児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵新城校

伝わるエッセンスとは?【川崎 武蔵新城校】

1DSC_7753

 

皆さま、大変ご無沙汰しております。

やっとソメイヨシノが咲き始めました。

しかし、寒の戻りや雨天で肌寒い日もあり落ち着きませんね。

 

 

さて、前回(1月ですが・・・)の投稿に書かせていただいた「伝わる順序」の中で

発信の力と受信の力が伸びて会話のキャッチボールへ繋がるとのお話しをしました。

 

 

 

その点で保護者様が最も気になる部分はおそらく「受信の力」かと思われます。

 

 

 

一刻も早く相手の言葉や指示がキャッチできる様になってほしい・・・その切実な思いは

私共も痛く共感する部分であります。

 

 

 

では受信の力を体得するコツとは何でしょうか??

 

 

お子様が懸命に発信する言葉を受容(受け止める)して傾聴(耳を傾けて頷く等の返信)する事は

皆様も常日頃がんばって心掛けて実行している事と思います。

 

しかし、それだけでお子様が相手の言葉を聞いたり指示を受け止めたり、はたまたお子様の

しつこい位の発信が止む事は少ないと思われます。

 

 

 

何が足りないのか・・・そのエッセンスこそ「共 感」なのです。

 

 

 

私たちも相手から聞いてもらい受け止めてもらえれば、ある程度のコミュニケーション面に

おいて充足する事はあるでしょう。

 

 

 

しかし、本当に伝わったと言う実感はあるか・・・と、思うと疑問がありませんか?

 

 

 

それは、お子様にとっても同じです。

 

むしろ、言葉やコミュニケーションの経験が少ない子供にとって、受容と傾聴だけでは右から

入って左から抜けている様に感じるのではないでしょうか。

 

 

 

そこで共感の態度を入れてみるとどうでしょう??

「君の伝えたい事はこういう事かな?とても解るよ!!」

「君が怒っている理由はこれかな??その気持ちはよく解るよ、私でも怒るよ!!」

「これが嬉しかったんだね??そんなに喜んでいると私も嬉しいよ!!」

 

 

 

どうでしょうか?

 

大人でも、共感の姿勢や言葉があると伝わった確信や自信が持てませんか??

子供が発信して欲しているエッセンスはこの点にあり、共感を得られる事を重ねて行く事で

伝わった確信や伝える自信が持てるのです。

 

そこが十分に満たされる事により、相手の言葉を受け止めたり指示に対して聞く力が伸びていくのです。

 

 

勿論、日常で多忙を極めるお母様を始めとする保護者様に、全て実践をする事は困難を極めると思います。

もし、1日の会話で1回でも共感の姿勢と言葉をお子様に送る事ができたならば100点満点と思って大丈夫ですよ。

 

 

 

その1回が積み重なる事こそ受信の力への道しるべです。

無理のない1回から共感の言葉をお子様に伝えてあげて下さい。

 

 

 

皆さまがお子様の発達や将来について真剣にお悩みになっている事や心身の疲れを

及ばずながらお察し申し上げます。

 

 

その辛さに対して、この稚拙な長文が少しでも役に立てれば幸いでございます。

ご一読いただき、ありがとうございました。

 

 

 

こどもサポート教室きらり武蔵新城校

〒213-0014 神奈川県川崎市高津区新作6-7-2

マキエレガンス101号室

TEL/FAX 044-920-9011

10:00~19:00(日・月休み)

DSCN0113

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top