児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 東苗穂第2校

子どもを伸ばす褒め方3STEP【札幌東苗穂校第2】

 

こんにちは。

 

いつも、クラ・ゼミ札幌東苗穂校第2のブログをご覧いただき、誠に有難うございます。

DC5B72F9-7D32-4A55-A682-53D8DAB1C3F3

 

 

突然ですが、あなたはお子様を

 

・どのような時

 

・どのように

 

褒めていますか?

 

 

 

例えば、お子様がテストで100点をとって来た時、

 

「すごいね。よく頑張ったね。」

 

…とだけ言ってはいませんか?

 

 

もちろんこれが間違いではありませんが、

 

残念ですが、これだけでは60点くらいです。

ブログ画像①

 

まだまだホメホメマスターとは言えません。

 

 

 

 

では、子どもを伸ばす、良い褒め方とは、

 

一体どのようなものなのでしょうか?

ブログ画像②

 

 

実は、子どもを伸ばす褒め方をするには、

 

3つのSTEPが必要なのです。

 

 

 

今回は特別に、その3つのSTEPをご紹介致します。

 

では、参りましょう!

ブログ画像⑤

 

 

 

 

<子どもを伸ばす褒め方3STEPその①>

 

 

まずは、きちんと褒める。

 

 

これは先程の、

 

テストの結果に対して褒めてあげたことに当たります。

 

 

まずは、きっちりと褒めてあげてください。

 

 

しかし、先程も申し上げましたが、

 

これだけだと60点くらいです。

 

 

子どもを伸ばす褒め方には、あと2つのSTEPが必要となります。

 

 

 

 

<子どもを伸ばす褒め方3STEPその②>

 

 

努力の過程を褒める。

 

 

さて、ここからが本題となります。

 

 

先程のテストの例だと、

 

それは、結果だけを褒めたことにしかなりません。

 

 

ですから、その結果に到るまでの道筋も褒めてあげましょう。

 

 

 

例えば、

 

・宿題をきちんと提出していた

 

・言わなくても、毎日コツコツ勉強していた

 

などが挙げられますね。

 

 

何を話してあげられるかは、

 

あなたがどれだけお子様を見ているかにかかっています。

ブログ画像③

 

ですから、普段からしっかりとお子様を見ている必要がありますね。

 

 

 

では、最後です。

 

 

 

 

<子どもを伸ばす褒め方3STEPその③>

 

 

お子様の存在そのものを褒める。

 

 

少し照れくさいかもしれませんが、

 

お子様の存在そのものを賞賛するような褒め方をしましょう。

 

 

 

例えば、

 

・あなたがいてくれていつも助かる

 

・あなたのような子がいてくれて、私は嬉しいよ

 

のような感じです。

 

 

 

しかし、子どもはデリケートなので、

 

大げさになり過ぎるとかえって逆効果になります。

 

 

ですから、さりげなく言うのがポイントです。

 

 

 

 

お伝えすることは以上ですが、今までの3STEPを全て繋げてみましょう。

 

 

 

折角ですので先程の、

 

お子様がテストで100点をとって来た時を例に出します。

 

 

 

 

「わあ、凄いね!そうか、そうだよね。

 

〇〇、なんだかんだで頑張っていたもんね。

 

きちんと勉強していたもんね。

 

〇〇のこういうのを見ていると、私も頑張んなきゃって

 

思うんだ。いつもありがとうね。」

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

ただテストの結果が良かったから褒めるだけなのとは、

 

大きく違いませんか?

 

 

 

しかし、飽くまでこれは一つの例なので、

 

これをそのまま真似しても意味はないかもしれません。

 

 

 

きちんとした褒め方をするには、

 

あなたがどのようにお子様と接しているかがポイントになってきます。

 

 

 

つまり、3つのSTEPをたどる際、

 

あなたらしい言葉で伝えることが重要なのです。

 

 

 

是非、この3つのSTEPをたどれるようにしてくださいね^^

 

 

 

以上、子どもを伸ばす褒め方3STEPでした\(^o^)/

 

 

 

 

 

<アクションプラン>

 

 

とは言ったものの、

 

 

どうしたら3つのSTEPを上手にたどれるか分からない。

 

。。。_| ̄|○。。。_| ̄|○。。。_| ̄|○

 

 

そう感じた方もいらっしゃると思います。

 

 

 

そんな方のために、

 

アクションプランをお伝えします。

 

 

 

ホメホメワークというものです。」

 

 

 

これは、非常に簡単です。

 

 

①ノートを用意してください。

 

②今日の日付を書きます。

 

③1日の中で、自分を含め、人の素晴らしかった行動を3つ書きましょう。

 

 ※同じものはNGです。1回しか書けません。

 

 テンプレート:「〇〇している△△は素晴らしい。」

 

 具体例①:「会社前に落ちているゴミを、拾って捨てた私は素晴らしい。」

 

 具体例②:「トイレ掃除を率先してやる私は素晴らしい。」

 

 

 

ひとまず、自分のことでやると良いと思います。

 

1日を振り返り、3つずつ書いていって下さい。

 

 

これを1ヶ月続けると、

 

自分の素晴らしいところを90個見つけたことになります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

そして慣れたら、

 

お子様に対してやってみてください。

 

 

1ヶ月でお子様の素晴らしいところを90個見つけることが出来ます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

更に、そんなお子様を見ている時あなたはどう感じているか。

 

その素直な気持ちを伝えれば良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回は以上です。

 

是非、やってみてください。

 

一緒にホメホメマスターを目指しましょう\(^o^)/

ブログ画像④

 

 

 

P.S.

 

8月のイベント日程が決まっています。

 

 

8月10日(月)を予定しています。

 

内容の詳細が決まりましたら、またご連絡致します。

 

 

 

 

 

 

 

illust1935

こどもサポート教室「クラ・ゼミ」札幌東苗穂校第2

住所:札幌市東区東苗穂9条2丁目17-37昭輝ビル2階

電話番号:011-791-2075(10時~19時)※日・月除く

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top