児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

やる気ってなんなの?【川崎 武蔵小杉校】

みなさんこんにちは! 😊

 

いつもブログをご覧いただいてありがとうございます。

 

川崎市中原区で個別療育を行っています

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校 です。

 

 

 

冬休みも終わり、今年度も残りは少し。

 

このまま一気に駆け抜けよう!

 

 

・・・なんて思っては見たものの、

冬休みの調子が抜けなくて

 yarukinai

『やる気がでなぁ~~~い』

 

なんていうお子さまもチラホラ(;’∀’)

 

 

 

どうすればやる気を出してくれるの?

 

そもそもやる気ってなんなの?

 

 

 

今日はそんなお話です。

 

 

(1)動機づけ

 

 やる気のことを心理学では『動機づけ』と言っています。もしかしたら『モチベーション(motivation)』の方がよく聞くかもしれませんね。動機づけは大きく分けて「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」の2つに分かれると考えられています。

 

 外発的動機づけは外から報酬を与えて動機づけを高めることを言います。つまり、お勉強をしたノートに花マルを付けてもらうことでお勉強の動機づけが高まることは外発的動機づけです。

 

ところが成長するにしたがって、学習することの理由を子ども自身が見つけ、自発的に学習への動機づけを高めることができるようになってきます。これを「内発的動機づけ」といいます。

 

 内発的な要因としての自己決定が自己統制感を高めると言われているため(要は“自分で決めたことにはやる気が起こるということ)、『外発的動機づけをきっかけに、内発的動機づけをいかに高めていくか』が大切になります。

 

 

(2)マズローの欲求階層説

 

 動機づけを引き起こすもので、人の内部にあるものに「欲求」があります。“お腹がすいた”という欲求は食べる行動の動機づけになりますが、「自分を成長させたい」、「これができるようになりたい」という自己実現欲求も行動を起こす動機づけになります。

 

 それらの欲求を段階としてまとめたのが「マズローの欲求階層説」です。

maslow

 

 人の欲求は低次なものが満たされることによって、より高次な欲求が生じてきます。自分を成長させる自己実現欲求は一番高次にあるため、その欲求が生じるようになるためには「食事や睡眠、排泄が十分にでき(生理的欲求)、安全な家や活動場所があり(安全欲求)、自分を愛してくれる家族や友人がいて(所属と愛の欲求)、自分を認めてくれる人がいる(承認欲求)こと」が必要になってくるということになります。

 

 やる気を出させるためにも、お子さんの生活習慣の見直しからやってみてはどうでしょうか?

 

 

(3)生理的覚醒による優勢反応の強化

 

 それでもやる気が出ないときってありますよねぇ・・・。

 

そんなときは1発、大きな声で「喝!」と気合いを入れるのが良い・・・なんてことはありません(-_-;)。

 

むしろ逆効果になることがあります。

 

「生理的覚醒による優勢反応の強化」という心理学用語があります。生理的覚醒とは、ようは気合いを入れることで、優勢反応とはここでは「本当の気持ち」ということができます。つまり、「『やりたくない』ことを頑張ろうと気合いをいれてみると、実は『やりたくない』という本当の気持ちが強くなってしまう」ということです。ね、逆効果でしょ?

 

やりたくなくてもやらなきゃいけないときは、「とりあえず〇〇しよう」と一歩ずつ進めるように促していくことが良いと思います。もちろん、一歩進めた時に褒めることも忘れずに。

 

 

(4)まとめ

 

 さて、長々と書いてしまいましたが、まとめると下のようになります。

 

 

①やる気を出すきっかけはご褒美からでもOK!でも、なぜやらなきゃいけないのかも伝えてわかってもらいましょう。

 

 

②やる気を出すには、安定した生活習慣や安全な場所、認めてくれる家族や友だちがいてくればこそ。生活習慣や対人関係、環境の見直しも大切です。

 

 

③どうしてもやる気が起きないときは、「とりあえず〇〇しよう」と一歩ずつ進めることが大切です。

 

 

 

 

🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍

 

 2月18日月曜営業日となっております。

 振替え・追加利用をご希望の方はスタッフにご連絡ください 😆 

 

🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍

 

 武蔵小杉校では、

 無料の療育体験も随時実施・受付しております。

 ご希望の日時・時間でのご案内等が難しい場合も

 ございますので、お早めにご連絡ください。

 

🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍

 

 こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校

  住所:川崎市中原区新丸子東2-925 オグチビル2階

  営業時間:火~土曜日 10:00~19:00 (日・月曜休み)

  TEL:044-750-9951

  E-mail: kirari.musashikosugi@kurazemi.co.jp

 

  ※ 自転車駐輪場は校舎前に有りますので、通所の際はご利用ください。

  ※ 申し訳ございませんが、当教室専用の駐車場はございません。

   お近くのコインパーキングをご利用いただくか、

   公共交通機関でお越しください。

 

🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍🎍

武蔵新城駅,駅近,新城駅周辺,中原区,高津区,幸区,川崎,大田区,世田谷区,鶴見,横浜,武蔵小杉,
SST,国語,算数,コミュニケーション,自閉症,自閉症スペクトラム,ADHD,注意欠陥多動性障害,アスペルガー症候群,ダウン症,
広汎性発達障害,普通級,支援級,個別支援級,知的障害,LD,重複障害学級,ことばの遅れ,
言葉,遅い,遅れ,グレーゾーン,軽度発達障害,就学,就園,幼稚園,保育園,小学校,小学生,中学校,中学生,高校,高校生

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top