児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 星が丘校

一斉指示が通らない?【相模原 星が丘校】

相模原市・八王子市・町田市・大和市・座間市・厚木市のみなさん、こんにちは!!

 

 

相模原市中央区にて

 

 

 明るく・元気・楽しい空間

 

 

個別療育をおこなっている、「きらり」星が丘校です!

いつもブログを見ていただきありがとうございます☆

 

 

今回は、未就学児の保護者様からの声を受けましてお話させて頂きます!!

 

保護者様から「保育園、幼稚園等での一斉指示が通りにくいのですが・・・」というお声を頂きます。

 

なぜ、この「一斉指示」が通りにくいのでしょうか?

 

様々な理由が考えられますが、その中の一つに「感覚統合」が関わっている場合があります。

 

 

「感覚統合」って?・・・聞きなれない言葉ですよね。

簡単にご説明しますと、人は「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」の五感があります。これはよく聞く言葉で、皆さんも毎日感じている感覚だと思います!!

 

この他に、無意識に体の内側に感じる感覚に「固有核」「前庭核」という二感があります。

「固有核」:体の位置や動くときの力加減を行うために使う感覚。

「前庭核」:自分の体のバランスを取ったり、姿勢を保ったり、動くときのスピードを使う感覚。

 

 

この二つの感覚が上手く働かないと、座る・立つ・歩く・走る等の日常動作がスムーズにできません。

 

「感覚統合」とは、「脳内に入って来る上記の様々な感覚の情報を①不必要な情報②必要な情報とに交通整理する脳の働き」ということを指します。

 

この五感と二感の感覚が敏感だったりすると、日常の様々な行動で影響が出てきます。

 

前置きが長くなりましたが、「一斉指示が通りにくい」お子様の場合、「視覚」「聴覚」等が敏感で、いつでも「青信号」が点灯している状態になっている可能性があります。

 

そのため、必要な情報と不必要な情報の交通整理が出来ず、「一斉指示が通りにくい」という結果になるのかもしれません。

 

いかがでしょうか。少し長くなってしまいましたが、このような視点を持ち、お子様の様子を観察して特徴をつかむ一つの参考にして頂ければと思います。

 

 

何かありましたら、お気軽にお声がけください。

 

 

また、児童発達支援や放課後等デイサービスの体験や面談、

 

 

個別での療育や発達に関するご相談の受付も随時行っています。  

 

 

皆様からのお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております

  

 

 

~最後までブログを読んで頂きありがとうございました~    

 

 

  

こどもサポート教室「きらり」星が丘校 

住  所:相模原市中央区千代田2-10-21 TAIRAビル2階 

電話番号:042-707-8753

営業時間:火~土 10時から19時 (日・月休み)

メール:kirari.hoshigaoka@kurazemi.co.jp 

 

自閉症、自閉症スペクトラム、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、グレーゾーン

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top