児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 東苗穂第2校

賢くなる方法を本邦初公開\(^o^)/【札幌東苗穂校第2】

 

こんにちは。

 

いつも、クラ・ゼミ札幌東苗穂校第2のブログをご覧いただき、誠に有難うございます。

 

 

 

ところであなたは、

 

賢くなる方法ってあると思いますか?

 

 

・・

 

・・・

 

そっ、そんなの

 

 

・・

 

・・・

 

あっ、あるわけ

 

 

・・

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・

 

 

はやく次いって!!(# ゚Д゚)

 

とか思われそうなので、次にいきます。

 

 

 

 

 

はい、ございます<(_ _)>

 

 

 

 

 

というわけで、

 

今回は賢くなる方法をこっそりお伝えします。

 

 

 

と言っても、何をもって賢いというのか、

 

少し分かりずらいですよね。

 

 

ですのでここでは、「賢くなる=記憶力がUPする」

 

ということで定義しておきます。

ブログ②

 

さて、本題に入っていきましょう。

 

 

脳のメカニズムの基本ですが、

 

学習した内容を記憶にとどめるのには、

 

重要なことが大きく分けて3つあります。

ブログ画像

 

今回はその3つをご紹介するのですが、

 

その前に、、、

 

 

 

 

 

<記憶の仕組み>

 

一応、記憶の仕組みについてご紹介致します。

 

 

まず、人が得た情報ですが、

 

その情報は海馬という脳の部位に送られます。

 

 

海馬というのは、「タツノオトシゴ」のことです。

 

コレです、コレ。⇓

タツノオトシゴ

海馬という脳の部位が、

 

タツノオトシゴに似ていることから名付けられました。

 

 

この海馬が、与えられた情報を短期記憶として処理してしまうか、

 

長期記憶として大脳皮質へ送るかを判断します。

 

 

 

つまり、得た情報を長期記憶としてとどめておくには、

 

 

この海馬に、

 

得た情報が重要であることを認めさせなけらばならないのです。

 

 

 

では、どのような情報を、海馬は長期記憶とするのでしょうか?

 

 

 

それは、ズバリ!!

 

 

生きていくのに必要な情報です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

ですので、得た情報を長期記憶として脳に残すには、

 

 

この海馬に、

 

「これは、生きていくのに必要な情報なんだな。」

 

と認めさせなければならないのです。

 

 

 

 

その方法が、

 

今回ご紹介する3つの方法になります。

 

 

 

では、早速参りましょう(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

 

 

 

 

<賢くなる方法その①>

 

 

 

同じことを繰り返すこと。

 

 

まあ、当たり前の話ですね。

 

 

何度も送られてくる情報=生きていくのに大事

 

海馬はそう判断します。

 

 

 

これは当り前のお話なので、なんら新鮮味の無いお話です。

 

 

ですので、興味深い研究結果をご紹介致します。

 

 

 

 

A~Dの複数のグループに分かれ、暗記テストを行いました。

 

どのグループが一番先に全員合格できるかを競い合うものです。

ブログ③

 

以下が、それぞれのグループに与えられた条件です。

 

 

 

Aグループ

 

見直しは全問やり、テストは全問やり直し

 

 

 

Bグループ

 

見直しは間違えたところをやり、テストは全問やり直し

 

 

 

Cグループ

 

見直しは全問やり、テストは間違えた部分をやり直し

 

 

 

Dグループ

 

見直しは間違えたところをやり、テストは間違えた部分をやり直し

 

 

 

 

そして、気になる結果はと言いますと、

 

実は、どのグループもほぼ変わらない早さでした(-_-;)

 

 

 

しかし、この研究が面白いのはこれからで、

 

1週間後に再テストを行うことにしたのです。

 

 

そして、どのグループが一番点数が良かったのかを競い合いました。

 

 

 

その結果は、、、

 

 

 

Aグループ・Bグループ 80点

 

Cグループ・Dグループ 35点 というものでした。

 

 

 

ここで大事なのが共通点です。

 

AグループとBグループの共通点は何でしょうか?

 

 

テストを全問やり直したということです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

つまり、この研究結果から、

 

 

何度も繰り返すことは当然大事。

 

 

そして、

 

知識の入力(インプット)よりも、知識の出力(アウトプット)の方が、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

海馬は重要視することが明らかになりました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ブログ④  ブログ⑤

 

 

 

 

 

<賢くなる方法その②>

 

 

 

シーター波を上手く利用する。

 

 

シーター波とは、

 

ワクワク、ドキドキする時などに出る、

 

脳波の1つです。

ブログ② ブログ①

 

 

これが出ている時、得た情報は長期記憶として残り易くなります。

 

 

知らない場所に行った時や、理科の実験を行っている時など、

 

未知で興味のあることは記憶に残り易いのです。

 

 

 

また、お子様が興味あることをもの凄く覚えているのは、

 

このシーター波の影響です。

 

 

疑問や興味を持ちながら勉強ができる子どもは、

 

もの凄く伸びやすいということになります。

 

 

 

 

<賢くなる方法その③>

 

 

 

感情をはたらかせる。

 

 

海馬の隣には、扁桃体という感情を司る部位が存在します。

 

当然、扁桃体が動いていると、海馬はそれに気付きます。

 

つまり、海馬が刺激されます。

 

 

 

「あ、扁桃体君が動いている。これは重要な情報なんだな。」

 

