児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

関東エリアからのお知らせ

川崎 武蔵新城校

『NEWSきらりん』~今このときをともに過ごすということ~【川崎 武蔵新城校】

 武蔵新城校では、『NEWSきらりん』というニュースを発行しています。

 主に小学生に向けて、手短にわかりやすくニュースを伝えるものです。最近では、元号が令和になるニュースを伝えました。こういう社会のできごとをはじめ、文化、芸術、科学、スポーツ、教育などの分野から、タイムリーなニュースを選ぶようにしています。

 

 『NEWSきらりん』には、文字を読むということ、情報を知るということ、第一にはそういうねらいがあります。そのニュースについて話をする、会話のきっかけにする、というコミュニケーション面のねらいもあります。さらに、世の中のことを知ることに慣れていき、自分から情報を探したり理解したりができるように成長してもらいたいという、少し先を見ての願いもあります。

 

 武蔵新城校の教室で『NEWSきらりん』を読んだ子どもたちからは「えー、そうなんだ。」「知ってる、知ってる。」「テレビでもこのニュースを見たよ。」などの声があがります。「このニュースの○○○のところが大切だと思うんだ。」と自分の考えを話してくれることもありました。

 

 

 このように、今まさに起きているニュースを題材にして、私たち職員は子どもたちとかかわりを持ちます。少しおおげさに言うと『NEWSきらりん』をとおして一つの情報を共有し、「そうなんだ」の驚きや喜び、感嘆などの気持ちを分け合うのです。私たち職員は大人で、この教室を利用されている方たちは子どもですが、今という同じときをともに過ごしている仲間でもあります。その仲間同士が一つのニュースによって気持ちを分かち合えるのは、とても楽しくうれしいことです。こういったかかわりを大切にしたいと、武蔵新城校では考えています。

 

 

 『NEWSきらりん』は武蔵新城校の教室の壁に貼ってありますので、いつでもご覧になれます。また、これまでの『NEWSきらりん』もバックナンバーとして本棚に備えてありますので、あわせてご覧ください。

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top