児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

相模原 相模大野校

お絵描きで伸びる力とは?お子様のお絵描きで悩んでいる方必見!~作品紹介~【相模原 相模大野校】

 

こどもサポート教室「きらり」相模大野校です。

発達障害をお持ちのお子さまを対象として、相模原南区の相模大野駅近くで

児童発達支援放課後等デイサービスの療育を行っています。

 

コロナウイルスや花粉などの影響で、皆さん、体調崩されていませんか。

手洗いやうがいを忘れずに、風邪に負けない体つくりも心がけていきましょう。

 

さて、今回のテーマは、「お絵描きをすることで伸びる力についてです。

お絵描きを通じて、指先のトレーニングで学ぶことはたくさんあります。

 

①【文字の習得につながる】

指先の神経は、脳の神経と直接つながっています。

つまり、指を動かすことで、脳神経が刺激され、脳の発達を促すと言われています。

そのため、お絵かきをたくさん経験したお子さんは文字の習得も早い傾向にあるそうです。

 

②【空間認知力を高める】

全体のバランスを考えて絵を描くことで、空間を立体的に捉えられるようになります

そのため、小学校での算数の図形問題にも苦手意識なく取り組めるようになります。

また、試行錯誤を繰り返しながら、お絵描きをすることで、

一つのことに集中して取り組む姿勢を身につけることができます。

 

③【感性を育む】

「絵を描く」ことは、ある物体を「観察する」ことです。

人は、その過程で視覚、聴覚、触覚など、いろいろな感覚を使います。

たくさんのことに気づき、気を向けることで、色彩感覚だけでなく、人としての感性を高めることになるそうです。

そのため、お絵描きを通じて、お子様の「観察力」や「想像力」、「表現力」を身につけることができます。

 

 

 

【お絵描きをさせる時の重要なポイント!】

お手本(完成図)だけでなく、書き方の手順を示すこと◎

絵を描く時、完成図のお手本のみを提示すると、どの場所から、どのように書けばよいのか悩んでしまうお子様が多いです。

しかし、書き方の手順を示すことで、順番に沿って、自分の力で絵を描くことができるのです。

(例:へのへのもへじ・絵描き歌などなど)

 

 

【きらり相模大野校の作品紹介】

★児童発達支援(未就学児)

IMG_0028 (2)

IMG_0029

 

職員が一人一人のお子様に寄り添い、工夫を凝らした支援で、

お子様の成長や不安を「きらり」で一緒に解決していきませんか?

 

 

現在、児童発達支援放課後等デイサービスともにほとんど空きのない状態になっております。

現在の空き状況や来年度の見込みなど、お気軽にお問い合わせください。

お子様の成長のために他事業所紹介などお力になれることをさせて頂きます。

 

 

ご不明な点がありましたら、「きらり」相模大野校までご連絡ください。

「きらり」相模大野校の職員一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

こどもサポート教室「きらり」相模大野校

神奈川県相模原市南区相模大野7-23-5ラ・フォンテーヌ202号室

TEL/FAX 042-851-6260

E‐mail sagamiohno@kurazemi.co.jp

営業時間:火~土曜日 10:00~19:00

【「きらり」相模大野校までのアクセス】

小田急線相模大野駅南口から徒歩約8分

IMG_0002

 

※「きらり」相模大野校では、利用者様にご利用いだだく駐輪場を設置しておりますので、自転車でお越しになる際はご利用ください。

※なお、大変申し訳ございませんが、相模大野校では専用の駐車場の利用契約は行っておりません。

お車でお越しの方は、周辺のコインパーキングをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

自閉症、自閉症スペクトラム、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害、ASD、注意欠陥多動性障害、ADHD、アスペルガー症候群、ダウン症、広汎性発達障害、普通級、支援級、個別支援級、知的障害、学習障害、LD、重複障害学級、ことばの遅れ、コミュニケーション、言語障害、学習障害、通級、情緒級、精神遅滞、MR、グレーゾーン、相模原南区、療育、小田急線相模大野駅南口、相模原市南区相模大野、ビジョントレーニング(VT)、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、児童発達支援(児発)、放課後等デイサービス(放デイ)、個別療育、小集団療育

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top