児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵小杉校

ふざけて見えるけど本当は辛い?【川崎 武蔵小杉校】

こんにちは!きらり武蔵小杉校です。

 

 

本日は「おふざけをしてしまう子」

 

 

についてお話していきたいと思います。

 

 

園や学校、ご家庭で「ふざけてしまい怒られても止まらない子」

 

 

っていませんか?

 

 

特に苦手な課題があったり、叱られたりすると

 

 

急におふざけモードになって、ゲラゲラ笑ったり、変なマネをしたり、物を投げて笑ったり・・・

 

 

大人からしたら、大人をからかっているようにいか思えません。

 

 

この子の中では何がどうなっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

“自己コントロールの資源

 

 

大人も子どもも大なり小なり、自分を上手くコントロールしながら生きています。

 

 

子どもの中には、頑張り過ぎたりストレスがかかると

 

 

そのエネルギーが無くなり、分かっていてもふざける事しか出来なくなる子が一定数います。

 

 

大人で言えば「辛い時にカラ元気で頑張ってしまう」「いわゆる笑い上戸」

 

 

要は「ハイになりやすい人」といった感じでしょうか。

 

 

逆に、疲れて起こりやすくなったり、泣きやすくなったり、何も出来なくなってしまう子もいます。

 

 

ただ、そういった子達より勘違いをされやすいのです。

 

 

この状態の子どもを「ふざけている」「大人を馬鹿にしている」を思って叱ると

 

 

子どもは余計コントロールを失い、ずっとふざけ続けます。

 

 

そしてそれが常態化すると、園や学校に行きたがらなくなったり

 

 

大人を敵視するようになったり

 

 

人に迷惑をかける形でふざけ始める事があります。

 

 

そのため「おふざけ」は「疲れた」というメッセージだと受け止め

 

 

一旦静かな場所に移して休憩させるとか

 

 

その日はもうお勉強はさせないなど

 

 

とにかく本人に「自己コントロールの力」を取り戻してもらう事が必要です。

 

 

こういった事をする子に聞くと皆

 

 

「よくわからないけど、いきなりああなる」

 

 

「疲れたら(ああいう状態に)なる」

 

 

「楽しいけど、楽しくない」

 

 

こんな話をしてくれます。

 

 

もちろん、今回お話した事が全ての子に当てはまるわけではないですが

 

 

そういう視点ももっておくと、お互いに気持ちに余裕を持てるので

 

 

もし「普段と様子が違うぞ」と思ったら「疲れてるのかな」と思ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 ↓ ↓ 空き情報とバックナンバーはこちら ↓ ↓

 

11月28日 やる気の正体とは・・・?

 

11月25日 スケジュール表って必要ですか?

 

10月27日 どんな教材を使うかより、どんな使い方をするか

 

9月30日 自分で選ぶ事の大切さ

 

9月21日 褒めて育てるvs褒めたら怒った?!

 

8月29日 出来る事、出来ない事、やらない事

 

8月19日 就学相談のあれこれ

 

7月18日 未就学のお子さまのオンライン支援

 

7月17日 引き続き、療育での成長事例をご紹介します(園や学校との連携)

 

6月30日 スモールステップと成長事例、お見せします✰

 

6月27日 出来た!楽しい!が増えるサイクル

 

5月28日 家庭療育、宿題、どうする??

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

現在、武蔵小杉校では、無料での臨床心理士等による

 

発達相談や無料体験は承っておりますが

 

全ての曜日で定員いっぱいとなっており新規のご契約を受ける事ができません。

 

大変申し訳ございませんが、キャンセル待ちをして頂くか

 

空きが出るまで他校舎のご利用をお願いしております。

 

※近隣の「武蔵新城校」「新城駅前校」には多少の空きがございます。

 

※発達相談や体験の様子はご希望があれば校舎間で共有致しますので

 

武蔵小杉校でも発達相談や体験を受けて頂いても問題ございません。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校

 

住所:川崎市中原区新丸子東2-925 オグチビル2階

 

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00 (日・月曜休み)

 

TEL:044-750-9951

 

Email:kirari.musashikosugi@kurazemi.co.jp

 

※ 自転車駐輪場は校舎前に有りますので、通所の際はご利用ください。

 

※ 申し訳ございませんが、当教室専用の駐車場はございません。

 

 お近くのコインパーキングをご利用いただくか、

 

 公共交通機関でお越しください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校について】

こどもサポート教室「きらり」武蔵小杉校は川崎市中原区にある児童発達支援と放課後等デイサービスの事業所です。

児童発達支援・放課後等デイサービスとは、発達障害や発達の遅れ、その疑いがあるお子様の発達をサポートする福祉制度の一つで

最近では「療育」といわれているサービスです。

対象は未就学(未就園児、幼稚園児、保育園利用など)のお子さまから高校生までで、

「きらり」は川崎地区4に校あり、どの校舎も個別療育を基本とし、お子様に寄り添うオーダーメイドな療育を行っております。

川崎市に限らず、周辺の市区町村や他県から通って下さる方もいらっしゃいます。

川崎エリアには、保育士、教員保持者、臨床心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士など様々な専門資格を持った職員がおり

お子さまと遊びの中で発達を促したり、ABAやTEACCHなどの専門知識に基づいた環境設定や課題設定を行い

お子さまの言語・認知発達を促します。

詳しくは武蔵小杉校、または各校舎にお尋ねください。

武蔵新城駅,駅近,新城駅周辺,中原区,高津区,幸区,川崎,大田区,世田谷区,鶴見,横浜,武蔵小杉,

SST,国語,算数,コミュニケーション,自閉症,自閉症スペクトラム,ADHD,注意欠陥多動性障害,アスペルガー症候群,ダウン症,

広汎性発達障害,普通級,支援級,個別支援級,知的障害,LD,重複障害学級,ことばの遅れ,

言葉,遅い,遅れ,グレーゾーン,軽度発達障害,就学,就園,幼稚園,保育園,小学校,小学生,中学校,中学

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top