児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 相模大野校

コロナ渦でも療育を止めない~遠隔(zoom)支援の成果~【相模原 相模大野校】

こどもサポート教室「きらり」相模大野校です。

発達障害をお持ちのお子さまを対象として、相模原市南区の相模大野駅近くで

児童発達支援放課後等デイサービスの個別・小集団の療育を行っています。

 

新型コロナウィルスも感染者が増加し、世間では「第三波到来か」と言われております。

通所で利用される皆様には、ご自宅での検温をしていただき、健康チェックを

お願いいたします。また、できるだけ支援時には、マスクの着用をお願いいたします。

教室においても感染予防対策を徹底し、安心に安全に支援を行ってまいりたいと思います。

引き続きご協力お願いいたします。

 

【相模大野校 遠隔コマ数 第1位  :-)

きらりの支援を楽しみにしてくださっているが、コロナの感染予防のため、

通所ができないという皆さんのために、zoomによる遠隔支援を開始して

早いもので8か月たちました。

 

zoomでの支援の前例もなかったため、はじめは手探りの状態でしたが、

「コロナ渦の中でも支援を止めないためには、どうしたらいいか」

「新しい生活様式としての遠隔支援はどのようにしたらいいか」を

考えながら、指導員一同、模索しながらやってまいりました。

 

そして、このたび、全国の子どもサポート教室「きらり」の校舎の中で、

「相模大野校が遠隔コマ数 第一位!」というお話がありました。

さらには、他校舎の方から「どのように支援を進めてきたか?」

と参考のために伺いたいと職員一同、インタビューを受けることもありました。

 

これからの季節、「従来のインフルエンザ」と「コロナ」との

見分けもつかないとも言われており、コロナの感染者も増加していくのでは?

という話も毎日のニュースで耳にします。

 

今回は、相模大野校で取り組んでいる遠隔(zoom)支援の一例をお知らせしたいと思います。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

★「遠隔(zoom)支援のプログラムの一例」

(放課後デイサービス(小学2年生))

1.あいさつ

  健康観察や、体温を聞いてから、通所の支援と同じように開始のあいさつを行います。

 

2.国語(「漢字の読み・書きプリント」「文章読解のプリント」)

  あらかじめ、利用者のご家庭のPCメールに指導員が教材を送付。

  ご家庭でそれを印刷して、ご準備いただきます。

  指導員と一緒に「文章の音読」をしたり、難しいところがあれば、

  プリントを「画面共有」で映し出し、板書のように書き込みしたりしながら

  一緒に進めてまいります。

 

3.算数(「九九の暗号プリント」「3桁の足し算プリント」)

  利用者のお子様によっては、タイマーで時間を計測し、

  それを励みにプリントに取り組む場合もあります。

   指導員が作成したパワーポイントで、その単元の内容を詳しく

  説明したりする場合もあります。

  プリントが終了したら、「画面共有」で、指導員が答えのプリントを映し出します。

  本人や保護者の方に採点していただきます。

 

4.やってみよう!

  ~プリントが終わったら、「楽しい時間!」~

  ゲームやクイズでクールダウンしながら、様々な力をつけます。

 

 ①間違い探し【目のトレーニング・短期記憶・コミュニケーション】

  画面共有で絵を映し出し、違うところを答えてもらいます。

  通所であれば、「ここが違う!」と答えれば伝えられますが、遠隔の場合は通じないので、

  「○○の色が違う」「雲の形が違う」「左側は口が閉じてるけど、右側は口が開いてる」等

  相手に通じるように話そう」ということが定着してきており、

  コミュニケーション力の向上見られています。

 

 ②SSTすごろく【ソーシャルスキルトレーニング・コミュニケーション】

  指導員の「オリジナルの手書きすごろく」を画面共有し、指導員と交互に

  コマの問いに答えます。

  「春夏秋冬で好きな季節は?」「友だちの家にあがるとき、なんて言う?」

  「友だちの名前を言ってみよう」「好きなアニメのキャラクターは?」

  「誕生日はいつ?」

  など、利用者の方の興味や、ニーズに合わせ、様々な問いを用意しています。

  

  社会のルールを遊びながら学べたり、学校の友だちと共通の話題で会話ができるように

  アニメやキャラクターに対する問いも、多く取り入れています。

 

 ③お絵描き【空間図形のとらえ・目のトレーニング】

  パワーポイント等で絵描き歌を一コマずつ画面共有で映し出し、

  それを見てながら、描いていきます。絵が苦手なお子さんも、

  一コマずつ示していくため、苦手意識を持たずに、描くことができます。

 

  描けた絵は、指導員に画面越しに見せてもらいます。「できた~!」と嬉しそう!

