと、「まだ先の話」と考える方も多いと思います。

「パソコンなどの職業スキルをつけることが、はたらくために必要な力」と思われる方が多いかもしれません。

確かに職業スキルも高いこともたいせつですが・・

実は、「幼少期」からの過ごし方が大切というお話をさせていただきました。

 

 f76c83b7c4ed6a0d8a30de6dac62436c

 

「人生80年」と考えたとき、「園や学校での生活」よりも「社会に出てからの生活」の方が長いです。

社会に出る前の生活である「いま」が重要であることをお話ししました。

 

スクリーンショット (14)

 

 

 前職の経験や、資料から・・

現場実習の場面や就労してから、会社や事業所から「問題になること」もお話させていただきました。

 

スクリーンショット (15)

 ★★★★★★★★★★★★★★

 

  

【「仕事面」よりも「生活面」のことが意外に多い 😯 】 

 

 

「実習先のトイレでカギをかけずに入っていた」

 

「トイレをノックしない」

 

「実習先の制服のボタンがかけられない」

 

「顔を洗わない・歯を磨かない」

 

「昼食で自分の食べたものを片づけない」

 

「昼食時、他の人が食べているものを欲しがってしまう」

 

 「あいさつをしない」

 

「わからないのに質問せず、そのまま作業を進めてしまい、製品にならなくなった」

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

 

「はたらくために必要な力」とは、パソコンスキル等、難しいことではなく、「排泄」「身だしなみ」「あいさつ・返事」など、小さなうちからやっていく【基本的生活習慣】を確かにできるようにしていくことが大切です。

 

 スクリーンショット (17)

 

また、「家事労働」は、仕事に直結します。

「できることを増やす」ため、ぜひお家で取り組んでいただきたいとお話させていただきました :-) 

 

  ★★★★★★★★★★★★★★

 

【感想・今後の要望です】

~アンケートご記入ありがとうございました~

 

「就労の話は、まだまだ先だと思っていましたが、今日のお話を伺って先の話ではないことがわかった。今から自分でできることを増やしていきたいです」

 

「小学低学年ですが、具体的なお話を伺えてありがたい。この話を知っているのと知らないとでは全く違う。他の人にも伝えたい」

 

「基本的生活習慣で、できる所とできない所を見つめ直すきっかけになりました」

 

「就労にむけて、今後保護者として取り組んでいかなければならない点や、会社側が求めていることがわかり、よかった」

 

「またこの自立というテーマで講演していただけると助かります」

 

「他の保護者の方と今回のテーマで、先生のご助言を聞きながら話し合ってみたい」

 

ご感想、ご要望、ありがとうございました。今後も保護者の方とお話をする機会を設け、「ご家庭」と「きらり」で「同じ方向を向いて」お子様の成長を見守り、支援していきたいと思います。

 

 ★★★★★★★★★★★★★★

 

【支援体験】

講演会の後は、保護者の方に「きらりの支援を体験」していただきました。

今回は〈SST~コミュニケーション力を高める〉「質問に答えよう(保護者会バージョン)」のゲームに取り組みました。

 

 IMG_6438

 

指導員がカードをひいて、その質問に答えていただきました。

「好きな食べ物は?」「学生時代、夢中になっていたことは?」「お子さまのいいところは?」

普段ではお話できないことも、お聞きできたり、他の方の学生時代に「へえ~!」とあいづちをうったりして、和気あいあいとお話が進みました。

 

 最後は、「絵描き歌 ~おえかき体験~」で、集まれどうぶつの森のキャラクター〈たぬきち〉を描き、指導員が自分の絵に思わず「プッ」と吹き出してしまう場面もあり、笑いがこぼれました。

 

 ★★★★★★★★★★★★★★

 

「きらり」平塚校では、「将来を見据えた支援」ご家庭と協力しながら進めてまいります。

 

 スクリーンショット (21)

 

 〇「一人ひとりの特性・ニーズに合わせたオーダーメイドの個別療育」を提供いたします。

 

〇「個別療育」で力をつけながら、「小集団療育」(2名~5名程度)で広がりを!

 

〇「児童発達支援(未就学児)」「小学低学年」「小学高学年」「中高生」等・・様々な年齢のお子様に合わせたプログラムを用意しております。

 

 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 

  無料体験実施中!ぜひいらしてください!

 

 【お問い合わせフォーム】  ←こちらをクリック♪

 

kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp ←こちらからでもOKです

 

【神奈川県のHP】幼児教育・保育の無償化←こちらをクリック

(※児童発達支援等の利用も無償化になっております)

※詳しくはお住いの自治体にお尋ねください。

 

★★★★★★★★★★ ★★★★★

 

 【平塚校の空き状況】(2021.5.18現在)

 

ご希望の曜日・時間をお知らせください!

お問い合わせはお早めに!

 

💛→「未就学児・小中高校生」2名以上あいております。

→「未就学児・小中高校生」あと1名です。

×→申し訳ありません。あいておりません。

🔶→未就学児の支援のみ2名以上あいています。

🔷→未就学児の方のみ、あと1名です。

→未就学児(児童発達支援)の小集団も行います。

  2名以上あいております。

 

   
10時   🔶 🔶 🔶 🔶 🔷
11時   🔶 🔶 🔶 🔶
12時  
13時   × 💛 🔶 × ×
14時   💛 💛 🔶 💛 ×
15時   💛 💛 × 🔶
16時   × × × 🔶
17時   💛 × × ×
18時   💛 💛 🔶 💛 ×

 

※木曜・土曜は、小・中・高校生(放課後等デイサービス)の募集は現在いたしておりません。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
  まずはお気軽にお電話・メールにてお問合せ下さい。

資料請求・見学・体験も随時受け付けております。

わからないことは、お気軽にご質問ください。

  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

TEL /FAX  0463-26-3320  ←お電話はこちらをクリック  

 

メール【お問い合わせフォーム】←こちらをクリック♪

 

 メール kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp こちらからでもOKです

 

  こどもサポート教室「きらり」平塚校 職員一同、

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★バックナンバー(クリックしてぜひごらんください)

 

2021/05/14【5・6・7・8月の月曜営業日のお知らせ】

 

2021/05/08【利用者募集!空き状況】

 

2021/04/30【母の日プレゼント作り~きらりひろば(小集団療育)~】

 

2021/04/27【はじめての小集団療育】

 

 2021/04/20 【保護者懇談会・ミニ講演会の報告】

 

2021/4/6 【支援の構造化~平塚市民団体の方々とのお話~】

 

 2021/04/03【鉛筆を正しく握るために~微細運動の教材紹介~】

 

 2021/03/18【個別療育「きらり」平塚校 どんなところかな?】

 

 2021/03/02【平塚校オープン!個別療育 利用者 大募集】

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

こどもサポート教室「きらり」平塚校

 

神奈川県平塚市宮の前3-7 リブレ平塚宮の前204号室

 

TEL/FAX   0463-26-3320

 

kirari.hiratsuka@kurazemi.co.jp

 

「きらり」平塚校 地図 (←Googleマップの地図で見られます)

 

藤沢市発達相談、藤沢市療育、藤沢個別療育、平塚 個別療育、辻堂未就学児療育

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top