となるわけです。

 

 

色んな例えがあると思いますが、

 

嫌な思い出は忘れずらいですよね。

 

 

 

例えば、山で採ったキノコを食べたら、

 

それは毒キノコだった。

ブログ⑥

もう、それは悲惨なわけですよ。

 

自分を酷い目に合わせたキノコ、

 

そんなもの、もう目にもしたくありません。

 

 

…というわけで、逆にそのキノコを覚えてしまうんですね。

 

 

 

ちなみに私は、理科の実験の時、

 

アンモニアを直に嗅いだことがあります。

 

 

言葉は悪いかも知れませんが、

 

 

死にました。。。_| ̄|○

 

 

それを、今でも昨日のことのように覚えています。

 

 

 

 

また、勉強内容は忘れるのに、

 

漫画の名シーンなどは忘れませんよね。

ブログ⑦ブログ⑧

それは何故かというと、

 

その漫画を読むことで自分の感情が動き、

 

それが長期記憶として大脳皮質に送られるからです。

 

 

 

良いことであれ、嫌なことであれ、

 

感情が動いた学習や体験は長く覚えているのです。

 

 

 

 

 

<まとめ>

 

では、まとめです。

 

 

賢くなる方法、それは、海馬の特性を上手く使い、

 

長期記憶として残しておく方法でした。

 

 

 

そのポイントは、

 

 

 

①繰り返すこと(出力重視)。

 

②シーター波を上手く利用すること(疑問や興味を持つ)。

 

③感情をはたらかせること。

 

 

この3つです。

 

 

ですから、この3つをベースにした学習方法は、

 

とても効果的なのです。

 

 

これで、良い学習方法というのが大体どんなものなのか、

 

見えてくるのではないでしょうか?

 

 

 

是非、この3つをベースに、

 

上手な学習方法を身につけて下さい^^

 

 

 

 

 

<アクションプラン>

 

とは言ったものの、ご説明しただけでは、

 

どのようにすれば良いのか分からない。

 

 

そのような方は当然いらっしゃると思います。

 

 

 

そこで、それぞれの方法に対し、

 

アクションプランとしてお伝えしておきます。

 

 

 

 

〇方法その①→アウトプット重視を心掛ける。

 

 

具体的には、

 

・今日学んだことを誰かに話す。

 

・教科書や解説を眺めるよりも、その範囲の問題を解く。

 

といった感じですね。

 

 

今日学んだことを誰かに話すというのは、

 

もうメチャクチャ大事です。

 

 

これだけでアウトプットになる上、

 

説明する中で、情報が脳の中で整理されます。

 

 

ちなみに、理解も大事なので、教科書や解説を見るのは意味がない

 

というわけではありません。

 

 

 

 

〇方法その②→正しい姿勢を心掛ける。

 

 

へ!?Σ(゚Д゚)これだけ?

 

と思うかも知れませんが、姿勢はとても重要です。

 

 

 

姿勢が良い=ものごとに食いついている姿勢

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

と脳が認識するからです。

 

 

これだけで、シーター波が出易くなることが

 

研究で分かっています。

 

 

 

 

〇方法その③→嘘でも、感情を使う。

 

 

想像してみてください。

 

 

1167年 平清盛が太政大臣に

 

覚え方:平清盛いいむな(1167)毛。

 

 

僧になったツルツル頭の平清盛。

 

しかし、彼は剛毛だった!?

 

🐣

 

🐣

 

🐣

 

さあ、もうこれで、忘れることがないハズです。

 

 

 

また、フリでも良いから、感情を使おうとしてみましょう。

 

 

 

小さな子どもは、何でもかんでも答えますよね。

 

当たっていたら、「オレって天才!!」なんて言いますよね。

 

 

アメリカ人なんかはクイズで間違っていたとき、

 

「オーーマイガッ!」っと本当に悔しがります。

ブログ画像(悔しい)

↑まあ、ここまでしなくても良いですが…。

 

 

 

実は、これ、学習効果がかなり上がります。

 

 

例えばですが、

 

理科の実験などでもの凄く反応が良い子っていますよね?

 

 

そういう子の方が、実験した内容や操作の仕方を覚えています。

 

これは、感情がはたらき、脳の長期記憶として残るからです。

 

 

 

更に、フリでも良いとご説明したのは、

 

人の行動形態というのは、

 

 

「やる気→行動」という流れではなく、

 

「行動→やる気」という流れであることが分かったからです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

嘘だけに気をとられては当然いけませんが、

 

例えば、微笑みながら授業を受けてみる。

 

 

こうすることで、それが次第に自然となり、

 

授業も楽しく感じ、結果として感情が動く学び方に

 

なるわけです。

 

 

 

ですので、これからは、

 

少しでも良いので、勉強に対して良いリアクションが取れるように

 

することをオススメします。

 

 

 

 

 

さあ、これで海馬の特性が分かりましたね。

 

 

皆で記憶上手になりましょう\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

8月のイベント日程が決まりました\(^o^)/

 

 

8月10日(月)を予定しています。

 

詳しい内容は後日、再びご連絡致します。

 

 

 

 

 

 

illust1935

こどもサポート教室「クラ・ゼミ」札幌東苗穂校第2

住所:札幌市東区東苗穂9条2丁目17-37昭輝ビル2階

電話番号:011-791-2075(10時~19時)※日・月除く

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top