児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 旭ヶ丘校

通常通り開所しています!【札幌旭ケ丘校】

ここをクリックすると見学・体験・資料請求のお申込みができます


 

 

みなさん、こんにちは(^^♪

こどもサポート教室旭ヶ丘校です。

 

新型ウィルスが猛威を振るい、未だ落ち着かない日々が続いています。

皆様におかれましても、体調にくれぐれもご留意くださいますよう、ご自愛ください。

 

現在クラ・ゼミは、日頃より個室によるマンツーマン療育させて頂いているので、通常通りの利用ができます。

児童同士の接触がないとはいえ、スタッフの毎朝の検温、手に触れるドアノブや机、いす等の消毒、アルコールでの手指消毒など日々工夫して感染予防に努めてまいります。

 

 

 

さて!今回は幼児さんの課題を紹介します。

 

クラゼミでは未就学前のお子さんが多数通ってきています。

鉛筆を持って線を引くところから、お絵描き、文字書き・・・

絵本を読みながら、物の名前やお話しに興味を持ち、自分で字を読んでみて、音読・・・と。

少しずつステップアップ。

その子が興味を持ちそうなものを考えながら、個別で1時間、楽しく取り組める課題を各指導員が用意します。

そのなかの1つ。

 

「おてつだいシート」

 

お兄さんお姉さんに憧れる年頃になると、お母さんお父さんのお手伝いをしたくなります。

そんな気持ちを応援し、且つ、「読めるようになった字を先生と読んでみよう!書けるようになった字を書いて見よう!」のプリント課題です。

 

シートに書かれた指示を読みあげて、個別のブースの中で目を輝かせて思考をめぐらせ隠しているものを探し当てていきます。探しあてたもので、どんなお料理ができるかな?

「くだものばかりだから・・・。カレーライスじゃないし、らーめんでもないし・・・。」「これなんてよむの?」「あぁ!パフェ!じゃぁ、パフェ!^0^」と正解に元気に〇をつけてくれます。

 

幼児さんは、数十分座っている事が難しい事もあります。そんな時は、ブース内で取り組めて、最後は着席して鉛筆を持ってお話が聞けるこのシートをつかいます。

 

Digital Camera

 

楽しみながら「できる」を増やしてくれることを応援しています。

 

 

 

札幌市中央区南9条西20丁目1-1 ヒロ920 1F【MAP】←クリック

IMG_2228

TEL/FAX 011-596-0262

見学・体験・資料請求のお申込みページはこちら

元気サーチ←クリック

営業時間(月~土 10:00~19:00まで)

発達支援交流サイトはつけんラボ←クリック

アクセスジョブ←クリック

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top