児童発達支援・放課後等デイサービス

クラゼミ
お問い合わせ・ご相談はお電話でもOK

児童発達支援事業所・放課後等ディサービス

ボタン

札幌・東北エリアからのお知らせ

札幌 旭ヶ丘校

こんな時どうしたらいいの?【札幌旭ヶ丘校】

ここをクリックすると見学・体験・資料請求のお申込みができます


 

みなさん、こんにちは(^^♪                   

こどもサポート教室 旭ヶ丘校です。

 

山の木々が赤や黄色に色づききれいですね。

旭ヶ丘校の壁面も、みんなの可愛いおばけちゃんと、コウモリで賑やかです。

 

さて、今回は幼児さんの療育教材の1つ、「指人形シアター」についてご紹介します。

 

 

子どもたちが誕生からご家庭ですくすく育って歩き始めると、同年代のお友達と一緒に過ごし、遊ぶことが増えてきますね。幼稚園、保育園に入りその集団が少しずつ大きくなって、小学校中学校…社会が広がっていきます。

 

お子さんは集団の中で、泣いたり笑ったり…多くを学びますが、お友達とうまく関われなく悩む子もいます。

 

そこで、「こんな時どうしたらいいと思う?」と一緒に考えたり場面を設定して気持ちを聞いたり…。SST「ソーシャルスキルトレーニング」と称して支援するのですが、小さいお子さんとは、時に、お人形を使って「どうしたらいいのかな?」とお話しして、一緒に考えます。

 IMG_2534
   

 

 

指導員の指人形劇: 

『おもちゃ、貸してくれないから!もう!パチン(叩く音)』

『あーん(泣き声)』

 

指導員  「あれ?この子が泣いちゃったよ。どうしたらいいと思う?」

お子さん 「かわいそう。『かして』って言ったらいいのよ。」  

指導員  「そうだね。叩かずに、『かして』って言ったらいいね。『いいよ♪』って言ってもらえたら、遊べるね。」「お友達といっしょに遊んだら楽しいよね♪」

 

そんなお話をします。

小さいお子さんも、どうしたらいいのか?と、しっかり考え答えてくれます。

 

泣いたり笑ったり…そんなお子さん達と共に考え、成長を指導員一同、応援しています。

 

 

季節の変わりめで、気温の差も激しい今日この頃ですが、体調に気を付けてご自愛してお過ごしください。

札幌市中央区南9条西20丁目1-1 ヒロ920 1F【MAP】←クリック

IMG_2228

TEL/FAX 011-596-0262

見学・体験・資料請求のお申込みページはこちら

元気サーチ←クリック

営業時間(月~土 10:00~19:00まで)

発達支援交流サイトはつけんラボ←クリック

アクセスジョブ←クリック

 

一覧に戻る

カテゴリー

アーカイブ

page_top