児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 屯田校

人を見ることの大切さ【札幌屯田校】

 

こんにちは。札幌屯田校です。

 

札幌では季節の変わり目ということもあり、風邪を引いてる子が多くなっております。

 

私も、毎回季節の変わり目は風邪を引いてしまいます。急な温度変化に対応できません。

 

今回こそは、しっかり準備し身体を温めて風邪を引かないように気を付けます。

 

皆さんも風邪には気を付けてください!!

 

 

 

前回はコミュニケーションについてお伝えしましたが、その続きです。

 

IMG_5192

 

写真は、映画の舞台にもなった九份(きゅうふん)というところです。

 

 

 

台湾へ旅行に行きましたが、相手と会話できなくてもコミュニケーションはたくさん取れました♪

 

世間には相手が何をしたいのか?何を伝えたいのか?を考えてくれる人が多くいると感じます。

 

会話できなくても、自分のしたいことを読み取ろうとしてくれれば、身振り手振り、表情や視線で伝わります。

 

なので、身振り手振り・ジェスチャーを使い、日本語だけで注文してみても…普通に伝わりました!

 

 

 

成功してとても嬉しかったのが、足裏マッサージです。とても楽しい時間を過ごせました。

 

「痛い。」「ココが痛いとドコが悪いか?」「大丈夫。」「北海道から来た。」など、

 

みんなで色々と話したりコミュニケーションを取ることができました。

 

 

その中で失敗もありました。次の日も同じマッサージのお店に行き、

 

「足の角質取り」をお願いしようとしましたが、人がいないからできないと言われました。

 

そして、台湾式アカスリと呼ばれる「グワサー療法」をお願いしました。

 

 

しかし、店員さんはあまり良い顔をしておらず嫌そうな顔をしていました。

 

夜遅い時間だし、店員さんも疲れてやる気がないのかなぁぐらいに思っていましたが…、違いました。

 

とっっっっても痛いのです。固いヘラのようなもので背中を強くこすり、身体の中の血液を循環させていきます。

 

写真はお見せすることができませんが、背中全体が真っ赤になっていて衝撃を受けました。

 

 

後で聞くと、滅多にやる人はいないそうです。

 

会話はできないけど完璧にコミュニケーションをとれていると勘違いしたのが悪かったですね。

 

最終的には、身体は軽くなった気がしたので健康になり良かったと思います!

 

 

 

IMG_5191

 

色々な楽しい思いも痛い思いも色々な経験ができ、とても充実した旅行でした。

 

 

 

偉そうに話しましたが、一方的なコミュニケーションを取るのではなく、

 

送り手と受け手が互いに心を通じ合わせることがとてもとても大事だと痛感しました。

 

 

私たちは、一対一の個別療育で人との関わりをとても大事にする療育を行えるように日々精進しています。

 

私たちからの一方的な支援ではなく、子ども達と一緒に楽しく笑って進んでいければいいと考えています♪

 

 

 

見学や体験利用など、随時受け付けしておりますので、お気軽にご連絡ください。

こどもサポート教室クラ・ゼミ札幌屯田校

札幌市北区屯田7条8丁目1-1 ドゥミズキビル 2F

TEL/FAX 011-788-3133(火~土、10:00~19:00)

空き情報等の細かい情報は「元気さーち」にも掲載されています。

元気さーちへはコチラ

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top