児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

横浜 高田校

そろそろ梅雨入り? 【横浜 高田校】

みなさま、こんにちは。

こどもサポート教室「きらり」高田校です。

 

もうすぐ6月

 

高田校の周りでは春の花が終わり、

 

早淵川の土手ではアカツメクサが咲いていたり

アカツメクサ

緑道ではアジサイの花が咲き始めたりと

Photo_20-05-28-13-42-14.456Photo_20-05-28-13-42-12.226

少しずつ季節が変わり梅雨に近づいている感じがします。

 

暑い日も増えていますので、利用者の皆様に飲み物の携帯をお願いしています。

 

 

 

最近のご利用者様の作品を紹介します。

 

 

今回は、ご利用者様と一緒に「マーブリング」を行いました。

 

マーブリングを一緒に行っていく中で交わされる、指導員との会話を通して

 

「相手の意図を理解する」のが狙いです。

 

実際に始めてみると、ご利用者様にとって「初めて」の手順が多いようで

 

戸惑われることもありましたが、指導員も横で手伝いながら

 

最後までやりきることが出来ました。

 

途中、丸く1cm程度に切り抜いた画用紙にクレヨンで色を付けて、

 

マーブリングで使う水を張ったトレーに、クレヨン付きのその画用紙を浮かべる

 

という作業がありました。

 

浮かべたクレヨン紙の淵に水で溶いた絵の具を垂らすと、

 

水面にきれいに絵の具が散っていきます。

 

ご利用者様は指導員を真似て行いましたが、

 

最初はクレヨン紙の真ん中に絵の具を垂らしてしまい、

 

クレヨン紙を水の中に沈めてしまいました。

 

そこで指導員が、

「どうしてクレヨン紙が必要なのか?」

 

「どうしてクレヨン紙の淵の方に絵の具を垂らすのか?」

 

について簡単に説明すると、

 

ご利用者様の「絵の具のクレヨン紙への垂らし方」や「クレヨン紙の扱い」に

 

変化が見られました。

 

クレヨン紙が水の中へ沈む事はなくなり、

 

きれいな模様が水面に浮かび上がるようになってきました。

マーブリング

—————————————————————-

「きらり」高田校では、

いつも“その子らしさ”を大切にしながら、

「個別の療育」をさせて頂いています。

 

個別の療育にご興味を持たれた方は、

ぜひこちらもご覧ください。

↓  ↓  ↓

療育って何だろう?(発達障がいでお悩みの方へ)

 

無料の療育体験をしていただくことも可能ですので、

ぜひお気軽にお問合せください。 

☆受け入れ対象年齢は1.5歳~高校3年生までになります。

電話・FAX:045-642-5370

E-mail:kirari.takata@kurazemi.co.jp

 

 

開校日:火~土曜日:10:00~19:00(日・月休み)

【空き情報】

平日の児童発達支援に空きがありますのでご利用ください。

 

———————————————————-

こどもサポート教室「きらり」高田校 

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東4-5-2

グリーン・メゾン101号室

 

MAP

最寄りのバス停は「高田住宅前」です。

駐車場も二台分ご用意!!  

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top