  お母さまに写メを撮っていただき、写メを送ってくださる方も多数いられます。

 

5.今日の感想

  本時の支援を振り返り、「何が楽しかった?」と問うようにしています。

  自分の気持ちを言葉で表現する力を養います。

 

6.あいさつ

  通所時と同じようにあいさつをして支援を終了します。

 

※支援終了後は、保護者の方と「フィードバック」を行います。

 今回の支援についての振り返りをお話するのはもちろん、学校や園での様子についても

 皆さん、お話していただいております。「学校で、このあたりの学習進度だが、

 本人はここが分からないようだ」、「今、友人関係でトラブルがある」等の相談をされることもあります。

 指導員一同、情報を共有し、検討した内容を支援後にLINEやお電話でお伝えする

 といった取り組みも取り入れております。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

とはいえ、従来の通所での支援とは違うため、内容について、

日々検討を重ねている毎日です。

 

「遠隔支援では利用者と物理的距離が離れているため、この教材ではわかりにくい。

遠隔でもわかりやすく取り組める教材はどのようにしたらよいか?」

「遠隔でも楽しく力がつくゲームとは?」

ビジョントレーニングと同時に、コミュニケーション力をつけるための間違い探しとは?」

空間認知力を育てながら、描き方がわかりやすいお絵描きとは?」等・・・

よりよい支援になるよう、指導員一同、教材研究を行っています。

 

そのような中で・・

「きらりの時間が楽しみ!」

「用事で家に帰る時間に間に合わなくても、遠隔支援休まず、車の中でもやる!」

というお子様たちの声・・

 

「学習が定着した」「成績があがった」

「コミュニケーション面が伸び、言葉での表現が家でも増えた」

「毎回、楽しい支援内容を考えてくださり、子どもが楽しみにしています」等の

保護者の方々からの声もたくさんあげていただき、その成果を嬉しく感じております。

 

相模大野校が、日々、遠隔支援を行うことが出来たことも、

利用されている保護者の方々のご自宅での「支援を行うことができる環境設定」へのご協力があり、

お子様たちが集中して支援に取り組む環境を作っていただき、感謝いたしております。

 

現在、「第三波」と言われるコロナ渦であります。

先が見えない不安があるご時世ではありますが、「新しい生活様式」としての

「遠隔支援」を充実したものとなるようにしていく役割があると感じております。

 

今後も皆様にご協力いただきながら、安全に充実した療育を行ってまいりたいと

思います。よろしくお願いいたします。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

11月の児童発達支援(未就学児)の工作の紹介です😊

〇小集団にて・・

 ハンドベルで「どんぐりころころ」をみんなで演奏したあと、

 作りました♪「どんぐり」です(⌒∇⌒)

 はさみ、のりの使い方を練習しました。

KIMG2765

 

 

 

 

 

 

〇小集団にて「みのむし」の紙芝居を見たあと、

 「みのむし」を作りました。

 寝ているみのむしもいます・・表情がかわいらしいです。

IMG_0186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇小集団活動にて、「秋の味覚」の工作をしました。

 新聞をまるめて土台にし、そこにアルミホイルとサランラップを

 巻いて、「さんま」の光る感じを出しました。

 保護者の方に、「大作ですね!」と好評でした。

KIMG2761

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【相模大野校 空き情報】

放課後等デイサービス(小・中・高校生)は、現在、あきのない状態です。

●児童発達支援(未就学児・2歳~4歳)は「火曜14時、15時」

「水曜15時」「木曜11時、14時」「金曜11時、14時」

いくつか【あき】がございます。枠には限りがございます。ぜひ、お早めにお問い合わせください。

「きらり」相模大野校の職員一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こどもサポート教室「きらり」相模大野校

神奈川県相模原市南区相模大野7-23-5ラ・フォンテーヌ202号室

TEL/FAX 042-851-6260

E‐mail sagamiohno@kurazemi.co.jp

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00

「きらり」相模大野校までのアクセス】

小田急線相模大野駅南口から徒歩約8分

IMG_0002

「きらり」相模大野校では、利用者様にご利用いだだく駐輪場を設置しておりますので、自転車でお越しになる際はご利

用ください。

※なお、大変申し訳ございませんが、相模大野校では専用の駐車場の利用契約は行っておりません。

お車でお越しの方は、周辺のコインパーキングをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

自閉症、自閉症スペクトラム、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害、ASD、注意欠陥多動性障害、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、学習障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、コミュニケーション、言語障害、学習障害、通級、情緒級、精神遅滞、MR、グレーゾーン、相模原南区、療育、小田急線相模大野駅南口、相模原市南区相模大野、ビジョントレーニング(VT)、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、児童発達支援(児発)、放課後等デイサービス(放デイ)、個別療育、小集団療育

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top